福井県の家庭の日はいつ?無料で楽しめる施設はどこ?

家庭の日

「家庭の日を知っていますか?」
 
福井県には、「家庭の日」があります。

  • 福井県の家庭の日はいつなの?
  • 無料で楽しめる施設はどこにあるの?

今回は、福井県の家庭の日をしらべてみました。

目次

家庭の日

全国的に知られる「家族の日」は、日本の家族や地域社会を支える記念日です。

家族の日は、2007年に始まった日本の記念日。

毎年11月の第3日曜日に祝われ、子育てを支える家族や地域の絆を考える日です。

全国的には家族の日という記念日が有名ですが、福井では「家庭の日」があります。

毎月第3日曜日が「家庭の日 家族ふれあいデー」
 
家庭の大切さ、良さについてあらためて考える機会で、家族時間をふやす運動を推進するためにできたのが「家庭の日」です。

無料イベントの実施

福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館

家庭の日には、福井県内のさまざまな施設で無料で楽しめるイベントや特典が提供されることがあります。

福井県では、「家庭の日 家族ふれあいデー」として、家族とのふれあい時間(家族時間)をふやす運動を推進。

家庭が「憩いの場」「教育の場」「明日の力を生み出す場」となるように、家庭の日を設けています。

福井県や福井市の文化施設を無料で楽しむことができます。

家庭の日はいつ?

無料開放

福井県の家族の日ができたのは、昭和42年。

福井県青少年愛護条例で、毎月第3日曜日を「家庭の日」と定めています。

福井県では、第3日曜日を「家庭の日」としており、県立施設が無料開放されます。

※2023年の家庭の日:9/17、10/15、11/19、12/17
 
1カ月に1回だけ、文化施設の入場料が無料になるのが、家庭の日(毎月第3日曜日)

家庭の日以外に、文化の日(11月3日)、ふるさとの日(2月7日)も、福井市の文化施設が無料開放されます。

家族と一緒に文化活動や交流を楽しんでみてください。

誰が無料になるの?

福井の県立の文化施設の入場料が無料になるのが「家庭の日」

家庭の日に無料になるのは、福井県内に住んでいる人だけではありません。

家庭の日は、県民だけではなく、県外の人も入場料が無料になります。

家庭の日を知らずに来て、「なぜか無料だった!」というラッキーなこともあります。
 
家族の日には、福井県内で無料開放している施設があります。

家庭の日はどこの施設が無料なの?

福井県内の家庭の日には、いくつかの施設が無料で利用することができます。

以下では、福井県内で無料になる施設を紹介します。

福井市立郷土歴史博物館

舎人門

福井市立郷土歴史博物館は、越前松平家に関する資料が充実している博物館です。

【福井市立郷土歴史博物館】
住所:福井市宝永3丁目12-1
開館時間:午前9時~午後7時
 (11月7日から2月末日までは午後5時で閉館)

福井市立郷土歴史博物館の詳細記事

養浩館(旧御泉水屋敷)庭園

庭園内の屋敷

養浩館は、福井藩主松平家の別邸。

キレイな庭園と立派な屋敷があり福井市の文化遺産の一つです。
 
【養浩館】
住所:福井市宝永3丁目11-36
開館時間:午前9時~午後7時
 (11月7日から2月末日までは午後5時で閉館)

養浩館の詳細記事はこちら

福井市橘曙覧記念文学館

橘あけみ

福井市橘曙覧記念文学館は、越前国(福井県)生まれの歌人・橘曙覧の記念館です。
 
【福井市橘曙覧記念文学館】
住所:福井市足羽1丁目6-34
開館時間:9時00~17時15分
  (入館は16:45まで)

福井市橘曙覧記念文学館の詳細記事

福井市自然史博物館

【福井市自然史博物館】
住所:福井市足羽上町147
開館時間:9時00分~17時15分
 (入館は16:45まで)
休館日:月曜日

福井市自然史博物館の詳細記事

福井市おさごえ民家園

おさごえ民家園

福井市おさごえ民家園は、福井の古民家博物館です。

【福井市おさごえ民家園】
住所:福井市月見5丁目4-48
開館時間:9時30分~17時15分
休館日:月曜日(月曜が祝日の場合は翌日)、年末年始など

福井市おさごえ民家園の詳細記事

一乗谷朝倉氏遺跡博物館

一乗谷朝倉氏遺跡博物館の外観

福井県立朝倉氏遺跡博物館には、ジオラマや出土物など様々な展示がされています。

【福井県立朝倉氏遺跡博物館】
住所:福井県福井市安波賀町4−10
開館時間:9時00分~17時00分
常設展示: 一般 700円

福井県立朝倉氏遺跡博物館の記事

 
【福井市愛宕坂茶道美術館】
住所:福井市足羽1丁目8-5

 
【福井市美術館】
住所:福井市下馬3丁目1111
開館時間:9時00分~17時15分
 (入館は16:45まで)
休館日:月曜日

常設展のみ無料になります。企画展・特別展については別途料金が必要です。

福井県の施設

福井県の施設も無料になります。

  • 福井県年縞博物館 (7,8月の夏休み期間は適用外の可能性あり)
  • 県立歴史博物館
  • 県立美術館
  • 県立若狭歴史博物館
  • 福井県立朝倉氏遺跡博物館
  • 県陶芸館

 
※常設展が無料になります。企画展・特別展については別途料金が必要です。

県立恐竜博物館は、予約制の導入に伴い、観覧料無料日はありません。

2018年9月にできた、福井県年縞博物館も家庭の日は無料で見れます。

福井県年縞博物館

世界のものさしと言われる年縞を題材にした博物館

福井県年縞博物館の詳細 ↓

ただ、無料解放日は、いつもより人が多く、混みやすいので注意してください。

逆に、じっくり見たい方は、この日を避けた方がいいかもしれません。
 
月に1回ある「家庭の日」を利用して、このような施設を訪れてみるのもいいのではないでしょうか?

まとめ

家庭の日

福井県には、「家庭の日」があります。

家庭の日は、毎月第3日曜日。

家庭の日は、県立施設が無料開放されます。

家庭の日は、県内、県外など住んでいる地域に関係なく無料で、身分証などの必要もありません。

家庭の日に最も人気なのは、「県立恐竜博物館」でしたが、予約制の導入に伴い、観覧料無料日はありません。

最近できた三方の「福井県年縞博物館」や「福井県立朝倉氏遺跡博物館」は家庭の日に無料になります。注目度が上がっている施設です!
 
家族でお出かけの参考にしてください。
 
※記載の情報は、変更になる場合がありますので、最新の情報を確認してください。

<家庭の日>

2023年の家庭の日:9/17、10/15、11/19、12/17
2024年の家庭の日:1/21、2/18、3/17

※家庭の日(毎月第3日曜日)

福井の観光地はこちらの記事を参考にして下さい。

福井駅周辺の観光はこちら

今回は、福井の「家庭の日」をしらべてみました。

家族でのお出かけの際の参考になればと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次