紅葉も有名な『養浩館庭園』福井駅周辺の穴場の観光地の見所は?

庭園内の屋敷

<福井しらべ>

養浩館庭園

 
養浩館庭園を知っていますか?
 

養浩館庭園(ようこうかんていえん)は、
福井藩主松平家の別邸。

江戸時代に作られた庭園で
福井市の文化遺産です。

 
福井城の本丸から北東約400mの位置にあり、
JR福井駅から、福井城趾を抜けて養浩館庭園に行ける名所です。
 

秋には、紅葉が楽しめ、
多くの人が訪れる駅前の観光地。
 
今回は、福井駅から徒歩で行ける観光地。
「養浩館庭園」をしらべてみました。
 

<養浩館庭園のアクセス>

まずは、
養浩館庭園の地図から

養浩館庭園

住所:福井県福井市宝永3丁目11−36

開館時間:午前9時~午後7時
 (11月7日から2月末日までは午後5時で閉館)

観覧料:210円

平常展示観覧料+養浩館庭園入園料 340円

福井駅から徒歩約15分

駐車場あり:東門入り口の方 10台分

<無料公開日>
.家庭の日(毎月第3日曜日)
.文化の日(11月3日)
.ふるさとの日(2月7日)

郷土歴史博物館へ行く方は、
チケットのセット購入がお得です。

平常展示観覧料+養浩館庭園入園料 340円

養浩館庭園

養浩館庭園は有料(210円)で、
入り口は、東門と西門があります。

西門

門の受付で、
入場料を払い庭園に入ることができます。

養浩館庭園内を一周することができ、
軽い散歩になります。
 

庭園は、細い道や石段もあるので注意してください。
 

<養浩館庭園の雰囲気>

 
「清廉(せいれん)」

清廉

すべてケヤキで造られた小亭(しょうてい)です。

 
西門の方から見た屋敷。

庭園内の屋敷

 

数寄屋造りの建物の
屋敷に入ることができます。

屋敷入口

屋敷には、靴を脱いで入ります。
 

入るとすぐに、
御台所があります。

御台所

御廊下

御座ノ間

座敷も当時のままに再建され、
座敷内からの庭園の眺めも素晴らしいです。

 

御湯殿(おゆどの)

御湯殿

蒸風呂を備えた御湯殿
昔のお風呂は蒸し風呂だったようです。

 
庭園の眺め

お茶席としてしつらえられた御月見ノ間では、
お茶とお菓子を味わえます。

平成30年10月20日(土)~11月18日(日)までは土日祝のみ
入席料:一人一席500円

お茶を楽しみたい方はぜひ。

非日常体験ができます。

 

池には鯉がいます。

池の鯉

鯉にエサをあげると、
すごい事になります。

このような感じで群がります。

鯉の餌やり

鯉のエサ:50円
(受付にて販売しています。)

エサやりは子供が喜びます。

落っこちないように注意してください。

 

<養浩館庭園の紅葉>

養浩館庭園は紅葉でも有名です。

養浩館庭園の紅葉

ヤマモミジやカエデなどが色づきます。

 
紅葉見頃は、
11月中旬~11月下旬頃です。

9月28日(金)から11月25日(日)の
金・土・日・祝・祝前日(17:00~21:00))は、
秋のライトアップを開催します。

※入園は30分前まで
 

<まとめ>

福井駅から近く、
徒歩で行ける場所にあるのが、
福井松平家の別邸 「養浩館庭園」です。

(福井駅から徒歩で約15分ほど)
 

JR福井駅から歩いて行くことができて、
普段は、人も少なく穴場の観光地です。

 
庭園は大きくはないですが、手入れもされていてキレイで、
四季に応じて、いろいろな花が咲きます。

 
屋敷は、すぐ下が水面になっていて、
屋形船に乗っているかのような不思議な感覚です。
 

福井駅周辺で、
ゆっくりしたいときは、このような場所に訪れてみるのもいいですよ。
 

松平家について詳しく知りたい方は、
すぐ隣にある、福井市立郷土歴史博物館とあわせて見るのもいいです。

福井駅近くの郷土歴史博物館に行ってきました!松平春嶽が好きな方に

2018.10.11
 

<その他の駅前の観光地>

福井駅周辺の観光地は?福井城址の「福の井」や美祈願所など

2017.07.13

福井駅前のプラネタリウム!セーレンプラネットの内容や金額を調べてみた。

2018.01.29
 
福井駅周辺でカフェに行きたい方はこちら

JR福井駅から徒歩3分以内に行けるおすすめカフェ。

2016.05.23
 
いかがでしたか?
今回は「養浩館庭園」をしらべてみました。
福井駅前周辺の観光の参考にしてください。

スポンサード リンク

庭園内の屋敷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です