足羽山の白山テラスは何があるの?

白山テラス

<福井しらべ>
 
福井市の眺めがいいスポットの「白山テラス」を知っていますか?

足羽山の自然史博物館にある白山テラス。
 

その名の通り、白山を眺めることのできる場所です。

今回は、足羽山にある「白山テラスはどんな場所なのか?」しらべてみました。

 

白山テラス

自然史博物館

白山テラスは自然史博物館にあります。

自然史博物館は、福井の自然に関するものを展示した博物館。
 

時々、特別展も行われることもあります。
 

その自然史博物館には、博物館とは別に「足羽山ビジターセンター」と「白山テラス」があります。
 

白山テラスは、自然史博物館の2階の屋外スペース部分。
 

館内の2階に上がると白山テラスがあります。

階段を登る

ガラスの窓に覆われた階段を上ると、福井市の景色が見えてきます。

2階に行くと扉があり、外に出ることができます。

2階の出口

2階の白山テラスと書かれた扉を開けると、テラスに出ることができます。
 

白山テラスは、白山や福井市内を一望できる展望スポットです。

 

白山テラスはどんな所?

白山テラス

白山テラスはどんな所なのでしょう?
 
白山テラスへ行って感じた特徴を3つにまとめました。

  • 眺めがいい
  • 無料
  • 休憩・飲食可能

 

眺めがいい

白山テラスの眺め

福井市内の景色を眺めることができます。
 

目の目には視界を遮る木々がないので、市内を一望できます。
 

訪れたときは、天気が悪かったので雲がかかっていて山も見えませんでしたが、天気のいい日はキレイな景色が見えそうです。

パピリン

福井駅から花堂方面の景色がよくみえます。
  (中央付近にあるのがハピリンです。)

白山テラスはフェニックス花火のときの花火鑑賞スポットの一つにもなっています。

 

テラスの入場は無料

足羽山ビジターセンター

自然史博物館は入館料100円かかりますが、白山テラスは入館料がかかりません。

博物館内を見る場合は、100円必要。
 (中学生以下は無料)
 

「足羽山ビジターセンター」と「白山テラス」は無料で見ることができます。

 

休憩・飲食可能

飲食可能

白山テラスには、テーブル、イスがあるので休憩が可能。

白山や福井市内を眺めながら休むことができます。
 

館内での飲食はできませんが、白山テラスは飲食OK。

自然史博物館内は飲食不可です。
 

 

博物館周辺の見どころ

 
自然史博物館の近くには大きな福井のテレビ塔もあり、その近くには遊具があります。

遊具

いくつかの遊具があり、子供が遊ぶことができます。
 

階段を登ると継体天皇の銅像があります。

継体天皇像

道をさらに山の方へ行くと、足羽山動物園(ハピジャン)へとつながっています。
 

足羽山には、飲食ができる足羽山デッキ山奥チョコレート日和などもあります。

散歩をしたり足羽山を楽しむことができます。

 

白山テラスへ行った感想

足羽山の白山テラス

白山テラスへは、自然史博物館に訪れた際に立ち寄りました。

 
訪れたのは平日ということもあり、白山テラスには誰もいなくて貸し切り状態。
 

天気はよくありませんでしたが、テラスは目の前をさえぎるものがないので、福井市の景色を楽しめました。

白山テラスは、上から見るパピリンや線路を走る電車など、普段見ることのない視点で楽しむことできる非日常スポットです。

 

訪れた時には、博物館に授業で来ていた小学生がたくさんいました。

自然史博物館は、子供とのお出かけにオススメのスポットです。

 

<白山テラスのアクセス>

住所:福井県福井市足羽上町147

JR福井駅から10分ほど

営業時間 9:00-17:15(最終入館は閉館の30分前まで)
定休日:月曜日、年末年始など

入館料:100円
    中学生以下の子供は無料

白山テラスは無料

 
白山テラスは、福井市内の眺めを楽しめる穴場です。
 

いかがでしたか?
今回は、「白山テラス」をしらべてみました。
もし、機会があったら訪れてみてください。

スポンサード リンク

白山テラス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です