福井県年縞博物館がオススメな理由はコレ!三方・若狭の観光スポット

福井県年縞博物館

<福井しらべ>

福井県年縞博物館

 
福井県年縞博物館を知ってますか?
 

年縞博物館(ねんこうはくぶつかん)は、
2018年9月15日にオープンした福井県の年縞に関する博物館です。

福井県年縞博物館

福井県年縞博物館は、湖の底などに積もり積もった泥(年縞)を題材にした博物館。
 

世界初の年縞の博物館です。
 
年縞博物館では、三方五湖の水月湖の年縞を展示しています。

 
「年縞ってただの泥じゃないか?」と思うかもしれませんが、この泥は、とんでもない歴史を刻んでいるのです。
 

その歴史は、
な、なんと7万年分です。
 

「7万年前っていったい、いつの時代だ?」
 
「どうして、泥からそんなことが分かるのか?」
 

たくさんの謎が出てきますが、年縞博物館に行けばその謎がすべて解けます。
 

三方五湖の年縞は、世界のものさしと呼ばれ、世界の基準になる貴重なもの。

そのものさしが、水月湖の底深くに存在していたのです。

 

しかも、世界のものさしの現物が、福井県年縞博物館に展示されているので、実際に見ることが出来ます。
 

今回、「福井県年縞博物館」に行って、どんな所なのかをしらべてみましたので、お出かけの参考にしてもらえたらな〜と思います。
 

<福井県年縞博物館のアクセス>

まずは、福井県年縞博物館の地図から

福井県年縞博物館

住所:福井県三方上中郡若狭町鳥浜122−12−1
   縄文ロマンパーク内

開館時間
9:00~17:00

休館日:火曜日・年末年始(12/29~1/2)
 メンテナンスなどで臨時休館があるので注意してください。

料金
・大人 500円
・小学生・中学生・高校生 200円
 

若狭三方縄文博物館との共通観覧券
・一般 700円
・小学生・中学生・高校生 280円

若狭三方縄文博物館は通常500円ですので、共通券の方が300円安いです。

 
バスで敦賀駅から約30分
 (コミュニティーバス)

三方五湖スマートICから車で約5分。

電車は三方駅が最寄りですが、歩きで行くには距離があります。
三方駅のレンタサイクルで約10分。

駐車場あり(無料)

 

福井県年縞博物館はどんなところ?

 
福井県年縞博物館は、縄文ロマンパーク内にあり、若狭三方縄文博物館と併設されています。

福井県年縞博物館の地図

福井県年縞博物館の建物は、三方湖とはす川との両方に面しています。
 

若狭三方縄文博物館は、楕円形の丸い建物ですが、
年縞博物館は、横長の長方形の建物です。
 (設計者は内藤廣)

福井県年縞博物館の建物

外から見て、
やけに横になが~い建物だな~と思いましたが、この作りには理由がありました。
 

建物が長い理由は、建物の中の展示を見ると分かりました。
 

館内には、7万年分の年縞が並べられているので、このような長い建物になっているんです。

年縞の展示

入って2階に行くと、7万年分の年縞が壁に列になってビシーッと並べられています。

その長さは45m。
 

だから、
このような横長の建物だったんですね。

実際には、
縦に掘っているので、縦に並べたいところですが、これを縦に展示したら大変なことになりそうです。

 
年縞の展示は、ステンドグラスになっていてとてもきれいです。

ステンドグラスの年縞

年縞展示の最後の方には、「年縞の窓」という撮影スポットがありました。

撮影スポット

丸い部分から撮ると、年縞の大部分を映せます。

年縞博物館は、写真撮影可能です。

 
年縞を撮影すると、このような感じになります。

年縞の窓からの写真

 

年縞の壁の反対側は、歴史のものさしとして、
時代や環境を解説していますので、年縞の流れが分かりやすいです。

 
館内展示では、世界の年縞や年縞の仕組みやどのようにして堀るのかが学べます。

年縞の展示

年縞を堀る時の道具などの展示もあり、「どうやって年縞を取り出したんだろう?」ということも分かります。

年縞を掘る道具

映像による紹介も多いので、年縞をどうやって掘ったのかが分かりやすいです。
 

また、ものさしにちなんで、はかることを題材にしたテーマも扱かっています。

はかることのテーマ展示

このようにデジタル機器を活用していて、子供も興味が持ちやすいです。

一部の展示の説明は、QRコードを読み取って見れます。

QRコードを読み取る

館内に入ってすぐのシアターでは、5分ほどの年縞の映像を見れます。

水月湖年縞シアター

この映像はとても分かりやすく、水月湖の歴史が学べます。

水月湖

福井県年縞博物館では、水月湖の年縞を見れるだけでなく、年縞によって地球の歴史が学べます。
 
「いつの時代にマンモスがいたのか?」
 
「地震がいつ起きたのか?」
 
このようなことも年縞から分かります。
 

そして、年縞博物館の一番の魅力は、世界の物差しの年縞が見れることです。

展示されている、年縞はアートっぽい感じもあります。
 

世界のものさしといわれる、
水月湖の年縞を実際に見てはいかがでしょうか?

 

福井県年縞博物館を訪れた感想

オープンして1ヶ月後ぐらいに訪問しました。
 

平日に行ったのですが、人はやや多めでした。
 (外国人の方もいらっしゃいました。)

世界のものさしなので、海外から見に来る方や研究者も多いかもれません。
 

※年縞博物館は、朝早い方が空いていますので、ゆっくり見たい方は早い時間に行くのがいいです。
 土日の昼からは混みやすいです。

 
年縞博物館の中でも、年縞7万年のギャラリーは、とても印象に残りました。
 

水月湖の知識は全くなかったのですが、博物館の展示を見て、そのすごさを知り、三方五湖の水月湖に、パーフェクトな年縞が存在していたことに驚きました。
 
展示を見て、このような年縞が残っているのは、本当にキセキのようなことなんだと感じました。
 

「福井県の三方五湖にこのようなものが存在していたんだ~」
そんなことを感じれた場所が年縞博物館です。

 
時期によっては、特別企画展なども行われるので、また足を運んでみたいと思いました。
 

<福井県年縞博物館>
非日常度

 

<まとめ>

今回は三方の若狭町にある、「福井県年縞博物館」を調べてみました。

 
年縞博物館へ2018年10月に、皇太子さま、秋篠宮さま、紀子さまが訪問しています。
 

入場者数は、オープン約1か月で1万人を越える注目度の高い博物館です。

入場者1万人

とても貴重な年縞が見れることもあり、人気の博物館になっています。

 
年縞博物館から水月湖は、見れませんが、レインボーラインからはキレイに5つの湖が見れます。
 
三方五湖を眺めるにはレインボーラインがオススメです。

三方五湖

世界のものさしの水月湖を機会がありましたら見てみてください。

年縞博物館など、福井の施設が無料で見れる日もあります。
詳しくはこちら ⇒ 無料で楽しめるのはこの日

 
博物館の端には、おしゃれなカフェがあります。

赤いチェアのある所が「縞カフエ」です。

縞カフエ

カフェ縞(cafe縞)で、コーヒータイムをして帰るのもいいかもしれません。

詳細はこちら ↓

年縞博物館のカフェ縞のメニューやコーヒーの魅力は?若狭町の観光に。

2018.10.24
 
レインボーラインに関してはこちら

レインボーライン山頂公園って何がある?三方五湖が一望できる観光スポット!

2018.04.09
 
いかがでしたか?
今回は「福井県年縞博物館」をしらべてみました。
お出かけスポット探しの参考になればと思います。

スポンサード リンク