敦賀の金崎宮はどんな場所?【敦賀の桜の名所】

金ヶ崎宮

敦賀の金崎宮を知っていますか?

金崎宮は、恋愛伝説があったり、難関突破のご利益のあるパワースポットです。

ここでは、敦賀の金崎宮を調べてみました。

金崎宮

 
桜の名所として敦賀で有名な金崎宮。

金崎宮は、難関突破と恋の宮といわれる神社です。

金ヶ崎山の中腹にある金崎宮(かねがさきぐう)

金崎宮

金ヶ崎城址の麓にある神社で、約1000本のソメイヨシノがあり桜の名所として知られています。

敦賀で有名な桜のスポットです。

春の桜はライトアップもされ、金崎宮では、4月1日~15日に神事・花換まつりが行われます。

 
金崎宮

金崎宮は、南北朝の戦いで金ヶ崎で亡くなった、恒良親王と尊良親王を祀る神社です。

本殿は、山の中腹にあり、階段を登って行きます。

金ヶ崎

長い階段の途中には、愛宕神社が鎮座。

金崎宮

金崎宮の境内には、摂社 絹掛神社が鎮座してます。

金崎宮は、敦賀で有名な花見のスポット!
春には、千本桜が咲き乱れます。

金ヶ崎宮で行われる、花換まつりは有名な春のイベントです。

花換まつり

花換まつりとは、金崎宮へ桜見物に訪れた男女が「花換えましょう」と声をかけあい、桜の小枝を交換することで思いを伝えたといわれる、ロマンチックなお祭りです。

花換まつりは、桜の時期4月上旬に行われます。

「花換え」をしたカップルは将来幸せに恵まれるといわれています。
 

金崎宮のキャラクター 福娘 香恋(かれん)ちゃん

金ヶ崎宮

金崎宮は「恋の宮」

花換祭が行われるようになったのは、明治40年代と伝えられています。

「花換祭」は当宮の境内の桜が咲く盛りの約10日間行われ、桜の枝に恋愛成就を祈願します。

期間中授与される桜の小枝に想いや願い、幸せを込めて人々がその花を交換し、福を願う神事です。

戦後は男女の縁を取り持つ場でしたが、現在は、縁を願う宮へと変わり、毎年大勢の人が訪れています。

金崎宮は、「恋の宮」と呼ばれています。

恋愛成就の恋の宮として人気です。良縁を願う方にぜひ!

金ヶ崎城跡

金ヶ崎城跡は、歴史好きには必須の定番スポット。

金崎宮

敦賀湾を一望する小さい山には、『金ヶ崎城跡』があります。

金ヶ崎城は、新田義貞が足利軍と戦った城跡。

織田信長の撤退戦である「金ヶ崎の戦い」の舞台となった城で、窮地に陥った織田信長を豊臣秀吉が救った場所。

金ヶ崎城跡は、国の史跡に指定されています。
 

地図のように、金ヶ崎から、天筒山、中池見へとつながっています。

金ヶ崎城跡

時間と体力がある方は、金崎宮の上にある 月見御殿(月見崎)へ行くのがいいです。

月見御殿は、南北朝時代の本丸跡で、戦国時代などにも武将が月見をしたと伝えられている場所

※月見御殿までは、少し山を登らないといけませんので、歩きやすい格好がいいです。

どんな雰囲気なのかは、こちらの動画で確認してください。

金崎宮の横の花換の小道から月見御殿を目指します。

急で長い階段もありますが、上からの見晴らしがいいです。

月見御殿

金ヶ崎城跡から月見御殿へ【金ヶ崎の退き口の絶景スポット】

2020.11.09

途中で分岐があり、天筒山展望台へ行くことも可能です。敦賀湾が一望できます。

途中で金ヶ崎緑地が見渡せる場所もあります。

敦賀ムゼウム

エンジ色の三角屋根の建物は、杉原千畝の命のビザがある人道の港 敦賀ムゼウムです。

このエリアは、金ヶ崎の退き口と呼ばれる、歴史的にも大きなポイントとなった地です。

「金ヶ崎の戦い」、「金ヶ崎崩れ」とも言われます。

歴史に思いを馳せてみてはいかがでしょうか?

 
金ヶ崎宮の非日常度

まとめ

 
金崎宮は、春の桜の時期は多くの人が訪れる花見スポットになっています。

恋愛成就や難関突破に御利益のある神社。
 
また、金ヶ崎城跡は、歴史に深い係わりのある場所です。
 
金ヶ崎周辺には、このような観光名所があります。

 

金ヶ崎緑地は、潮風を感じながら、散策できる公園なので散歩に向いています。

釣り好きな方には、その少し先のフェリー乗り場近くに釣り公園がありますので、敦賀新港に行くのも良いです。

敦賀での釣り

敦賀新港海釣り公園(福井県)では何が釣れる?鞠山海遊パーク

2017.09.17

金ヶ崎宮のアクセス

金ヶ崎宮

住所:福井県敦賀市金ヶ崎町1-1
駐車場:あり 無料

<交通アクセス>
北陸自動車道・敦賀ICより 車で約10分
JR敦賀駅より 車で約10分

バス
R敦賀駅より コミュニティバス「海岸線」で約6分「金崎宮口」停留所下車、徒歩約5分
JR敦賀駅より 「ぐるっと敦賀周遊バス」で約8分 「金崎宮」停留所下車

 
いかがでしたか?
今回は「敦賀にある金ヶ崎宮」をしらべてみました。
機会がありましたら、訪れてみてください。

スポンサード リンク