ホントにあった命のビザ!杉原千畝の「人道の港 敦賀ムゼウム」を見学。

人道の港 敦賀ムゼウム

<福井しらべ>

命のビザを発行した杉原千畝とは?

 
命のビザを発行した杉原千畝を知っていますか?
 

杉原千畝は、第二次世界大戦中にリトアニアでユダヤ人にビザを発給しました。

そのビザが「命のビザ」と呼ばれます。

杉原千畝は、1900(明治33)年1月1日
岐阜県加茂郡八百津町の生まれ。

まず、簡単に「命のビザ」について説明します。

杉原千畝が、リトアニア共和国首都カウナスにある、日本領事館領事代理時代の出来事。

1940年(昭和15年)ユダヤ人難民たちはナチスの魔手から逃れるため、日本領事館に通過ビザを求め押し寄せた。

数人分位のビザなら自分の裁量で発給可能だが、何百・何千枚となると外務省の許可が必要なため、何度か外務省へ実情を打電。

しかし、「ビザ発給はならぬ」という回答。

悩み苦しんだが杉原千畝は、外務省に背いてビザを発給することを決断。
 
そのビザこそが「命のビザ」と呼ばれるもの。

人道の港 敦賀ムゼウム

ユダヤ人難民やポーランド孤児たちが、命のビザで敦賀に上陸しました。
 
命のビザの記録や資料として残っているのが、「人道の港 敦賀ムゼウム」です。
 

敦賀ムゼウムでは、当時のエピソードが紹介されています。

ムゼウムは、ポーランド語で資料館を意味します。
 
「人道の港 敦賀ムゼウム」は、金ヶ崎緑地休憩所にもなっています。

人道の港 敦賀ムゼウム
人道の港 敦賀ムゼウム

住所:福井県敦賀市金ケ崎町44−1

開館時間:午前9時から午後5時まで
年中無休(年末年始 12月29日から1月3日は休館)

金額:展示協力金 100円

<交通アクセス>
北陸自動車道・敦賀ICより 車で約10分
JR敦賀駅より 「ぐるっと敦賀周遊バス」で約8分 「金ヶ崎緑地下車」
JR敦賀駅より 車で約8分
赤レンガ倉庫から徒歩約5分

ムゼウムの場所は、金ヶ崎緑地。
小さな三角の屋根の建物です。
 

金ヶ崎宮からみると、エンジ色の三角屋根の建物です。

敦賀ムゼウム

建物は、旧大和田別荘洋館をモデルにしています。

人道の港 敦賀ムゼウムとは?

敦賀ムゼウムは、2008年3月29日に開館。

“命のビザ(複製)”も展示しています。

館内は撮影禁止です。

ムゼウムは、2階建ての建物で、1階と2階に展示されています。

館内には、このようなコーナーがあります。

  • 大陸の玄関口・敦賀港
  • 欧亜国際列車
  • ポーランド孤児
  • ユダヤ難民
  • 杉原千畝コーナー
  • 交流コーナー

当時の物や文書、来客者のメッセージなども数多くあり、杉原千畝という人物について理解が深まる施設になっています。

敦賀ムゼウム

また、杉原千畝は映画にもなっています。

映画「杉原千畝 スギハラチウネ」は、2015年12月5日に劇場公開日されています。
 出演: 唐沢寿明, 小雪


このような映画を見てみるのも、面白いかも知れません。

新「人道の港 敦賀ムゼウム」

新「人道の港 敦賀ムゼウム」が建設中です。

新「人道の港 敦賀ムゼウム」

場所は、現在の「人道の港 敦賀ムゼウム」の近くで、大きな道路を挟んだ所にあります。

当時の位置に移されます。

人道の港 敦賀ムゼウムの案内板

建物は、当時を再現した形になっています。(復元建物)

新「人道の港 敦賀ムゼウム」

2階建ての建物で、外観は出来ています。

新「人道の港 敦賀ムゼウム」は、2020年11月3日(火・祝)にオープンです。

まとめ

 
敦賀は、欧亜国際列車の発着駅。
大陸への玄関口として栄えた敦賀港もある場所。

戦前、ヨーロッパに行くには、敦賀からロシアに渡り、ロシア鉄道を経て、ヨーロッパへ向かっていた。

そんな世界への玄関口だった敦賀。

旧敦賀港駅舎もあわせて見ると、欧亜国際列車、ヨーロッパとのつながりが分かりやすいです。

敦賀鉄道資料館

見逃せない敦賀鉄道資料館!マンホールカードも入手できる旧敦賀港駅舎とは?

2018.04.10

人道の港 敦賀ムゼウムには、ユダヤ人難民やポーランド孤児との敦賀市民との交流の記録も残っています。

想像以上に、日本と世界をつないでいた、敦賀の歴史の深さを感じれる場所でした。

<追記>
「命のビザ」で救われたユダヤ人は、
『6000人』と言われているが、2500~4000人の可能性が高いことが研究者の調査で分かったようです。

 
<敦賀ムゼウム近くの観光名所>

 
釣り好きにはこちらもあります。

敦賀での釣り

敦賀新港海釣り公園(福井県)では何が釣れる?鞠山海遊パーク

2017.09.17

いかがでしたか?
今回は「敦賀にある人道の港 敦賀ムゼウム」をしらべてみました。
機会がありましたら、敦賀の歴史に触れてみてください。

スポンサード リンク