敦賀の恋のパワースポットと言われる気比神宮はどんな神社なの?

気比神宮大鳥居

<福井しらべ>

気比神宮ってどんな所?

 
敦賀市にある氣比神宮を知っていますか?
 

福井県敦賀市にある氣比神宮(けひじんぐう)

気比神宮

「北陸道総鎮守」とされて朝廷からも重視された神社。

建立は飛鳥時代とされていて、日本三大鳥居の一つがある神社です。
 

昭和20年の「敦賀大空襲」ではこの大鳥居を残して、気比神宮は焼けてしまったそう。

現在の気比神宮は「昭和の大造営」により再建されたものです。

気比神宮

気比神宮大鳥居は、江戸時代初期の1645年に建立された木造朱塗りの鳥居。
・高さ10・93メートル
・柱の間の距離7・45メートル。

国の重要文化財に指定されています。

気比神宮大鳥居で30年ぶりに行われ、保存修理工事は2017年12月30日完了。
 期間:2016年10月〜2017年12月

工事中の鳥居

保存修理工事

前回は30年前の1986〜1987年に行われました。

工事終了後の鳥居はこちら

気比神宮大鳥居

深い朱色の光沢を放つ大鳥居

金箔を張り直した神社名の部分が、敦賀のシンボルにもなっています。
 

また、気比神宮は、松尾芭蕉も「おくのほそ道」で訪れた神社です。

近年は、恋の社(恋のパワースポット)として知られています。

気比神宮の注目ポイントは、日本三大鳥居の鳥居です。

保修理工事が終わりキレイな状態を見れます。

 

<気比神宮の境内にあるもの>
・猿田彦神社
・九社の宮
・本宮
・拝殿
・大神下前神社
・児宮
・鹿角神社
・ユーカリの木
・松尾芭蕉の碑
・旗揚松
・長命水
・亀の池

 

松尾芭蕉の像

松尾芭蕉の像

境内にある芭蕉の像
松尾芭蕉も「おくのほそ道」で訪れたという由緒ある神社。

松尾芭蕉の像

1689年に訪れ、2つの歌を残しています。

「月清し遊行のもてる砂の上」

 

ユーカリの木(市指定天然記念物)

ユーカリの木

ユーカリの木(市指定天然記念物)

高さは10m以上。

昭和11年(1936年)、
陸軍の関係者が武運を祈願して献木したと伝えられています。

ユーカリの木
市の天然記念物に指定されています。

 

亀の池

神水苑
亀の池

「亀の池」を改修し、滝のある「神水苑」を整備しました。

 
神水苑は、大鳥居から入って右奥にあります。

意外と見落としやすいので注意してください。

亀の池

鯉が泳いでいて、緑や自然の豊かな境内です。
 

敦賀は名水湧出の地として有名です。

境内には「長命水」の名称で親しまれる水もあります
 

<最後に>

敦賀のシンボル的な存在の気比神宮。

大宝2年(702)に建立されたと言われ、歴史のある神社です。

地元では、「けいさん」と呼ばれています。

氣比神宮は、
敦賀のパワースポットの一つです。
 

<気の文字に関して>
「気比神宮」「氣比神宮」

第二次世界大戦後、
「 氣 」は「 気 」へと変わっていきました。
(アメリカGHQの要求で文字が変更されました)

氣(気)はエネルギーです。

・氣 米は、八方広がりという意味
・気 〆は、閉じ込めるという意味

氣には、エネルギーが八方に広がる意味があり、
本来の氣を使い「氣比神宮」と書くことが多いです。

 
「氣比神宮例大祭」は
9月2日宵宮祭、3日神幸祭、4日例大祭、5日より10日迄後祭、15日の月次祭を以って終わります。(氣比の長祭として有名です。)
 

氣比神宮例大祭は「敦賀まつり」と呼ばれています。
 
「敦賀まつり」の日程。
令和元年9月1日(日曜日)から9月4日(水曜日)

敦賀まつりでは、「山車巡行」も行われます。
 
祭りに関してはこちら
⇒ 福井県のまつり

 

氣比神宮へのアクセス

 
氣比神宮の地図

氣比神宮

住所:敦賀市曙町11-68

<交通アクセス>
北陸自動車道・敦賀ICより 車で約10分
JR敦賀駅より 車で約5分

駐車所あり:無料
(正面大鳥居横、本殿東側)

<バス>
JR敦賀駅より コミュニティバスで約5分「氣比神宮」停留所下車

 

敦賀駅から気比神宮の通りにはヤマトの銅像があります。

敦賀駅前に「銀河鉄道999」や「宇宙戦艦ヤマト」のモニュメントがあるのはなぜ?

2018.05.30
 
また、敦賀には、安倍晴明ゆかりの地で、晴明神社もあります。

福井県敦賀市にある晴明神社!パワースポットで祈念石を見てきた。

2018.06.12

敦賀には、海水浴、釣りなどのレジャーを楽しんだり、
歴史も楽しめる観光地が数多くあります。

詳しくはこちらの記事で ↓

敦賀市が見逃せない!有名観光スポットはここだ!歴史を感じる場所。

2018.05.27

あわせて敦賀市を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 
いかがでしたか?
今回は、「気比神宮」をしらべしました。
機会がありましたら、足を運んでみてください。

スポンサード リンク

気比神宮大鳥居

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です