ロマンある旧敦賀港駅のランプ小屋!中には何があるの?

ランプ小屋

<福井しらべ>

敦賀にあるランプ小屋とは?

 

国内最古の鉄道建築物を知っていますか?
 

明治15年(1882年)11月に竣工したレンガの建物。
「旧敦賀港駅ランプ小屋」

旧長浜駅舎と並び国内における最古の鉄道建築物のひとつ。

そのランプ小屋が、
福井県敦賀市にあります。

ランプ小屋
ランプ小屋

住所:敦賀市金ヶ崎町56
開館時間:午前9時から午後5時
年中無休(年末年始は公開休止)
金額:入場無料

<交通アクセス>
北陸自動車道・敦賀ICより 車で約10分
JR敦賀駅より 「ぐるっと敦賀周遊バス」で約8分 「金崎宮」停留所下車
JR敦賀駅より 車で約8分
赤レンガ倉庫から徒歩約5分

場所は、金ヶ崎の駐車場すぐ近く。
小さくて見落としやすいので注意してください。
 

ランプ小屋には何があるの?

 
シベリア鉄道を経由し、
ヨーロッパ諸国と結ばれていた欧亜国際連絡列車の発着駅として、
国際的にも重要な拠点とされていた敦賀港駅舎。

(敦賀港駅舎は、金ヶ崎駅とも呼ばれていました。)

 
その駅にとって欠かせない存在だったのが
「ランプ小屋」

ランプ小屋

現在の電車は、
光源として電灯が仕様されているが、
当時のSL時代には、ランプを使用していました。
 

ランプ小屋は、
列車の灯火に使用されるカンテラの燃料を保管する油庫です。

 
ランプ小屋の内部には、
蒸気機関車が使用していたランプの展示があります。

ランプ小屋

このような緑と赤いランプが展示されています。

箱形のタイプと丸型のタイプがあり、
新型が箱形のタイプです。

  • 1290形:丸型
  • 新型1800形:箱形

 
赤と緑のランプを汽車の前後に取り付け、
何の汽車なのかを判別していました。

例えば、
通常の旅客車なら赤いランプ1つ取付

ランプ小屋

通常の貨物列車は、
緑のランプと赤いランプを使用。

緑色が含まれると、
貨物列車という意味があります。

ランプ小屋

当時は、このようなランプを使用して、
何の汽車なのかを判別していました。

また、ランプの燃料として、
灯油を使用していました。

ランプ小屋には、
灯油缶の展示なども行われており、
隣の部屋には資料の展示もあります。

ランプ小屋

レンガ造りのランプ小屋は、
歴史を感じれるノスタルジックな雰囲気があります。
 

ランプ小屋の動画はこちら

 

<まとめ>

かつて世界への玄関口だった旧敦賀港駅。

東京から直行列車が着き、
ウラジオストックを経てロシア鉄道経由でヨーロッパにつながった。

そんな鉄道とゆかりのある敦賀にいまなお、
国内における最古の鉄道建築物の一つの
「ランプ小屋」がひっそりと存在している。

そんな「ランプ小屋」は、
鉄道好きにはたまらない場所。

鉄道の歴史を感じることができる。

 
近くにある
旧敦賀港駅舎(敦賀鉄道資料館)とあわせてみるといいです。

見逃せない敦賀鉄道資料館!マンホールカードも入手できる旧敦賀港駅舎とは?

2018.04.10

ランプ小屋の先には、
金崎宮へとつながっていますので、
ついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

 
<近くの観光名所>

 
釣り好きにはこちらもあります。

敦賀新港海釣り公園(福井県)では何が釣れる?鞠山海遊パーク

2017.09.17
 
いかがでしたか?
今回は「敦賀にあるランプ小屋」をしらべてみました。
機会がありましたら、鉄道の歴史に触れてみてください。

スポンサード リンク

ランプ小屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です