福井神社へ参拝。御朱印はあるの?珍しいコンクリート造りの神社。

福井神社

「福井神社を知っていますか?」

福井市にある福井神社。

  • 福井神社は、どんな神社なの?
  • 御朱印はあるの?
  • 駐車場はあるの?

福井神社を参拝して、調べてきました。

目次

福井神社

コンクリート造りの神社

福井神社は、福井市にある神社。

主祭神:松平慶永公。旧社格は別格官幣社。

まず、コンクリートの鳥居や建物を見て不思議に感じる方も多いかもしれません。

福井神社は、昭和18年に創建され、昭和20年の福井空襲で焼失。

戦後に再建され、横に長いコンクリートの鳥居が特徴的でとても変わった造りです。

拝殿や本殿もコンクリートが使われていて、モダンな雰囲気がある神社です。

松平慶永公(春嶽)

松平慶永公

福井神社は、松平春嶽を祭る神社です。

松平春嶽公の像が、境内の神殿脇に鎮座しています。

松平慶永(春嶽)は、16代の福井藩主で、明治維新では徳川親藩・譜代大名の尊王派の中心人物。

福井神社は、御祭神の松平慶永公(春嶽)の御名によるもので、福井を代表する神社です。

福井神社の境内

福井神社の境内

境内の入り口は、石の鳥居があり、その先に2つ目の大きなコンクリートの鳥居があります。

鳥居の脇には大きなイチョウの木があります。

境内正面に本殿があります。

本殿

本殿もコンクリート造りで、本殿の南側にも鳥居があります。
 
境内の摂社・恒道神社には、幕末の福井藩士、中根靱負(雪江)・鈴木主税(純淵)・橋本左内が祀られています。

福井神社のイチョウ

福井神社のイチョウ

鳥居の横にあるのがイチョウの木です。

イチョウの木は、福井市の指定天然記念物に指定されています。

戦災(福井空襲)のダメージを受けましたが、その後も新芽が伸び、現在に至っています。

イチョウの木は、不死鳥福井のシンボルの一つで、案内板では、樹高が22.7mと記載されていました。

駐車場はあるの?

福井神社の鳥居

福井神社の駐車場はありませんでした。

社務所前も埋まっていて、駐車はできませんでした。

鳥居の前の広場は駐車禁止です。

神社周辺には、コインパーキングがありました。

福井駅からは徒歩10分ほどの距離で、徒歩で行くことができます。

レンタサイクルを使用していくのもいいです。

周辺には、佐佳枝廼社(さかえのやしろ)神明神社もありますので、神社巡りをするのもいいかもしれません。

御朱印

福井神社の御朱印

福井神社には、御朱印があります。

御朱印は、社務所で授かることができます。

初穂料 500円

福井神社は月替りの御朱印があります。

月替りの御朱印

色和紙見開きの御朱印は初穂料1000円です。

御朱印はインスタでチェック

福井神社の御朱印は個性的でバリエーションが豊富。

月によって変わるので、コレクションするのも楽しいです。

月替りの御朱印とや行事に合わせた限定御朱印もあります。

福井神社のインスタグラムでは、その月の御朱印を掲載しているので、確認するといいです。

※御朱印は郵送対応もしています。

ストーリーズでは、書き手不在日も載せているため、インスタをチェックするといいです。

福井神社へ参拝した感想

福井駅前から近い距離にありますが、境内は人が少なめで、静かです。

一番印象的なのは、コンクリートの鳥居で、今までに見たことがない鳥居でした。

鳥居はクールな印象で、拝殿もコンクリートを使用したモダンな建築。

変わった造りなので、神社巡りが好きな方は訪れてみてください。

(昔の神社のイメージが強いと違和感を感じるかもしれませんが、他に例も見ない神社の作りです)
 

福井神社の御朱印は月によって変わり、限定タイプもあるので、御朱印のコレクションも楽しめます。

11月ごろになると、境内の大きな銀杏の木が色づき、境内が違った雰囲気になります。

まとめ

福井神社の境内

福井神社は、福井市にあるコンクリート造りが特徴的な神社です。

コンクリート打ち放しはモダンで独特の雰囲気があります。

いろいろな神社を参拝している方は、違和感を感じる方も多いですが、他に例を見ない近代的な神社です。

かなり緻密な設定をされた神社です。(五十嵐直雄氏の設計)

福井神社は、御朱印もあります。

ご利益スポットを訪れるのもいいかもしれません。
 

福井神社のアクセス

福井神社
住所福井県福井市大手3丁目

福井駅周辺の観光はこちらの記事

福井城址はこちらの記事

福井の神社はこちら

今回は、福井市の「福井神社」へ行ってみました。

神社巡り、御朱印集めをしている方はぜひ参拝してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次