年縞博物館のカフェ縞のメニューやコーヒーの魅力は?若狭町の観光に。

カフェ縞

<福井しらべ>

博物館にもおしゃれなカフェがあるんです。

見晴らしのいいカフェを見つけました。

福井県年縞博物館のカフェ

 
福井県年縞博物館を知ってますか?
 

年縞博物館(ねんこうはくぶつかん)は、
2018年9月15日にオープンした福井県の博物館です。

福井県年縞博物館

福井県年縞博物館は、
湖の底などに積もり積もった泥=年縞を題材にした博物館。
 

三方五湖の水月湖の年縞を展示している、
貴重で珍しい博物館です。
 

福井県年縞博物館に関してはこちらの記事

福井県年縞博物館がオススメな理由はコレ!三方・若狭の観光スポット

2018.10.23
 
その福井県年縞博物館には、
併設されているカフェがあります。
 

博物館の2Fにある
おしゃれなカフェです。

カフェ縞

そのカフェの名は、
『カフェ縞(cafe縞)』です。

縞:しま
 

縞という名前を使用していることもあり、、
年縞とのつながりがありそうなお店です。
 
今回は、
「年縞博物館のカフェ縞(cafe縞)」をしらべてみましたので、
お出かけ、お立ち寄りの参考になればと思います。
 

<カフェ縞(cafe縞)のアクセス>

まずは、
カフェ縞(cafe縞)の地図から

カフェ縞(cafe縞)

カフェ縞(cafe縞)は、福井県年縞博物館内にあります。

住所:福井県三方上中郡若狭町鳥浜122−12−1
   縄文ロマンパーク内

開館時間
9:00~17:00

休館日:火曜日・年末年始(12/29~1/2)
 メンテナンスなどで臨時休館があるので注意してください。
 

バスで敦賀駅から約30分
 (コミュニティーバス)

三方五湖スマートICから車で約5分。

電車は三方駅が最寄りですが、
歩きで行くには距離があります。
三方駅のレンタサイクルで約10分。

駐車場あり(無料)

 

カフェ縞(cafe縞)はどんなところ?

 
場所は、年縞博物館2Fの端には、
おしゃれなカフェがあります。

小さな丘の上にあり、赤いチェアのある所。

縞カフエ

ここが、カフェ縞(cafe縞)です。
 

入口は外からと、年縞博物館の2階部分からつながっているため、館内から行くことができます。

年縞博物館のカフェ

下からカフェに行くには、
このように坂を登る必要がありますが、
カフェは2階部分なので、眺めがいいです。
 

カフェの外の席からは、
このような眺めです。

カフェからの眺め

正面には、三方湖が見え、右の川は「はす川」です。

店内の横のテーブル席からは、
はす川方面が見えます。

店内からの眺め

お店からは、
若狭三方縄文博物館、三方湖、はす川、三方五湖IC方面が見えます。
 

このような眺めの良さは、
カフェ縞の魅力の一つです。

天気がいいと開放感があります。

 

<カフェ縞の店内>

店内は、ガラス窓があり、
高台なので外の眺めがいい場所になっています。

カフェ縞の店内

木のナチュラルな感じで、
カウンター席とテーブル席があります。

カフェ縞のテーブル席

店内はそれほど広くはありませんが、
MAX20人ぐらい入れるスペース。

天気のいい日は、外のテラスでお茶するのもアリです。

 

<カフェ縞のメニューは?>

注文は、食券方式です。

食券方式

このようなコンパクトな
食券機があります。

ここで出てきた券をカウンターで渡します。

 
今回飲んだのは、
年縞コーヒー
(シングルオリジン)

年縞コーヒー

コーヒープレスで出てきます。

国内で19名だけの、
コーヒー鑑定士の焙煎したコーヒーです。
(敦賀の新田珈琲)
 

とてもフルーティーで、
飲みやすいコーヒーでした。

普段は、コーヒーの味の違いが分からない私でも、
豆の種類でこんなに変わるのかと思いました。

 

トレーやプレス、器もおしゃれで、
カップも年縞っぽい感じです。

年縞コーヒー

フレンチプレスを押し下げ、底にたまるコーヒーは、
年縞のようなイメージをもてました。

年縞コーヒーの価格:700円

 
他には、
年縞コーヒー(ブレンド)もあります。

こちらもプレスで入れる、
こだわりのブレンドコーヒーです。

カメイ珈琲のオリジナルブレンド。

※今回、年縞コーヒー(ブレンド)は飲んでいませんので、
 次回のお楽しみにします。

どうやら、温度によって変化するコーヒーの味わいで、
若狭の歴史を表現しているようですよ!

年縞コーヒー(ブレンド):700円

 

プレスタイプではない、
テイクアウトコーヒーもあります。

<テイクアウトコーヒー>
縞ブレンド:400円
玄米コーヒー:500円
 

コーヒー以外に、ソーダーもあります。

完熟梅ソーダー:500円など。

ちょっとしたフードもありますので、
確認してください。
 

訪れた時は、
食事メニューはありませんでしたが、
今後、お食事メニューもできるようです。

 
※記載の価格やメニューは、
 変更になる場合がありますので注意してください。
 

歴史に想いを馳せたり、景色を眺めながら、
こだわりのコーヒーやソーダーなどを楽しんでみてはいかがでしょうか?
 
カフェ縞へは、博物館に入らなくても、
外の芝生の階段を登り、コーヒーを買いに行くこともできます。
 

<年縞博物館のカフェ縞(cafe縞)>
非日常度

 

<まとめ>

今回は三方にある、
「福井県年縞博物館のカフェ縞(cafe縞)」を調べてみました。

 
カフェ縞は、
こだわりのコーヒーが飲める場所です。
 

年縞博物館を見終わって、
おいしいコーヒーを飲んで帰るのもいいですよ。

 
年縞博物館は、
入場者数が約1か月で1万人を越える、
人気の博物館になっています。

入場者1万人

とても貴重な年縞を見てみてはいかがでしょうか?

福井県年縞博物館がオススメな理由はコレ!三方・若狭の観光スポット

2018.10.23
 

三方五湖を眺めることができる、
レインボーラインに関してはこちら

レインボーライン山頂公園って何がある?三方五湖が一望できる観光スポット!

2018.04.09

 
いかがでしたか?
今回は「福井県年縞博物館のカフェ」をしらべてみました。
お出かけスポットの参考になればと思います。

スポンサード リンク