小浜にある「御食国若狭おばま食文化館」は何があるの?観光スポット

若狭おばま食文化館

<福井しらべ>
 
御食国若狭おばま食文化館って何なんだろう?何があるのだろう?

実際に訪れてチェックしてきましたので、お出かけの参考にしてください。
 

御食国若狭おばま食文化館

 
御食国若狭おばま食文化館は、食に関する珍しい博物館です。
 

若狭の食の展示がされていて、食べ物の歴史が学べて、体験コーナーなどのある施設です。

若狭おばま食文化館

御食国は、「みけつくに」と読みます。
 

御食国は、何のことなのか分かりませんでしたが、朝廷に「御贄(みにえ)」(「御食(みけ)」を納めた国のことです。

簡単に言うと、天皇の御食料を納めていた国(若狭)でした。

塩や海産物を納めていたようです。

 

今回は、食について学べる「若狭おばま食文化館」を調べてみます。
 

若狭おばま食文化館はどんな所?

若狭おばま食文化館の外観

若狭おばま食文化館は、福井県小浜市にある博物館。
(小浜新港のすぐそばにあります)

 
館内の展示によって、昔の建物の再現や食作りをイメージすることが出来ます。

昔の家

昔の人々の生活を学べますので、子供の体験、学びに役立てます。

 
サバを運ぶ人形

さば街道ならではの、サバを運ぶ人の人形も展示。

サバを運ぶ人形は、撮影スポットにもなっています。
 

若狭おばま食文化館内は、食に関する展示が豊富で、寿司ネタや雑煮など日本の食べ物に関するものを数多く紹介しています。

中でも、福井県若狭に関係する食を多く取り上げ豊富なレプリカがあります。
 

若狭おばま食文化館の大きな見所は、食材のレプリカ商品です。

いろいろな食べ物のレプリカを楽しめます。

 

若狭おばま食文化館は何があるの?

 
若狭おばま食文化館は、「若狭の鯖街道」などを再現し、料理レプリカとともに紹介しています。

館内にはたくさんの食材レプリカがあります。
 

寿司に関する展示

すしのレプリカ

寿司ネタのレプリカがあり、寿司の始まりが学べます。

このような「なれずし」のレプリカもあります

寿司レプリカ

鯖のなれずしは、古代ずしとも言われ、寿司のルーツです。

鯖のなれずしは、食の世界遺産に認定されています。
 

他には、日本各地の雑煮も紹介しています。

日本各地の雑煮

雑煮は、場所によって大きく違っていることが分かります。

地図とレプリカで違いを分かりやすく展示紹介しています。

雑煮レプリカ

全国の変わった雑煮もあるので、色々比較してみるのも面白いです。

普段食べている雑煮は、全国的に見ると変わった雑煮だということが分かります。

 

若狭おばま食文化館では、加工体験(おみやげ作り)などもできます。

サンプル作り

※体験は予約が必要です。
 

若狭工房
体験コーナー

キッチンスタジオもあり、調理体験・加工体験などができる場所もあります。
(要予約)

 

御食国若狭おばま食文化館には、「濱の湯」というお風呂があります。

館内の隣にあるので、通路で続いています。

濱の湯

濱の湯(はまのゆ)

営業時間 10:00~24:00
休館日 毎月第3水曜日、メンテナンス日(不定期)

<料金>
大人(中学生以上)600円
小人(小学生以下)300円

濱の湯は、3階で食事も出来ます。
 

また、若狭おばま食文化館の館内の外には足湯があります。

足湯

足湯は無料で、海を見ながら入れます。タオルを持っていった方がいいです。

※足湯は冬季間(12月~4月上旬)閉鎖。
 

食事をしたい方は、若狭おばま食文化館の隣に、濱の四季(浜の四季)という飲食店があります。

濱の四季

濱の四季

平日:11:00~14:30
土日祝:11:00~20:30
定休日:毎週水曜日

濱の四季は、鯖を中心とした魚料理を食べれます。
(定食は、1000円ぐらい〜)

窓際は海の景色も楽しめます。イスと畳の席があります(70席ほど)

ただし、休日の昼などは混むことがあるので注意してください。
 

若狭おばま食文化館の周辺には、若狭フィッシャーマンズワーフ、蘇洞門(そとも)めぐり遊覧船、焼き鯖寿司の工場などがありますので、周辺の散策も面白いかもしれません。
 

御食国若狭おばま食文化館を訪れた感想

 
若狭おばま食文化館の感想を一言で言うと、「お腹がすいた〜」です。
 

なぜなら、若狭おばま食文化館を訪れたのはご飯の前の空腹状態だったからです。
 

そんな時に、若狭おばま食文化館の食べ物に関する展示物やリアルなレプリカを見ていたら、お腹の減りがマックスに。
 

展示を見終わったら、魚料理が食べたくなりました。
 
お腹がすいている時に見るのは注意が必要です^^;
 

たくさんのレプリカを使用して、昔の食歴史を学べる珍しい博物館が「御食国若狭おばま食文化館」です。
 

<御食国若狭おばま食文化館>
御食国若狭おばま食文化館の非日常感

 

<まとめ>

今回は小浜市にある、「御食国若狭おばま食文化館」を調べてみました。
 

若狭おばま食文化館は、小浜港にあり、目の前では魚釣りをしている方も多かったです。
 

近くには、若狭フィッシャーマンズワーフ、蘇洞門(そとも)めぐり遊覧船がありますので、観光の際に立ち寄るのもいいです。

御食国若狭おばま食文化館は、無料で入れて楽しく学べる食の博物館でした。
 

御食国若狭おばま食文化館のアクセス

御食国若狭おばま食文化館の地図

御食国若狭おばま食文化館

住所:福井県小浜市川崎3丁目4
(小浜ICから10分ほど)

開館時間 9:00~18:00
定休日:水曜日

入館無料

駐車場あり

 
小浜の観光スポットなどはこちら

小浜で若廣の焼き鯖寿司を食べてみた!混雑時の昼食にもオススメ。

2019.05.09

福井県の小浜漁港(新港)ではどんな魚が釣れるの?

2019.05.12
 
いかがでしたか?
今回は、「御食国若狭おばま食文化館」をしらべしました。
機会がありましましたら訪れて食を学んでみてください。

スポンサード リンク

若狭おばま食文化館

2 件のコメント

  • 御食国若狭おばま食文化館3階にはお風呂と食堂があります。(お風呂への入り口側からエレベータで3階直通です。)
    隣の「濱の四季」より少しお安く食事ができると思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です