小浜で若廣の焼き鯖寿司を食べてみた!混雑時の昼食にもオススメ。

若廣の焼き鯖寿司

福井県の名物「焼き鯖寿司」を知っていますか?

お土産としても人気の「焼き鯖寿司」

  • 若廣の焼き鯖寿司はどんな寿司?
  • どこで作っているの?
  • 焼き鯖寿司を食べた感想は?

小浜で若廣の焼き鯖寿司を調べてみました。

目次

若廣の焼き鯖寿司

若廣の店

若廣(わかひろ)は、若狭フィッシャーマンズの近くにある焼き鯖寿司の工場直売所です。

若狭小浜の郷土料理『浜焼き鯖』を製造・販売し、羽田空港の空弁で5年連続1位に輝いています。

今回、小浜で若廣の焼き鯖寿司を選んだ背景には理由がありました。

小浜の食の文化館周辺で食事をしようとしたところ、連休中でどこも混雑しており、食事が難しい状況でした。

観光名所である蘇洞門めぐり遊覧船のエリアも大混雑。

若狭フィッシャーマンズ・ワーフ

若狭フィッシャーマンズ・ワーフでも大行列ができており、食の文化館周辺も多くの人々で賑わっていました。

食べ物を手に入れるまでの待ち時間が長くなりそうな状況。

そんな時、焼きサバ寿司という選択肢が目に留まり、若廣の焼き鯖寿司を購入しました。

若廣の店内はどんな感じ?

若廣の建物

若廣の店の人口には工場直売所の看板があり、店舗の周りには、焼きサバ寿司の旗が立っていました。
 
若廣の店内に入ると、たくさんの焼きサバ寿司が並んでいます。

店内

焼きサバ寿司以外に、いろいろな寿司が並んでいて、あなごや鯖寿しもあります。
 
店内は奥に進むと、工場内がガラス越しに見えるようになっています。

若廣の店内

若廣では、焼きサバ寿司を作っているのをガラス越しに見ることができます。

お持ち帰りのみで、店内での食事は出来ません。

購入した焼きサバ寿司の種類は?

焼きサバ寿司

店内商品を一通りチェックして購入したのは「黄金の鯖 焼きサバ寿司」です。

パッケージには、黄金の鯖と書かれています。
 
焼きサバ寿司の味は、2種類ありました。

  • 焼き鯖すし
  • 醤油かおる焼き鯖すし

※他には、めんたい焼鯖寿司、蒲焼あなご鮨、柿の葉寿しなどがあります。

若狭伝統の醤油漬けで仕上げた「醤油かおる焼き鯖すし」は、醤油ベースです。

羽田空港「空弁」売上第1位が若廣の焼き鯖すしです。

焼きサバ寿司を開封してみました。

焼きサバ寿司の見た目

パッケージを開封すると、ラップで包まれたサバ寿司が登場。

さらに、お手拭きやお箸も同梱されています。
 
鯖がこんがり焼けていて、美味しそうな雰囲気が漂っています。

焼きサバ寿司

鯖の切り身は厚みがあり、、食べ応えがあります。

さらに、しょうがの風味が加わり、絶妙な味わいのハーモニーが楽しめます。

最初は1本食べきるのが難しいかと思いましたが、驚くほどの美味しさで完食。

この焼きサバ寿司だけで十分なお昼ご飯になりました。

焼きサバ寿司のお米は、福井県産コシヒカリを使用し、価格は1,296円。

焼きサバ寿司を買って、海を見ながら食べました。

マーメイド

小浜の海沿いの公園などもあるので、天気のいい日には外で食べるのもいいですよ。

若廣を訪れた感想

若廣は、若狭フィッシャーマンズ・ワーフのすぐ近くで、大きな看板があるので分かりやすいです。
 
店内に入ると、焼きサバが並んでいて、奥はガラス張りで工場が見え、作っている所が見れます。
 
試食コーナーもあったので、試食をして購入。
 
2~3人、お客さんが並んでいましたが、購入して持ち帰りだけなので時間もかからずスムーズに購入できました。
 

焼き鯖寿司は、冷めても美味しく食べれる寿司なので、お土産に持って帰るのもいいです。
(日持ちも3日ぐらいするそうです。)
 
混んでいて、食事に困った時は、焼き鯖寿司を購入して、海を見ながらゆっくり食べるのもアリです。

焼き鯖寿司だけで、お腹がいっぱいになるので昼食代わりになります。

『若廣の焼き鯖寿司』は福井のお土産としても人気です。

JR福井駅コンコースにもお店があるので、お土産として購入するのもオススメです。

<焼き鯖寿司>
焼き鯖寿司の非日常感

若廣の行き方

お店は、小浜にある若狭フィッシャーマンズ・ワーフの隣です。

<若廣>

住所:福井県小浜市川崎1丁目3−5

開館時間:9:00~15:00

定休日:

※記載した料金、営業時間、定休日は変更になる場合がありますので、最新の情報を確認してください。

<小浜の情報はこちら>
道の駅「若狭おばま」にも焼サバ寿司があります。



小浜の観光スポットはこちら

今回は、若廣の「焼き鯖寿司」をしらべてみました。

もし機会がありましたら訪れてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次