福井市角原ルートで文殊山へ登ってみた。

<福井しらべ>

文殊山へ登ってみた。(福井市角原ルート)

文殊山は、福井市と鯖江市との境に位置し、
泰澄大師が717年に開いたといわれる山で福井では有名な山です。

越前五山のひとつの山です。
(越前五山:白山・越知山・文珠山・吉野ケ岳・日野山)

文殊山の標高は365メートル。

文殊山への登り道はいくつかあります。
「四方谷」「南井」「大正寺」「大村」「二上」「角原」

今回は、本堂への最短ルート
福井市「角原ルート」から登ってみた。

細い道を山の方に走っていくと、
クルマが数台止めれる駐車場がある。

近くにはこのような看板も・・・

最初は車が通れる幅の道だが、
その山道を進んでいくとだんだん険しくなっていく。

ある程度上の方に行くと、
整備された歩きやすい道になってくる。

ここは走って登っている方やマウンテンバイクで登る方も見られた。

頂上の手前にはこのような展望台があり、
福井方面と鯖江方面が見渡せる。

頂上へ到着

標高 365m

およそ40分ほどかかった。

今年(2017年)は文殊山開山1300年。

山頂からの景色

天気のいい日はスッキリ山がみえて、風も心地よいです。

登山の動画はこちらです↓↓↓

(角原ルート 駐車場から分岐までの動画)

超高速登山動画はこちらです↓

(分岐点から本堂までの動画)

今回の「角原ルート」は、
室堂まで最短で登れるルート。

登山道もある程度整備されていて登りやすい。

頂上までは1時間かからず登れ、
気軽に登山を楽しめる山。

文殊山頂上からの福井の景色を楽しんでみてはいかがでしょうか?

今回の登山では、珍しい動物に出会いました。
⇒ その動物はこちら

P.S
この文殊山の下側を数年後には新幹線のトンネルが通るようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です