福井県今庄にある板取の宿ってどんな場所?何があるの?

板取の宿の雰囲気

<福井しらべ>

板取の宿(いたどりのやど)

 
板取の宿を知っていますか?
 
板取の宿・・・
 
「あぁ、なんか聞いたことあるかも?」

「どっかで看板を見かけたような気がする?」と思う方も多いかも知れません。
 

でも、板取の宿に行ったことのある方は少ないのではないでしょうか?
 

板取の宿は、今庄の山奥にあり、マイナーなスポットです。

道路沿いに看板はあるが、何があるのかは謎!

「板取の宿ってどんな所だろう?」

気になってたので、今庄にある「板取の宿」を調べてみました。

板取の宿の場所

まずは、板取の宿の地図

板取の宿

住所:福井県南条郡南越前町板取16−12

北陸自動車道 今庄ICから車で20分

駐車場あり

敦賀方面に向かう道(365号線)沿いにあります。

国道365号線を走っていると、このような看板が道路にあります。

国道365号線の看板

「板取の宿」と書かれた看板があり、矢印の方には、駐車場があります。
 
このような小さな駐車場とトイレがあり、車を数台止めることができます。

駐車場とトイレ

駐車場の反対側に、山の方へ登る道があります。

このような石畳の道です。

板取の宿へ続く道

この道を進んでいくと、板取の宿があります。

<注意点>

365号線は、一部区間カーブが続きますので、対向車に注意してスピードを落として走行してください。

冬期間は積雪・凍結がある地域です。運転に注意してください。

板取の宿はどんな所?

 
板取の宿がある場所は、昔、北国街道の入口の関所がありました。

今もこの周辺には、藁葺の民家があり、歴史を感じれる珍しい場所です。
 
板取の宿には、茅葺で妻入り、甲造りの民家が数軒あります。(おそらく 4軒)

ふくいの伝統的民家に認定されている民家があります。

板取の宿の雰囲気

板取の宿の雰囲気

このように昔のまま保存された民家が数軒あります。

民家が数軒

今は過疎化が進み住人はわずかです。

今回は、誰にも会いませんでした。
静かで情緒があるエリアです。

古い民家には、「ふくいの伝統的民家」のプレートがついています。

玄関口

こちらのプレートがある家は、福井県伝統的民家認定制度で認定された伝統的民家です。
 

下から民家を越えて登っていくと、関所跡にたどり着きます。

越前への出入国を取り締まるこの重要な場所に、北ノ庄藩(後に福井藩と改称)の初代藩主結城秀康の頃、ここに関所が設けられました。
 

木ノ芽峠を越え北陸・福井に入る近江西路
栃ノ木峠を越える北国街道の2ルートは、板取の手前で合流し、今庄宿へ入ります。
 
今でもこのような感じになっています。

板取関所跡(板取番所)

板取の宿の関所

門はありませんが、両脇に柱があります。
 
関所の上は、今庄365スキー場へ続く道につながります。

この地域は、冬場は雪が多くて、降雪量も多いです。

冬場は大変な地域です。

板取の宿は、江戸時代には関所が置かれ、越の国と近江の国を分けてた重要な場所。

そんな時代背景が、今も残る板取の宿です。
 

ひっそり残る古民家。
趣のある集落を散策してみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は今庄にある、板取の宿を調べてみました。
 
時代の流れで、、明治19年に敦賀~武生間に海岸道路が開通。

明治29年には、北陸線敦賀~福井の開通もあり過疎化がすすみました。
 
時代は変わりましたが、、この地には、今も昔のまま民家が保存されています。
 

板取の宿は、北国街道の玄関口として、大きな役割を果たしていました。
 
北国街道は往来が多く、この道の先にある今庄は、北陸への玄関口にある宿場として発展したエリア。

板取の宿は、
山の中にひっそりとした伝統的民家があり、タイムスリップした気分になれる場所でした。

今庄宿の古町の町並と合わせて見学してみるのも面白いです。

今庄宿に関してはこちら

今庄宿

南越前町の今庄宿には何がある?観光のポイント建物はここ!

2018.07.04

<その他の福井県の古民家>

⇒ 旧瓜生家住宅
⇒ おさごえ民家園
⇒ 丸岡町竹田の千古の家
⇒ 池田町にある堀口家住宅
⇒ 味真野苑の旧谷口家住宅
 

いかがでしたか?
今回は、板取の宿をしらべしました。
機会がありましましたら訪れてください。

スポンサード リンク