南越前町の今庄宿には何がある?観光のポイント建物はここ!

今庄宿

『へぇ~ 今庄にこんな場所があったんだ!?』

今庄には、風情を感じれる宿場町が今も残っています。

  • 宿場町には何があるの?
  • 観光スポットはどこ?
  • 今庄宿のオススメの場所はどこ?

今回は、南越前町にある今庄宿を調べてみましたので、今庄周辺の観光やお出かけの参考にしてください。

タップできる目次

今庄宿には何があるの?

今庄宿は、かつて北陸街道の一部であり、越前と若狭を結ぶ北国街道の玄関口として栄えた宿場町です。

※読み方は、今庄宿(イマジョウジュク)です。

北陸街道は、江戸時代に整備された交通路であり、商業や文化の交流が盛んに行われていた重要な道でした。

その中でも今庄宿は、交通の要所として栄え、多くの人々が行き交いました。

今庄には、当時の風情を感じれる宿場町が残っています。
町割り、道幅などは江戸時代からほとんど変わっていない、歴史のある場所が「今庄宿」です。

今庄宿は、歴史的な価値や風情を感じさせる宿場町として、観光客にとっても魅力的なスポットです。

今回は、今庄宿には何があるのかを調べるために、今庄駅周辺を散策してみました。

JR今庄駅

JR今庄駅

今庄宿の散策のスタート地点がJR今庄駅。

JR今庄駅は2017年に新しくなりました。

駅の待合室には、鉄道関連の資料や歴史を解説するコーナーがあり、小さな売店ではお土産などの販売もしています。
 
JR今庄駅周辺の記事はこちら

JR今庄駅の入口には、「鉄道のまち」を象徴する蒸気機関車の動輪モニュメントが設置されています。

蒸気機関車の動輪モニュメント

昭和37年の北陸トンネル開通まで北陸本線最大の難所といわれた敦賀-今庄間では、「D51形蒸気機関車」が活躍していました。

登り坂が続く敦賀までの難所の峠を蒸気機関車が走っていました。

蒸気機関車の動輪モニュメントは、1mを越える、大きな車輪です。
写真撮影スポットです。

今庄駅の前には、「ほっこり広場」があり、休憩することが出来ます。

ほっこり広場

ほっこり広場というネーミングに、ほっこりさせられます。

駅の近くには、井戸水をくみ上げるポンプもありました。

井戸水をくみ上げるポンプ

レバーを動かすと、実際に水が出ます。

ポンプの水は飲めません。

今庄宿のメインの通りへ行くには、ポンプの横の通りを山側に向かって進んでいきます。

[voice icon=”https://azimano.info/wp-content/uploads/2017/05/しらべ.jpg” name=”” type=”l”] 今庄駅前から、東の方へ道を上がっていくと、昔の通りに出ることができます。 その通りには古い建物が多く見られます。[/voice]

昭和会館

昭和会館

R今庄駅から徒歩5分ほどの場所にある昭和会館は、昭和5年に田中和吉によって建てられた建物です。

昭和会館は、その建築様式や装飾が特徴であり、貴重な文化遺産として国登録有形文化財に指定されています。

建物自体が歴史的な価値を持ち、地域の人々にとっても大切な存在。

現在、昭和会館は公民館や地域の広場として利用されています。

地域の様々なイベントや集まり、文化活動が行われる場として、地域住民にとっての交流の拠点です。

脇本陣跡

脇本陣跡

昭和会館の隣にある福井藩脇本陣跡は、かつて加賀藩が利用していた歴史的な建物です。

そのため、「加賀本陣」とも呼ばれています。

本陣とは、藩主や重要な役人が滞在し、公務や政務を執るための施設であり、藩の政治・行政の中心となる場所でした。

京藤甚五郎家

京藤甚五郎家

京藤甚五郎家は、今庄宿の中でも古い建物の一つです。

県指定有形文化財

この建物の特徴の一つとして、屋根には卯建(うだつ)が上がっており、雪に耐えるために太い登り梁が使われています。

これは、福井県の豪雪地帯に対応するための工夫であり、建物の耐久性を高める役割を果たしています。
 
隣がトイレになっていますので、トイレ休憩が出来ます。
 
京藤甚五郎家は、土日の開いている時は、中を見ることができます。

基本的に、平日は開いていません。

中の柱には、刀傷が残っていて、見ることができます。

旅籠 若狭屋

旅籠 若狭屋

当時の今庄宿は、越前随一の宿場町でした。

若狭屋は、今庄宿の中でも大きな旅籠です。旅人や商人が行き交い、賑わいを見せていた場所。

旅籠 若狭屋は、国登録有形文化財

その歴史的な建物や雰囲気は、現代でも保存・再現され、観光地として多くの人々に愛されています。

わかさや

旅籠・若狭屋の中でおそばを食べることができます。

明治殿

明治殿

庭の部分は公徳園と呼ばれ、福井藩の本陣跡です。

公徳園の奥にあるのが明治殿です。

明治殿は、明治時代に明治天皇が滞在された居室であり、福井を訪れた際に利用された場所です。

明治天皇は明治11年に北陸地方を巡幸された際に、福井にも訪れ、この明治殿に滞在されました。

明治殿

明治時代の趣を感じながら、明治天皇が滞在された歴史の一部に触れることができます。

国登録有形文化財

普段は建物の中には入れませんが、タイミングによって、開いている時があります。

明治殿の中
明治殿

行在所(あんざいしょ)と書かれ、畳の部屋があります。

その他の建物

【カフェ 木の芽】
カフェ 木の芽

カフェ 木の芽は、明治殿の脇の方にある古民家カフェ。

手作りパンやコーヒーを楽しめますので、散策の休憩にもいいです。
 
<カフェ 木の芽>
営業時間 11:00~17:00
定休日:木曜日
 

【酒屋】
酒屋

今庄宿は、江戸時代には、多くの酒屋があったそうです。

現在も江戸時代から続く酒蔵が4つあります。

 
【しげじろう】
しげじろう

しげじろうは、古民家れすとらん。

名物「今庄おろしそば」もあります。

営業時間:午前11時~午後2時
定休日:毎週火曜

今庄宿には、このような古い建物が数多く残っています。

まとめ

今回は、「今庄宿」をしらべしました。

今庄宿は、昔は重要な宿場町でした。
 
現在でも、その名残があり、独特の街並を楽しめる場所になっています。

当時は、越前(福井)に来る時は多くの人が立ち寄った場所で「坂本龍馬」なども立ち寄っています。
 
今庄宿の雰囲気や詳しい内容は、こちらの動画で確認してください。

このような街並を散策することで、タイムスリップした非日常感を味わえます。

情緒ある町を散策してみてはいかがでしょうか?

 
また、今庄は鉄道の町としても有名!今庄には、蒸気機関車の展示があります。

南越前町には、花はす公園もあります。

7~8月中頃は「花はすまつり」が行われます。

今庄宿のアクセス

<今庄宿>

住所:南越前町今庄
(JR今庄駅から徒歩5分ほど)

車の場合、駐車場はJR今庄駅を使用します。
(今庄駅に駐車場があります。)

<交通アクセス>
・JR今庄駅から徒歩5分
・北陸自動車道今庄ICから車で10分

宿場町を上から眺めたい方は燧ケ城跡に行くといいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (3件)

  • 懐かしい写真を見ることができました。昔は、北陸トンネルができるまでは、同級生も、カヒル地区、二ツ家、大桐に住んでいました。今も、しっかりと、残されているのは、驚きです。未来にも残っていて欲しいですね!

  • 今庄は、我が故郷です。今も実家には、母や兄弟・甥・姪が住んでおり、写真にも出ていました。ただ、当時に比べ、人も少なくなっているようで、写真にもお合った、若狭屋や甚五郎の家も人は住んでいないようで、さびしく思う次第です。

    • 堀口様コメントありがとうございます。
      今庄、いい所ですよね〜。昔に比べると人は少なくなっていますが、観光で今庄に行く方は増えています。
      先日は、大型バスでの観光もありました。今後、周辺エリアは盛り上がって行くかもしれません。

コメントする

タップできる目次