鯖江の西山公園のインドクジャクが羽を広げるのはいつ?

鯖江市にある西山公園は、レッサーパンダだけでなく「クジャク」もいます。

もし運が良ければ、クジャクが羽を広げた姿を見れるかも知れません。
 
今回は、「クジャクが羽を広げた姿はいつ見れるのか?」を調べてみました。

鯖江市の西山公園

めがねのまち鯖江市にある西山公園(にしやまこうえん)

西山公園は、1856年に開園され、約1000本の桜と日本庭園などがあり、「日本の歴史公園100選」にも認定されている公園です。

レッサーパンダで有名な公園です。

レッサーパンダ

西山動物園のレッサーパンダはとても有名ですが、レッサーパンダ以外にいろいろな動物がいます。

例えば、フランソワルトン、シロテテナガザル、ボリビアリスザルなど。

ボリビアリスザル
西山公園

動物だけではなく、鳥類もいて、タンチョウ、ギンケイ、チャボなどがいます。

タンチョウ
IMG_3264

その鳥類の中でも目立つのは、インドクジャク

神聖な鳥ともいわれる「クジャク」です。

西山公園のインドクジャク

西山動物園には、インドクジャクが2羽います。
(雄と雌がいます)
 
西山動物園のクジャクが、今回行った時に、たまたま羽を広げていました。

IMG_3251

見事な広げっぷりで、羽は檻いっぱいの大きさでした。
 

長時間、羽を広げていたため、近くにいた男の子は、「羽の戻し方、忘れてしまったのでは?」と心配していました。

 
ちなみに、クジャクが羽を広げるのはオスです。

西山公園のクジャクが羽を広げるのはいつ?

西山公園の孔雀

クジャクが羽を広げるのは、繁殖期の春から夏にかけてです。

繁殖期のみのため、羽を広げる期間が限られています。

クジャクが羽を広げるのを見たい方は、春から初夏のクジャクの繁殖シーズンに行くといいでしょう。

もし、羽を広げた姿を見れたらラッキーです。
 

下の画像は、8月の午後です。


羽を広げている雄のクジャクです。

西山動物園に3回行って2回見れました。

春・夏はクジャクが羽を広げるのを見れる確率が高いかも知れません。

下の画像は、2018年4月1日のクジャクです。
時刻 11:30
くじゃく

クジャクの後姿。
クジャクの後姿

このような羽を広げた姿が見れるかもしれません。
 

■ 西山公園の動画はこちら


 

西山動物公園のアクセス情報

地図

開園時間
・午前9時~午後16時30分

入園料
・無料

休園日
・毎週月曜日
・月曜日が祝日の時はその翌日

 
西山動物公園は、入場無料でレッサーパンダをはじめとした動物を見れます。

運が良ければ、クジャクの羽を広げた姿を見れるかも知れません。

 
【その他の西山公園の情報】
⇒ 桜の名所!鯖江市の「西山公園」開花はいつ頃
⇒ 西山公園のレッサーパンダ
⇒ 西山公園にいた金色のフランソワルトンの赤ちゃん
⇒ 西山公園の「結びのチャイム」
⇒ 西山公園の道の駅

鯖江の観光スポットはこちら

鯖江しらべ

鯖江市の観光地&お出かけスポット7選【鯖江しらべ】

2020.03.28
 
いかがでしたか?
今回は「鯖江市の西山公園の孔雀」を紹介しました。
機会がありましたら訪れてみてください。

スポンサード リンク