足羽山の動物園「ハピジャン」に行ってみた!無料で楽しめる人気の場所

オニオオハシ

<福井しらべ>

足羽山にある動物園「ハピジャン」は無料なんやざ~。

知らんかったんけ!

いっぺん行ってみよっさ。

足羽山公園遊園地(動物園)

 
足羽山のハピジャンを知ってますか?
 

福井市の市街地にある、
市民の憩いの山の足羽山。

足羽山

福井市の足羽山には、
足羽山公園遊園地(動物園)があり、
2018年9月9日にハピジャンがオープンしました。
 

名前の由来は、
「ハッピー」と「ジャングル」を掛け合わせてハピジャンです。
 
ハピジャンは、
足羽山公園遊園地(動物園)にある
動物と人が空間を共有することができる施設。

ハピジャンのカピバラ

特に、動物との距離が近く、
ジャングルのような空間で、動物が間近に見られる場所。
 

個性的な動物を目の前で見ることが出来ます。

でも、あまりに距離が近いため、
小さい子供は驚いて泣き出してしまうことも・・・^^;

 
そんなハピジャンは、
子供も大人も楽しめる人気のスポットです。

 
今回は、福井市にある、
「ハピジャン」をしらべてみました。
お出かけの参考になればと思います。

 

<足羽山公園遊園地(動物園)のアクセス>

まずは、
足羽山公園遊園地(動物園)の地図から

足羽山公園遊園地(動物園)

福井県福井市山奥町58−97

北陸自動車道福井ICより車で約20分

駐車場あり(60台ほど)

開館時間:9:30 ~ 16:30
入園は閉園時間の30分前まで

定休日:月曜日 年末年始:12/29~1/3
 ※月曜日が祝日の場合は翌日

冬期間は屋外動物園は休園します。
(ハピジャンは開園)

ハピジャンに行くには、
足羽山に登る必要があります。
(福井駅から車やタクシーなら10分ほど)
 

<歩きの場合>

福井鉄道福武線の足羽山公園口駅から、
徒歩25分ほど山を登ります。

スマイルバスは、
バス停 愛宕坂下車 徒歩25分 。

 

ハピジャンはどんな場所なの?

ハピジャンは、足羽山公園遊園地にある施設です。
 

足羽山公園遊園地は、
山の上にある公園で、動物園、アスレチックもあります。

足羽山の広い場所で、
山の斜面を利用して作られています。

足羽山公園遊園地(動物園)

足羽山動物園には、
ポニーや羊、ミニブタ、カメ、カンガルー。
インコなどの鳥もたくさんいます。
 

今まであった足羽山動物園に新しくできた施設が「ハピジャン」です。

ガラス張りの建物

ハピジャンは、
足羽山公園遊園地の入り口付近にあり
外観は、ガラス張りの建物。

 
入り口は、
自動ドアが2つと手動ドアがあり、
動物が外に出ないような作りになっています。

ハピジャンのドア

入り口は手動ドアなので、
閉め忘れに注意が必要です。

動物さんが外へお出かけしてしまうので、
ドアは開けたら閉めて下さいね。

 

ハピジャン館内の注意点

館内の注意点

ハピジャンの入り口には、
注意事項が書かれています。

・カメラのフラッシュ禁止
・飲食禁止
・動物に触れないでください。
 

館内のいろいろな所に動物がいるので、
探さないと見つからない動物もいますので、探してください。

ごくまれに、
鳥のフンが落ちてくることもあります^^;
 

時間帯によって、
触れ合いタイムがある動物がいます。

ドゲドゲのハリネズミに触れれる時間があります。

 

ハピジャンには、どのような動物がいるの?

 
館内は、プチジャングルの雰囲気です。

屋内のジャングル・ハピジャンで、
暮らしているのはこのような動物たちです。

動物の案内

行った時は、
10種類以上の動物がいました。
(今後、変更になる場合がありますので注意してください。)
 

館内のいろいろな所に、動物さんがいます。

館内は高い天井で、
床もキレイに清掃されているので快適。

飼育員さんもいるので、
動物たちのことを教えてくれます。

 


<オニオオハシオニオオハシ>

オニオオハシ

くちばしがインパクト抜群です!

くちばしの大きさと、
オレンジのカラーがかなり目立っています。
 

ブラジルの国鳥で、
アマゾンの宝石とも言われます。

 


<オウギバト>

オウギバト

フサフサとしたトサカが印象的で、
かっこいい鳥です。

あまり動かなくて、
堂々としている姿がよく、青い羽根がキレイです。

 


フタユビナマケモノ

フタユビナマケモノ

ほぼ一日中寝ています。
動いているのが見れたらラッキーです。

時々、
木に登ったりするようですよ。

 


カピバラ

カピバラ

ハピジャンで人気者のカピバラさん
 (ハピジャンには、3頭います。)

カピバラは、ネズミの仲間。
 (オニテンジクネズミ)

穏やかな性格で、
あまり動かず寄り添っています。
 

カピバラは3匹います。
(雄が1匹。雌が2匹。)

名前は、「やまと」「らいむ」「あじさい」です。
 雄がやまとです。3匹とも2018年生まれです。
 
エサやりタイムもあり、エサを販売していますので、
エサやりも楽しめます。
 (エサ:100円 10:30~,13:30~)

 
記事内に掲載した動物は一部で、
他にもいろいろな動物がいるので、探してみてください。

 
ハピジャン内の動物を、
2階から見ることも出来ます。

ハピジャンの2階

上から見下ろして、
動物を探すのもいいですよ。

2階は、
土日祝の昼は、カフェになります。

やまカフェ

やまかふぇ
営業日:土日祝
営業時間 10:00~14:00
(大久保茶屋さんがやっています。)

大久保茶屋の手作り団子などを楽しむことができます。
 

ハピジャン以外にも、
足羽山公園遊園地では、いろいろな動物が見れます。

ジロちゃん

一時期、話題になった、
話をするジロちゃんもいますよ!
 

ジロちゃんに話しかけてみてください。
ご機嫌が良かったらいっぱい話してくれるかも・・・
 

ハピジャン以外の動物は、
リニューアル前からいる動物たちです。
 

公園内には、
アスレチックもあります。

足羽山のアスレチック遊具

さまざまな遊具もありますので、
子供が遊ぶのにもピッタリです!

お気に入りの遊具を探して、たくさん遊んでください。

冬期間はアスレチック、屋外の動物園は行っておりません。
ハピジャンは開園しています。
 

<ハピジャンを訪れた感想>

足羽山の上にあるハピジャン。

思ったより建物はコンパクトでしたが、
天井が高く、ガラス張りなので解放感がありました。

館内は清掃も行きとどいていてキレイです。
 

ハピジャンでは、エサやりタイムもあり、
動物を手の触れる距離で楽しめるのが大きな魅力です。

動物とのふれあいを楽しめるハピジャンは、
子供はもちろん、大人も楽しめる施設でした。
 

館内には、飼育員さんもいるので、
動物のことを聞くと詳しく教えてくれます。
 

平日だったので人は少なめでしたが、
天気のいい土日などは賑わいそう。

2018年9月にオープンし、
2018年の年末までに3万人以上が来園しています。
 

柵がなくて動物との距離が近いのが、
ハピジャンの一番の魅力です。

 
今回、訪れた時にオニオオハシのケンカやフタユビナマケモノのあくびを見れましたよ。

リアルな動きのある映像はこちらの動画で ↓


 
<ハピジャン>
非日常度

 

<まとめ>

今回は福井市にある、
「ハピジャン」を調べてみました。
 

ハピジャンは、
至近距離で動物が楽しめる開放的な施設。

動物との距離はもちろん、
屋内施設のハピジャンは天気が悪い日や冬場でも、
楽しむことが出来るのも魅力です。

 
福井市内からも近く、無料で遊べるので、
子供とのお出かけにいかがでしょうか?
 

カピバラさんやナマケモノさんをみて、
癒されてください。
 

<足羽山のカフェ>

足羽山デッキのメニューや価格は?パンケーキがオススメのカフェ。

2018.11.22

足羽山のカフェ茶屋!ごはんcafe 森の音ってどんなお店?メニューや価格は?

2018.11.12
 
福井駅周辺の観光はこちら

福井駅周辺の観光地は?福井城址の「福の井」や美祈願所など

2017.07.13

西山公園のレッサーパンダはこちら

西山公園のレッサーパンダ!気分転換、癒されたい方におすすめのスポット!

2016.05.27
 
いかがでしたか?
今回は「ハピジャン」をしらべてみました。
お出かけの参考になればと思います。

スポンサード リンク

オニオオハシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です