【三床山を石生谷トンネルコースから登る方法】登山口や駐車場はどこ?

石生谷トンネルコース

山頂からパノラマ絶景を楽しめる三床山。

子供から年配の方まで多くの人が登る人気の山です。

「三床山はどこから登ればいいのでしょう?」

いくつかの登り口がありますが、ここでは定番の石生谷トンネルコースから登る方法を紹介します。

三床山はどんな山?

三床山の山頂

三床山(みとこやま)は、鯖江市にある山です。

三床山は、御床山、御床ケ岳とも呼ばれます。

頂上には、南北朝時代に山城が築かれていたと考えられています。

三床山は、1時間かからずに登れる山で、天気のいい休みの日には多くの人が登ります。

三床山は、頂上からのパノラマ眺望がいい山なので、天気の良い日には登る方が多いです。

300m以下の山なので、ハイキング感覚で登れる人気の低山です。

三床山の標高は279m

三床山の登り方

三床山

三床山の登山口は6つあります。

 
一番早く登れるのは、石生谷林道コースです。

三床山の山頂までかかる時間は、石生谷林道コースで約45分〜です。

漆原コース以外は、それほど時間は変わらず山頂まで50-60分ほどで登れます。

体力のある方なら、速めのペースで山頂まで30分ぐらいで登れるかもしれません。

登り1時間、のんびり休憩して往復で2時間半ほどみておくといいです。

三床山の登山道は整備されていますので、家族で子供と登ることもできます。

ただし、普段、運動不足の方にはきついかもしれませんので、休みながらゆっくり登ってください。

石生谷トンネルコースの駐車場

石生谷トンネルコース

石生谷トンネルコース登山口は、石生谷トンネルの近くにあります。

車は、入口脇と少し下の駐車場や公民館に駐車することができます。

石生谷の駐車場

登山口近くの駐車場は、土日はいっぱいの時がありますので注意してください。

公民館の駐車場が車を止めれる台数が多いです。

石生谷トンネルコースの登山口

石生谷トンネルコースの登山口

入口には木の柵があり、開けて入山します。

しばらくは舗装された道を登っていきます。

舗装路を登ると、舗装が切れて、登山道ができてきます。

舗装が切れて、登山道が出現

ここから本格的な登山道になります。

石生谷トンネルコースの登山道

漆原コースとの合流

登山道に入るとすぐに、漆原コースとの合流があります。

向かって右側の山頂の方へ向かいます。

漆原コースとの合流から山頂まで登り45分です。

尾根伝いに登山道が続きます。

登山道

緩やかで整備された登山道が続きます。

登山道は整備されていましたので、迷うことはないです。

石生谷林道コースとの合流地点

合流点

石生谷林道コースとの合流地点に案内板があり、近くにベンチもあります。

合流地点を越えたあたりで、半分ぐらいです。

林道との合流点から山頂までは900mです。

合流点を超えると出てくるのが、堀切の案内板です。

堀切は、人口の溝跡で、敵の侵入を防ぐ構造です。

その先は、紅葉の多いエリアがあり、尾根伝いに登ります。

山頂の手前には、佐々生合コースの合流点が出てきます。

合流点

最後の登りを登り切ると山頂です。

山頂部分は郭群になっています。

山頂付近

人工的に作られた平坦な広場が山頂です。

三床山の山頂

三床山の山頂

山頂は、広場になっていて、神社、案内板や三角点があります。

三床山の三等三角点は279.80m

三等三角点は279.80m

山頂には、ベンチもあり眺めを楽しめます。

一番奥にふるさと百景の案内があり、眺めのいい場所です。

山頂の景色

青空が広がっていると、キレイばパノラマ風景を眺めることができます。

その先を少し下ると癒しの展望所があります。

癒しの展望所

癒しの展望所

癒しの展望所は、ベンチもあり、眺めがいいポイント。

越知山や六所山などが見え、佐々生地区の史跡案内があります。

癒しの展望所から山頂は近いので、ここで休憩するのもいいです。

ここから下ると和田コース、西大井コースの登山口につながります。

三床山の石生谷トンネルコースの感想

石生谷トンネルコース

石生谷トンネルコースの登り口はトンネル手間(鯖江側)にあります。

登山口には、案内板があり、木のゲートがあります。

午後14:00ぐらいでしたが、これから登り始める人と戻ってきた方がいました。

石生谷トンネルルートは、定番コースで多くの人が利用します。

石生谷トンネルコースの登山道

緩やかなコースで、登山道も整備されているので、安心感があります。

山頂までは、標準スピードで50分です。

距離は、尾根歩きが中心で、登山道は整備されているので登りやすいです。

石生谷トンネルコースは、子供と一緒に家族で登る方も多く、ハイキング感覚で登れます。

子供と登るなら、林道を通る石生谷林道コースや定番の石生谷コースがいいかもしれません。

石生谷トンネルコースから登って、石生谷林道コースへ降りてくるのもいいです。

石生谷コースは、登山道も整備され、登る人が多めなので、安心感があると思います。

クマ対策、熱中症対策をして、飲み物、行動食を持っていくといいです。

標高は低めなので、ファミリーで楽しめますが、十分注意してください。

近年、いろいろなところで熊が出没していますので、クマ対策も行って登ってください。

三床山のアクセス

三床山の登山口は6つあります。

 
定番のコースは「石生谷コース」です。
 

福井の低山の記事はこちら

福井県の低山

福井県にある500m以下の低山はどこ?【子供、家族でのハイキングに】

2020.04.02

文殊山こちら

福井県の文殊山登山コースは?かかる時間は?

2017.06.18

今回は、鯖江市の「三床山」へ行ってみました。
気分転換に山にハイキングに行きたい方におすすめです。

スポンサード リンク