越前町の大谷の薬水!福井のおいしい水シリーズ

大谷の薬水

越前町に、美味しい水があるのを知っていますか?
 
福井県は水がおいしい所が多いですが、越前町には「大谷の薬水」があります。

  • 大谷の薬水はどんなところなの?
  • どこにあるの?
  • 感想はどうだった?

今回は、越前町にあるおいしい水「大谷の薬水」を調べてみました。

タップできる目次

大谷の薬水

大谷の薬水の場所

大谷の薬水は、福井県越前町大谷にあります。

越前町の大谷と呼ばれる地域にあり、鯖江市と宮崎村の間(県道104号線)に位置しています。

現在も水が湧き出ていて、福井の美味しい水に選ばれています。
 
近くには、「蝉丸の墓」や桜で有名な「陶の谷駅跡」があります。

どんな水なの?

大谷の薬水の看板

大谷の薬水は、古くから使われていた湧水です。

大谷の薬水:おおたにのくすりみず

名前の由来は、古くから怪我や病気が治るとして地域住民の薬代りに使用されていたことからきています。
 
大谷の薬水は、田んぼ道の山の脇にあり、現在も水が湧き出ています。

大谷の薬水は、「ふくいのおいしい水」に認定されている水です。
(福井県には美味しい水が、35か所あります。)

水の成分は?

大谷の薬水の案内板

案内板の説明書きによると、マグネシウムやカルシウムなどのイオンを含む鉱泉。
 
集落の人々に語り継がれてきた名水です。
 
大谷の薬水の水は、現在は蛇口から出ています。

大谷の薬水の水場

蛇口をひねると水が出てきて、横に柄杓もあります。

蛇口をひねると、きれいな水が流れ出てきます。
蛇口から出るので、容器に入れやすいです。

大谷の薬水には、「ふくいのおいしい水」の案内板があります。

大谷の薬水の看板

平成18年に、おいしい水に認定。
 
現在、福井県には、おいしい水と認定された水が35か所あります。(2019年8月現在)

大谷の薬水の味は?

大谷の薬水

まず、水道水とは違い、クセがなく優しい味です。

塩素感はもちろんなく、味はしません
 
大谷の薬水は、蛇口から出るので、今まで訪れた福井のおいしい水とは雰囲気が違います。

逆に、湧き水が蛇口から出るのは新鮮でした^^
 
水は、マグネシウムやカルシウムなどのイオンを含む鉱泉。
 
特別な味の違いは、分かりませんでしたが、歴史のある水です。

まとめ

大谷の薬水のお地蔵さん

今回は越前町にある、「大谷の薬水」の水を調べてみました。
 
越前町は、海のイメージが強く、湧き水のイメージは少ないですが「大谷の薬水」があります。
 
道路沿いには、「大谷の薬水」の大きな看板もありました。
 

薬水という名前なので、身体によさそうなイメージが持てる水です。
 
<大谷の薬水の注意点>
・前の細い道は、すれ違えないので注意してください。
・大きい道から歩いて行った方がいいです。
・水場を汚さないようにしてください。
・ゆずりあって使用してください。
・きれいな容器に入れて、長期の保管は避けた方がいいです。

ふくいの美味しい水に選ばれた、名水「大谷の薬水」を味わってみてはいかがでしょうか?

大谷の薬水のアクセス

大谷の薬水の地図

大谷の薬水
住所福井県丹生郡越前町大谷

「憩いの家 陶寿園」の近くです。
 
福井県には、いくつかのおいしい水がありますので、ぜひ味わってみてください。
 
鯖江市のおいしい水


 
越前市の美味しい水はこちら

福井県のおいしい水

今回は、「大谷の薬水」をしらべしました。

機会がありましましたら訪れて水を飲んでみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次