越前市の治左川の梅花藻(バイガモ)トミヨも有名な場所。

<福井しらべ>

越前市の治左川をしらべてみた

 
福井県越前市にある治左川を知っていますか?
 

治左川(ちさがわ)は、
福井県越前市上真柄町にあるキレイな川。

治左川

ただ、水がきれいなだけではなく、珍しい特徴のある川です。
 

治左川は、トミヨがいて、バイガモが咲く川として有名な場所。

治左川
 
まずは、治左川の場所から紹介します。

<治左川の地図>

場所:越前市上真柄町44

武生インターから、5〜10分ほどです。

ただ、治左川の場所は分かりにくいので注意が必要。
 

バイガモが咲く川への行き方は、武生インター沿いの県道262号線から東運動公園の方へ進みます。

東運動公園の近くには、道路脇にこのような看板があります。(左側)

治左川

水色の看板を見落とさないように注意してください。

治左川付近は、狭い路地なので注意してください。
 大きな通りから中に入るので、場所は分かりにくいです。

 

治左川の魅力は?

治左川には、3つの特徴があります。
 
<一つ目>

トミヨがいます。
水温の低い清水に住む、
トゲウオ科の淡水魚「トミヨ」の生息地です。

トミヨは、全長5~6cmほどの小さな魚。

現在、トミヨは、絶滅危惧種、絶滅の恐れのある地域個体群などとして、環境省のレッドリストに指定されています。
 
トミヨは、横の水槽で育てられていました。

トミヨの水槽

水槽をのぞくとトミヨ発見!

トミヨ

トミヨは、細長い魚です。
(2匹写っています)

 
川では、サワガニを見つけました。

サワガニ

サワガニがいるのは、水がキレイな証拠です。

生き物は採らないでください。

 
<二つ目>

おいしい水が飲めます。

治左川井戸は、ふくいのおいしい水にも認定されています。
 (ふくいのおいしい水は現在35箇所あります)

バイガモ

治左川へ水汲みに来られる方もいますし、地域の方が利用しています。

 
<三つ目>

梅花藻(バイカモ)が咲ます。

治左川では、6月下旬~8月末頃には、
梅の花に似た梅花藻(バイカモ)の花が咲きます。

冷涼で流れのある清流中に生育し、
このようなキレイな花が水面から顔を出します。

バイガモは、静水や水槽では生育が困難で生息地は限られます。

開花のタイミングが合えば、水面に咲く白い花を楽しめます。

バイガモは、
滋賀県の醒ヶ井が有名ですが、
越前市の治左川でもこのように間近で見ることができます。

治左川の川幅は広くはありません。
 (2mちょっと、バイガモが咲くのは約100mの区間)

バイガモの咲く川

 

梅花藻(バイカモ)の花を楽しむなら、7月上旬~8月上頃に訪れるのがいいです。

ばいがも

バイカモは、梅の花に似た小さなかわいい花です。

 
梅花藻(バイカモ)の頃の動画はこちら。

川の水は非常に冷たいです。
長時間手をつけれないくらい冷たい水です。

ぜひ、福井のおいしい水も味わってみてください。
 

<まとめ>

バイカモ (梅花藻)は、キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草の水草。

日本固有種で現在は分布域も限られ、都道府県別レッドデータブックでは、絶滅危惧種に指定されているバイカモ。
 

そんなバイガモがある「治左川」は自然が豊かな川。

治左川は、
熱心な保護活動で、川が守られています。

グリーンの水草にプカプカ浮いているような、キレイな白い花を楽しんでください。

 
近くには、万葉の里もあります。
 (車で5分ほど)

万葉集にもかかわりが深い、味真野地区にある「万葉の里」では、睡蓮やハスがみれます。

福井県でスイレンがみれる越前 万葉の里味真野苑へ行ってみた。

2017.07.05

福井県の味真野地区が令和で盛り上がる!?どんな観光場所があるの?

2019.04.12

 
その他の越前市の観光名所はこちら

越前市の歩き方!福井県武生の観光名所・食べ物を調べてみた。

2018.06.14
 
いかがでしたか?
今回は、越前市の「治左川」を調べてみました。
近くに来た際には、立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です