福井県の恐竜博物館はどんな所なの?

恐竜博物館の恐竜

福井県の人気観光地といえば、福井県立恐竜博物館。

人気が高い観光地の「恐竜博物館」
 
「恐竜博物館はどんなところなの?」

「見どころはどこなの?」
 
勝山にある「福井県立恐竜博物館」を調べてみました。

福井県立恐竜博物館

恐竜博物館
恐竜博物館は、ウイルス感染対策として、2021年9月30日(木)まで臨時休館。
現在、恐竜博物館の入館は予約制になっています。

公式ページで確認してください。
https://www.dinosaur.pref.fukui.jp/
 

福井県の勝山市にある、卵のような形をした建物が恐竜博物館です。

「福井県立恐竜博物館」は、カナダのロイヤル・ティレル古生物学博物館、中国の自貢恐竜博物館と並ぶ、世界三大恐竜博物館です。

県外からも多くの人が訪れる、人気の福井の観光スポット。

恐竜博物館は、恐竜が好きな人はもちろんですが、そうでない方でも楽しめる場所です。

恐竜博物館のアクセス

福井県立恐竜博物館

福井県勝山市村岡町寺尾51−11

勝山ICより車で約10分

えちぜん鉄道勝山駅からバスで15分

営業時間:9:00 ~ 17:00
 (入館は午後4時30分まで)

定休日:第2・4水曜日
  「2018年12月31日・2019年1月1日は休館」

常設展観覧料
・大人:720円
・高・大学生:410円
・小・中学生:260円

駐車場があります(無料)

恐竜博物館への車でのアクセスは、中部縦貫自動車道の利用がいいです。

福井北から勝山インター区間は無料です。

中部縦貫自動車道

中部縦貫自動車道「永平寺大野道路」の金額は?無料?

2018.04.09

福井県立恐竜博物館はどんな所なの?

福井県立恐竜博物館

福井県立恐竜博物館は、恐竜に関することを学習できる国内最大級の博物館。

たくさんの恐竜の化石が展示されています。

館内写真撮影OKでした。(フラッシュ、三脚禁止)

館内はどんな感じなの?

恐竜博物館の館内

中央のエレベーターを下って、展示スペースへと入っていきます。

館内は、白を基調として、近未来的な雰囲気もあります。

エレベーターを下った通路

エレベーターを降りて、通路を抜けると、タイムスリップして恐竜時代に突入します。
 
地下に下ると、いきなり恐竜が出現しました!

恐竜博物館の動く恐竜

入口の恐竜は、動くだけでなく、ほえます。
 
すごくリアルな動きをします。

リアルな恐竜にびっくりして、泣き出してしまう子供もいるので注意してください。

恐竜に食べられないように注意してください^^;

館内には、さまざまな展示があり、骨格標本もたくさんありました。

複製のものが多いですが、ほとんどが本物の化石という標本もあります。

 
<人気の撮影スポット>

入口の恐竜

恐竜博士との撮影は定番です。

恐竜博士のモチーフはフクイラプトルです。

恐竜博士は、入口右側にある丘の上(博物館の屋上)にもいます。

恐竜博士

丘に登る必要はありますが、高台で見晴らしのいい場所です。
 

館内には、全体を上から見られる撮影場所があります。

館内の撮影スポット

全体を見渡せる場所で、撮影ポイントになっています。
 

撮影の定番は、動く恐竜の前です。

動く恐竜は2体あります。

恐竜博物館の動く恐竜

フクイラプトルも動きます。

タイミングを見計らって、いい写真を撮ってください。

ダイノラボ

化石の模型

ダイノラボには、ティラノサウルスの全身骨格があります。(2階と3階にまたがって展示)

骨格を間近に見られるので、ダイノラボは迫力があります。

カフェ&レストラン ディノのメニュー

カフェ&レストラン ディノ

恐竜博物館のカフェ&レストラン 「ディノ」
 
ディノには、オムライス、カレー、パスタ、ハンバーガーなどがあります。

恐竜の形をしていたり、足跡があったり、恐竜をイメージしたメニューがあり、見た目も楽しめます。
 

福井のご当地メニュのソースかつ丼、おろしそばもあります。

<参考価格>

  • 恐竜バーガーセット:1050円
  • おろしそば:680円
  • ソースカツ丼セット:1150円

記載の価格は変更になることがあります。

※特別展が行われている時は、限定メニューもある時があります。

お昼の時間は、混み合いますので注意してください。

ミュージアムショップ

お土産ショップ

館内には、ミュージアムショップ(お土産ショップ)もあります。

ミュージアムショップは、3階にあります。

お土産

恐竜のペーパークラフト骨格などもありました。

お菓子系もいろいろ種類があります。

羽二重もちなど福井ならではのものもありますので、いろいろチェックしてください。

館内は禁煙ですが、喫煙所は建物の外の入口右方向にあります。

かつやまディーノパーク

かつやまディーノパークは、森の中にある屋外展示場。

恐竜ゾーン・昆虫ゾーンがあり、それぞれ入場料が必要です。

恐竜が森の中にいて、ジュラッシックパークのような感じです。
 
かつやまディーノパーク

  • 営業時間 9:00~16:30(最終入場16:00)
  • 休業日:第2・第4 水曜日(夏休みは営業)
  • 料金:600円(3歳から)
かつやまディーノパークは、冬季は休業です。(11月下旬~4月頃)

まとめ

恐竜博物館は、ウイルス感染対策として、2021年9月30日(木)まで臨時休館。
今後も延長になることもあります。現在、入館は予約制になっています。

今回は勝山市にある、「福井県立恐竜博物館」を調べてみました。
 
恐竜博物館は、子供から大人まで幅広く楽しめる博物館です。

見るだけでは満足できない方は、発掘体験もあります。
 

発掘は2つのコースがありますので、興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか?
 (予約が必要です。)

 
かつやま恐竜の森公園
<どきどき恐竜発掘ランド>

恐竜博物館の隣にある、発掘体験場で行います。

発掘体験に使う石は、実際の発掘現場から運ばれてきた石を割ります。

運がよければ、珍しい化石を発見できるかも。

発掘体験は、予約が必要です。(冬場は行われていません。)

一般:1030円
小・中学生:520円

 
<野外恐竜博物館>

野外に化石の発掘できる場所があり、発掘体験もできます。

恐竜博物館発の専用バスで行くツアー形式(片道30分)です。

恐竜化石発掘体験は予約制(冬場は行われていません。)

一般:1200円
小・中学生:600円
 

博物館以外にも、屋外展示場、発掘体験、遊具などいろいろな見所があります。

恐竜博物館で日常を離れて、タイムスリップ気分を味わってみてはいかがでしょうか?

世界最大級の恐竜の博物館。
福井県立恐竜博物館を楽しんでください。

勝山の観光はこちら

勝山市の観光スポット

【勝山市の観光名所7選+レアなスポット】おすすめ&見どころ特集!

2018.04.03

【勝山市の平泉寺白山神社】穴場の観光スポットで外国人にもオススメ!

2017.05.19

勝山のレトロなカフェ

えち鉄カフェの看板

えちぜん鉄道のカフェ勝山駅へ行ってみた!メニューや価格は?

2018.11.19
 
いかがでしたか?
今回は「福井県立恐竜博物館」をしらべてみました。
お出かけ時の参考になればと思います。

スポンサード リンク