道の駅 恐竜渓谷かつやまは何があるの?飲食メニューは?

道の駅 恐竜渓谷かつやま

2020年6月に「道の駅 恐竜渓谷かつやま」がオープンしました。

福井県内16番目の道の駅として誕生した道の駅 かつやま。
 
「道の駅 恐竜渓谷かつやまがどんな所なのか?」を調べてきました。

道の駅 恐竜渓谷かつやま

道の駅 恐竜渓谷かつやまの外観

道の駅 恐竜渓谷かつやまは、中部縦貫自動車道の勝山インターから勝山市内へ向かう道の途中にあります。

九頭竜川を渡ったすぐの所にあります。

恐竜渓谷かつやまの看板

恐竜が描かれた看板と道路脇には恐竜もいます。

道路脇の恐竜

この恐竜は、福井お馴染みのフクイラプトルです。

肉食恐竜で2000年に新種と確認されて、フクイラプトルという名前が付いています。

恐竜博物館にも展示されています。

道路脇にあるので、目につきます。

この恐竜は、ただのモニュメントではありません。

恐竜は滑り台になっています。

恐竜の滑り台

滑り台は、ドライブ時の子供気分転換にオススメです。

滑り台

滑り台は、意外と急で高さがあります。

滑り台の対象年齢は、3歳から12歳です。

道の駅 恐竜渓谷かつやまは何があるの?

九頭竜テラス

道の駅 恐竜渓谷かつやまには、お土産などが購入できるショップと軽食があります。

FOODコーナーは、九頭竜terrace(九頭竜テラス)という名前です。

メニューはハンバーガーやソフトクリーム、ラテ、かき氷など。

九頭竜テラス

参考メニュー(一部メニュー)

  • ラプトルバーガー 若狭牛メンチ勝:1000円
  • ラプトルバーガー ワイルドチキン勝:600円
  • ラプトルバーガー SABAバーガー:500円
  • ラプドルチキン:500円
  • ラブリー牧場ミルクソフト
  • 水ようかんソフト

 
変わったメニューは、若狭牛メンチ勝、里芋のフライドポテトや水ようかんラテです。

今回、食べたのは「ラプトルバーガー ワイルドチキン勝(600円)」です。

ワイルドチキン勝

ラプトルバーガーは、バンズが恐竜っぽい形をしていました。

ご飯ものや定食などはないので注意してください。

おみやげ屋さんには、弁当などもありましたので、購入して食べるのもいいかもしれません。

福井の名物土産をおみやげ屋さんで販売しています。

お土産物屋さん

ここには、「はや川のくるみ羽二重」も売っていました。

はや川のくるみ羽二重は、お土産にもオススメの人気商品です。

道の駅 恐竜渓谷かつやまには、地元の野菜などもたくさん置いてあるので、何かいい食材が見つかるかもしれません。

道の駅 恐竜渓谷かつやまの感想

恐竜渓谷かつやま

基本的には、通常の道の駅と同じような感じで、お土産物屋さん、軽食、トイレといった設備の整っている道の駅です。

駐車場は広めでした。(100台ほど駐車可能)

道の駅 恐竜渓谷かつやまの目玉は、恐竜の街の勝山らしく恐竜がいることです。

ただの恐竜ではなく、滑り台になっているのは面白かったです。

道の駅の奥からは外に出ることができて、水路と小さな噴水、ベンチがいくつかあるので、休憩することもできます。

店内にもテーブルなどがあります。

道の駅 恐竜渓谷かつやまの中

九頭竜川沿いの道の駅で、ドライブ中のリフレッシュ休憩を取るのもいいかもしれません。

お土産ショップは、商品数やオリジナル商品は多めなので、見てるだけでも面白いです。

道の駅 恐竜渓谷かつやまのアクセス

道の駅 恐竜渓谷かつやま
住所 福井県勝山市荒土町松ヶ崎1−17
営業時間 ショップ/9:00~17:00 レストラン/11:00~15:00
定休日 火曜日

 
勝山の観光スポットはこちら

勝山市の観光スポット

【勝山市の観光スポット7選+レアな場所】おすすめ&見どころ特集!

2018.04.03

今回は、「道の駅 恐竜渓谷かつやま」へ行ってみました。
恐竜博物館や勝山方面へのドライブ時に立ち寄るのも良さそうです。

スポンサード リンク