鯖江のめがねミュージアムはどんな場所?駐車場やカフェはあるの?

めがねミュージアム

<福井しらべ>
 
鯖江めがねミュージアムの来場者が100万人突破したらしいよ!

めがねミュージアム

 
「鯖江のめがねミュージアムを知ってますか?」
 

鯖江といえば、「めがね」が有名。

芸能人でも鯖江のめがねを愛用している方も多いです。
 

福井県鯖江市は、「世界三大眼鏡生産地」のひとつ。

世界三大眼鏡生産地は、鯖江、イタリア、中国

鯖江は、日本のメガネフレーム生産90%以上のシェアを誇っています。
 

その眼鏡の産地・鯖江にあるのが、「めがねミュージアム」

100万人突破

めがねの聖地といわれる鯖江にある「めがねミュージアム」は、2019年5月に来場者が100万人突破しました!
 

そのめがねミュージアムは、めがねづくりの歴史が学べ、めがねの販売も行っていて、メガネ好きにはたまらない人気の場所となっています。

 
今回は、鯖江市にある、「めがねミュージアム」をしらべてみましたので、お出かけの参考になればと思います。

めがねミュージアムはどんな所?

めがねミュージアムは、JR鯖江駅裏にあります。
 (鯖江駅から徒歩10分ほど)

めがねミュージアムの外観

めがねミュージアムは高い建物で、上に大きな赤いメガネマークがついています。
 

館内に入った入口横には、鯖江のメガネの説明には欠かせない「増永五左衛門」の銅像があります。

増永五左衛門(1871年~1938年)

増永五左衛門

増永五左衛門がメガネ作りを始め、眼鏡産業の創始者です。

めがね作りの始まりは、農家の副業です。
(農作業ができない冬期間の仕事としてスタート)
 

メガネの歴史は、めがね博物館に行けば詳しく解説しています。

 
<めがね博物館>

めがね博物館

めがねミュージアムのメインとなるのは1Fの奥にある博物館です。

福井県鯖江市のめがねづくりが始まった、約100年前の生産現場風景を再現じ、めがね作りの歴史に触れることが出来ます。

貴重な資料や珍しいめがねの展示があり、大村崑が集めた有名人めがねコレクションが見れます。

大村崑が集めた有名人めがねコレクション

多くの方が興味を持つのは、有名人のメガネです。

有名人のめがね

さて、こちらのメガネは誰のメガネでしょう?

ぜひ、めがねミュージアムへ行ってチェックしてみてください。
 

ちなみに、一番手前の下のメガネは「石原裕次郎」です。
 

めがねミュージアムは入館無料なので、のぞいてみてください。
 

めがねミュージアム自体は、それほど大きくはありませんが、眼鏡の歴史と各時代の眼鏡、眼鏡を作るため工程や工具が展示してあります。
 

鯖江で農業の副業で始まったメガネが、
世界的産地になったことに驚きです。
 

また、めがねのイベント「めがねフェス」は毎年6月に行われます。

2019年は6月8日~9日に行われます。
 ※6/8 スペシャルライブは「つじあやの」さんです。
 

めがねミュージアムでは、期間限定展示で企画展が行われることもあります。
 

【鯖江めがねミュージアムにあるもの】

 
<Sabae Sweets>

Sabae Sweets

めがね会館正面入口にあるSabae Sweetsは、お土産やスイーツなどを販売しています。

 
館内入口の天井にぶら下がっている2つのメガネのオブジェ。

大きくてインパクトがあるオブジェです。

めがねのオブジェ

拡大するとこのようになっています。

めがねのオブジェを拡大

メガネフレームのオブジェです。
 

壁際には、メガネの洗浄機もありました。

メガネ洗浄機

 
<MUSEUM CAFE>

2Fには、カフェがあります。

カフェ

階段を上がった2階にあり、コーヒーやケーキを楽しめます。
(ランチあり 11:30~13:00)

白が基調のモダンな感じのお店です。
コーヒー:400円
 

館内の奥側

めがねミュージアム

館内の奥に、メガネショップ、めがね博物館があります。

館内の雰囲気

<メガネショップ>

メガネショップ

福井県内のメガネの最新モデルを3000本以上展示販売。
鯖江メガネを購入したい方はぜひ!

メガネショップは撮影禁止です。

 

<体験工房>

SABAEのめがねづくりを体感できます。

「めがね手作り教室」があり、世界に一つのオリジナルめがねを学びながら手作りできます
(要予約 18900円〜)

「めがね型ストラップ作り体験」
めがねストラップ作りができます。

めがねストラップ

料金:500円 体験製作には1時間ほどかかります。

子供にも人気です。
(小学校高学年〜)

 

<眼鏡供養>

眼鏡供養

眼鏡供養は外にあります。

めがねフェスでは、めがね供養のセレモニーがあります。

 

<まとめ>

 
今回は鯖江市にある、「めがねミュージアム」を調べてみました。

 
鯖江のメガネの知名度は大きく、県外の方も鯖江のメガネを知っている人は多く、愛用している方もたくさんいます。
 

鯖江には、メガネを作っている所が多く、数百ものめがね企業が、産地内分業で生産。
 

ここでは実際に、めがねを作っている所を見ることはできませんが、このようなミュージアムを訪れることで、めがねのことを詳しく知ることができます。
 

めがねミュージアム併設のショップでは、鯖江産メガネの新製品もありますので、メガネが好きな方、興味がある方は訪れてみてください。

めがねの聖地、
めがねのまち鯖江でメガネを楽しんでみてはいかがでしょうか?
 

<めがねミュージアムのアクセス>

めがねミュージアムの地図

めがねミュージアム

住所:福井県鯖江市新横江2丁目3−4

営業時間
10:00~17:00

定休日
年末年始

北陸自動車道鯖江ICより車で約10分
鯖江駅から徒歩10分

駐車場あり(無料)

 
鯖江に関する情報はこちら

JR鯖江駅周辺の駐車場はどこがオススメ?料金が安いのはどこ?

2018.07.31

子供が遊べる鯖江市冒険の森「パンダらんど」西山公園の遊具広場。

2018.09.02
 
いかがでしたか?
今回は「めがねミュージアム」をしらべてみました。
鯖江の立ち寄りスポットの参考になればと思います。

スポンサード リンク

めがねミュージアム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です