福井県の鉄道の聖地「JR新疋田駅」はどんな場所?鳩原ループって何?

新疋田駅

<福井しらべ>

「鳩原ループ」と聞いて、
ピン!と来る方は、鉄道マニアなのかも知れません。

JR北陸線「新疋田駅」

 
福井の鉄道の聖地「新疋田駅」を知っていますか?
 

JR北陸線の駅
新疋田:しんひきだ

新疋田は、
列車を狙う好撮影地として、
全国の鉄道ファンが集って来る聖地とも呼べる場所です。

新疋田は、ログハウス風の駅舎です。

(ホームからの撮影)
新疋田:

駅の中には、たくさんの電車の写真が飾られています。

鉄道の聖地っぽい感じです。
新疋田駅

JR北陸線で、福井県最初の駅が新疋田駅。

<駅番号>
北陸本線がJR-A02
湖西線がJR-B09

新疋田駅は無人駅です。

その前の駅は、近江塩津(滋賀県)です。

次の駅は、敦賀(福井県)
 

鳩原ループ線

 

上り線のこの先には、
珍しいループ(鳩原ループ線)があります。
 
鳩原(はつはら)と読みます。

このようなループです。

ループ線

ループ線は珍しく、鳩原ループは日本でも有名なループ線の一つです。
 
勾配があるため、地図の線路のように山を一周していきます。
 ※ループ線があるのは、上り線のみです。
 

ループは、山の中を通るため、大部分がトンネルになっています。
 

敦賀を越えて回りこみ始めます。

敦賀を越えたあと

下の線路は下り線です。
 (下り線を交差します)
 

ここからトンネルに入り回り込んでいきます。

(あきらかに大きく回り込んでくるので、注意してみていると分かります。)

トンネルを出ると、一度越えたはずの敦賀が見えてきます。

敦賀の景色

さらに進むと回り込みながら、下り線と並走するようになります。

下り線

このような形で山を1周します。
 

車窓を見ていると、越えたはずの敦賀が、もう一度見渡せるという、不思議な感覚を体験できます。

ループを越えたあとの駅は「新疋田駅」になります。
 

新疋田駅

 
新疋田駅のホームは長く、カーブを描いています。

駅のホーム

線路のカーブが絶妙で、車両全体を収めやすいです。

 

近江塩津方面を下り線ホームから撮影。

深坂トンネルが2つ口をあけています。

深坂トンネル

ホームから動画を撮ってみました。
 (しらさぎのすれ違いを動画撮影)

深坂トンネルで、しらさぎ同士のすれ違い動画です。
 

新疋田駅では、三脚を使用した撮影は禁止です。

 

JR新疋田駅へのアクセス

 

JR新疋田駅

福井県敦賀市疋田70-8

<交通アクセス>

<車の場合>
北陸自動車道敦賀ICから車で15分
 国道161号沿い

 

 

<新疋田駅を訪れた感想>

新疋田駅は、電車が来る時間以外はとても静かな駅です。
 

訪れた時も電車が来る時間ではないため、誰もいなくてひっそりしていました。

 
電車が来るまでは、駅には多くの鉄道写真などを拝見していました。
 

そのJR新疋田駅は、住民の方が「愛発(あらち)駅」に改名を求めています。
 (もしかしたら、今後名前が変わるかもことがあるかも知れません。)
 

また、上り線の「鳩原ループ線」は非常に珍しく、電車が山を一周するという不思議なことが起きます。
 

鳩原ループ線に関しては、敦賀の赤レンガ倉庫にあるジオラマ館に行くと理解しやすいです。

ジオラマ

鳩原ループもジオラマで再現されていますし、鉄道も楽しめます。

ジオラマ館の電車

機会がありましたら、ジオラマ館も訪れてみてください。

 
鳩原ループは、ループ線を俯瞰する撮影ポイントもありますが、山に登る必要があります。

鉄塔の下が撮影ポイントですが、ここに行くのは、なかなか大変です。

 
<新疋田駅>
非日常度

 

<まとめ>

 
鉄道好きには有名な福井県の鉄道の聖地
「新疋田駅」

新疋田駅を訪れる鉄道ファンも多く、珍しい列車が走る時は賑わいます。

鉄道が好きな方にオススメです。

敦賀には他にも鉄道関連の場所がありますので、あわせて訪れてみてはいかがでしょうか?

 
<その他の鉄道関連スポット>

赤レンガ倉庫では、キハ28も展示しています。

敦賀赤レンガ倉庫は何があるの?ジオラマやキハ28も展示!

2018.06.10

敦賀鉄道資料館

見逃せない敦賀鉄道資料館!マンホールカードも入手できる旧敦賀港駅舎とは?

2018.04.10

ランプ小屋

ロマンある旧敦賀港駅のランプ小屋!中には何があるの?

2018.05.16

 
もしJRの電車の上り線で、敦賀を越えることがありましたら、ループ線を意識してみてください。

不自然な感覚に気づくかもしれません。

 
いかがでしたか?
今回は、「JR北陸線 新疋田駅」をしらべしました。
機会がありましましたら、足を運んでみてください。

スポンサード リンク