福井県の牛ノ谷駅はどんな駅なの?何があるの?

牛ノ谷駅

福井県で一番北にある牛ノ谷駅を知っていますか?

  • 牛ノ谷駅はどんな駅なの?
  • 何があるの?
  • ハピラインふくい 牛ノ谷駅の感想は?

今回は、あわら市にある「ハピラインふくい 牛ノ谷駅」を調べてみました。

タップできる目次

ハピラインふくい 牛ノ谷駅

牛ノ谷駅

牛ノ谷駅(うしのやえき)は、あわら市にあるハピラインふくいの駅です。

北陸新幹線の開業により、福井県内の敦賀駅区間までのJR路線が第三セクターへと移行し、現在は「ハピラインふくい」として運営されています。

牛ノ谷駅は、福井県最北の駅で無人駅です。

牛ノ谷の名前は、牛をつないでいた谷に由来しているそうです。
 
駅は、1918年に国鉄 北陸本線の細呂木駅-大聖寺駅間に熊坂信号所として開設し、2024年3月16日からハピラインふくいに。

次の駅は、石川県の大聖寺駅になります。

駅には何があるの?

JR牛ノ谷駅

駅舎には、自動販売機と、ICカード用の改札機があります。

駅舎の近くには、トイレが設置されています。

市街地から離れた山の中にあり、秘境駅とも言われますが、すぐ近くに民家もあり、駅舎の前を北陸自動車道が通っています。

駅周辺は、北陸自動車道を走る車の音が聞こえました。

駅前は、スペースがあり、駐車場になっています。

どんな駅なの?

牛ノ谷駅構内

牛ノ谷駅から乗車する時は、Suica、ICOCAなどのICカードが使えます。

上り列車側の線路にホームへの踏切があります。

電車が来ると遮断機が降りるので、ギリギリで乗車する場合はホームへ行けなくなる可能性があるので注意してください。

早めにホームで待ったほうがいいです。

ホームは、1面2線で、ゆるくカーブしている所に島式ホームがあります。

牛ノ谷駅のホーム

特急の通過を楽しむ事ができ、特急や貨物列車が通過する時は迫力があります。

ホーム部分はカーブになり、傾斜がついています。

列車の入線メロディーは、「エリーゼのために」と「村の鍛冶屋」

鉄道が好きな方にいいかもしれません。

牛ノ谷駅の場所

牛ノ谷駅は、あわら市の牛ノ谷にあります。

細呂木駅(福井県) – 牛ノ谷駅(福井県) – 大聖寺駅(石川県)
 
この先の牛ノ谷峠を越えると、石川県(加賀)になり、国道8号線が通っています。

駅から牛ノ谷の集落へ向かうと白山神社があります。
 
駅周辺には、お店などはなく、駅に自販機があるのみです。

牛ノ谷駅の感想

牛ノ谷駅

牛ノ谷駅は、北陸新幹線が開業して、第3セクターになりました。

ハピラインふくいは、北陸本線の福井県内部分~敦賀(営業上は大聖寺~敦賀)を引き継ぎます。

牛ノ谷駅

牛ノ谷駅は、のどかな駅ローカル駅で昭和の雰囲気が残ります。

ゆっくりした時間が流れていますが、高速道路が近いため、車の走行音が聞こえます。
 
牛ノ谷駅は、山の中にある駅で、冬はやや雪が多め。

細呂木や牛ノ谷は電車の撮影ポイントもあるので、電車が好きな方に、おすすめです。

牛ノ谷駅
住所福井県あわら市牛ノ谷

あわらの記事はこちら↓

鉄道の記事↓

今回は、あわら市の「牛ノ谷駅」へ行ってみました。

電車が好きな方は、楽しめる場所かもしれません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次