福井の越前海岸でセイコ丼が食べれるお店【2023年】予約なしでもOK

福井の冬の味覚といえば越前がに。

越前でとれるズワイガニは、型も良く、身もしっかり詰まっていて美味しいと評判。

越前がに(ズワイガニ)は有名ですが、メスのせいこがにを使用したセイコ丼は密かに人気です。

今回は、セイコ丼を味わえる越前海岸のスポットを紹介します。

タップできる目次

せいこがに

セイコガニ

越前ガニには、オスのズワイガニとせいこがに(セコガニ)があります。

オスをズワイガニといい、メスをせいこがにと呼びます。

ズワイガニはとても大きく、メスは小さいです。
メスの甲羅の大きさは、オスの半分以下。

明らかに大きさが違うので、見ればすぐに分かります。

ズワイガニは、大きくて、1匹30,000円以上ということもザラです。

越前ガニには、極みと呼ばれる特上のかにもあります。

ズワイガニの人気は高いですが、メスのせいこがにもファンが多いです。

特に、福井ではズワイガニよりもせいこがにを食べるという方が多いです。

セイコ丼とは?

セイコ丼

ズワイガニのメス(セイコガニ)を丼ぶりにしたのがせいこ丼です。

せいこがにのミソや身を分けて、丼として提供される地元ならでは食べ物。

福井人は「せいこがに」を丸ごと食べる方が多いですが、ズワイガニと違い小さいため、慣れていないと身を出しにくいです。

カニの身を出す手間を省き、食べやすい丼ぶりにしたのがセイコ丼です。

鮮度が必要なので、どこでも置いてあるわけではありません。

せいこがにが食べられるシーズン

せいこがに

せいこがには、いつでも食べることができるわけではありません。

なぜなら、越前ガニが獲れる時期は決まっており、漁期は毎年11月6日の解禁日から翌年の3月20日頃までと定められています。

メスのせいこがにについては資源保護のため、12月31日までの期間しか獲ることができません。

せいこがにを楽しむことができるのは、解禁後から年内までの期間です。

毎年11月6日が解禁日となり、その翌日ごろから食べることができるようになり、冬の味覚として期間限定で楽しむことができる贅沢な食材です。

セイコ丼の料金

セイコ丼はカニの価格によって変動します。(時価になっているお店が多いです。)

近年のセイコ丼の相場は、3500円-6000円が一般的ですが、カニが取れないシーズンなどは倍以上することもあります。

2022年はカニの価格高騰で、セイコ丼も通常の倍近くになっています。物価上昇に伴い2023年はさらに価格が上がることも考えられます。

近年、セイコ丼の価格は上昇しているので注意してください。

越前海岸でセイコ丼が食べれる店

カニ屋さん

越前海岸沿いには、セイコ丼が食べれるお店がいくつかあります。

まず、越前カニ(ズワイガニ)のコースを食べるには、基本的に予約が必要です。

セイコ丼は、お店によりますが予約でしか食べれないお店も多いです。

セイコ丼も予約しないと混雑して、待ち時間が長かったり、売り切れになることがあります。

基本的には、予約したほうがいいですが、予約なしでも食べることができるお店もあります。
(ただし、数量限定になっている場合も多いので注意してください)

記載の情報や価格は、カニの漁獲量によっても変わるため、最新の情報を確認してください。

魚屋の喰い処 まつ田

魚屋の喰い処 まつ田は、テレビに取り上げられることもある、有名なお店です。

セイコ丼は、まつ田せいこ丼というネーミングでお馴染みです。

2023年度は11月7日から販売開始。(9月1日から予約受付中)

2022年は、予約なしでも食べれる日もありましたが、2023年は不明です。(予約した方がいいです。)

せいこ丼は、カニの価格に左右されるので時価(価格が変動)します。

※過去の参考価格
まつ田せいこ丼(1日限定200食) 6,000円
 
人気店なので、「せいこ丼」の期間中は、平日・休日を問わず混み合います。

せいこ丼が有名になり、人気が高まっているため、予約をしないと厳しいかもしれません。

魚屋の喰い処 まつ田
住所福井県福井市蒲生町16−7−1
営業時間11:00-16:00

海の幸 食処 えちぜん

海の幸 食処 えちぜん

えちぜんは、1年を通して海の幸が楽しめるお店です。

海鮮料理などのランチを食べることができます。

特に、カニシーズンの土日は混み合いますので注意してください。
 
えちぜんには、セイコ丼もありますが、売り切れになることもあるため、事前に確認してください。

せいこ丼の価格はシーズンにより変動し、カニの漁獲量によっても変わるため店頭で確認してください。

えちぜんのせいこ丼の参考価格:4,950円(時価)
 
海鮮料理のメニューは公式サイトで確認してください。
https://kani-echizen.jp/seafood/

活越前がに料理は予約が必要です。当日予約は不可

海の幸 食処 えちぜん
住所福井県丹生郡越前町小樟3−81
営業時間10:30~17:30
定休日火曜日
電話番号0778-37-1020

道の駅 越前

道の駅 越前

道の駅 越前のレストランでは海鮮メニューを楽しめます。

お食事処 かねいちではランチや定食があり、1300円のフライ定食もありました。

お食事処 かねいち

期間限定メニューでセイコ丼があります。

セイコ丼の価格は変動し、品切れになることもありますので、最新の情報を確認してください。

道の駅 越前かねいちのせいこ丼の参考価格:5,500円(時価)
 
かねいちには、低価格の定食もあるので、定食もオススメです。

お昼は混み合うので注意してください。

お食事処 かねいち
住所福井県丹生郡越前町厨71−335−1
営業時間9:00~17:30
定休日火曜日

蕎麦カフェ Maruta屋

そばカフェMaruta屋の外観

蕎麦カフェ Maruta屋(まるたや)は、カフェですが、蕎麦やご飯メニューもあります。

冬はせいこ丼が登場します。

蕎麦カフェ Maruta屋のせいこ丼の参考価格:5,280円(時価)

※セイコガニを2杯使用しています。3杯使用したメニューもあります。

セイコ丼の価格は変動し、品切れになることもありますので、最新の情報を確認してください。

蕎麦カフェ Maruta屋
住所福井県丹生郡越前町梅浦114-92
営業時間11:00~日没
定休日月曜日・火曜日(祝日は営業)
電話番号0778-37-0731

蕎麦カフェ Maruta屋の詳しい記事はこちら

花のゆめ

花のゆめ

花のゆめは、呼鳥門のすぐ近くにあり、海鮮メニューを楽しめます。

海鮮丼などがありますが、冬はせいこ丼があります。

花のゆめのせいこ丼の参考価格:4,400円(時価)

セイコ丼の価格は変動し、品切れになることもありますので、最新の情報を確認してください。

混雑時は、ウェイティングリストに名前を書いて待ちます。

花のゆめ
住所福井県丹生郡越前町梨子ヶ平2−1
営業時間11:00~16:00
定休日不定休
電話番号0778-37-0511

花のゆめの詳細はこちらの記事を参考にしてください。

まとめ

せいこ丼

福井の冬といえば越前ガニです。

越前ガニは、毎年11月6日に解禁され、海岸沿いはカニの販売で賑わいます。

シーズン中は、多くの方がカニを求めて海岸へ来ます。
 

カニといえば大きなズワイガニが注目されますが、せいこがにはかなり美味しいです。

地元民に愛されるせいこがにを丼ぶりにしたセイコ丼は絶品です!

カニの身を剥く手間なく、美味しいカニを食べれます。

注意点として、メスのせいこがには、資源保護のため12月31日までしか獲ることが出来ません。

せいこがには期間限定で楽しめる、福井の冬の食材です。
 
セイコ丼は、行列ができたり順番待ちが発生したり、売り切れする可能性があるので基本的には予約をしたほうがいいです。

数量限定になっていることもあり、すぐに売り切れることもあるので注意してください。
 
ここで紹介したお店は、予約なしでも大丈夫でしたが、状況によって変更になる可能性もあるので注意してください。

機会がありましたら、セイコ丼を食べてみてください。
 

せいこがにを使用したパスタもあります。

越前海岸のカフェはこちら

今回は、越前海岸のセイコ丼を調べました。

お出かけ時の参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次