福井県の文殊山の胎内くぐりはどんなところ?

胎内くぐり

<福井しらべ>

文珠山の胎内くぐりをしらべてみた。

文殊山(もんじゅさん)は、標高365mの山で、越前五山(白山、日野山、越智山、吉野ケ岳、文殊山)に数えられている山。

400m以下の山で登りやすく、多くの登山者がいます。

頂上からは、福井市内が一望でき、眺めも良い山です。

その文珠山の奥の院(おくのいん)の手前には、胎内くぐりがあります。

文殊山にはいくつかの登り口がありますが、胎内くぐりに行くには、南井コース・四方谷コースが近いです。

二つの巨岩が寄り添いトンネルを作っており「胎内くぐり」と呼ばれています。

この岩を潜れば知恵も授かり、安産のご利益があるとされるが、邪心あるものが潜れば岩に挟まるとか吸い込まれると伝えられる。

邪心ある人は注意してください。

その岩を潜ると、知恵を頂けるというので、祭礼の日には参詣人が多いです。

挟まったかどうかは、終わりの動画で確認してください。

動画はこちら

いかがでしたか?
今回は、「越前五山 文珠山の胎内くぐり」をしらべてみました。

もし機会がありましたら、文殊山の胎内くぐりへ行ってみてください。

スポンサード リンク