大野市のイトヨの里はどんな場所?入場料は?マンホールカードはある?

イトヨの里

<福井しらべ>

イトヨという魚を知っていますか?

今となっては、レアな魚になった「いとよ」を大野市で見てきました。

本願清水イトヨの里

 
イトヨは、昔は多くの場所にいましたが、今では絶滅危惧種に指定され、国の天然記念物に指定されています。
 

絶滅の恐れがある貴重なイトヨを福井県で見ることができます!
 

その場所が、大野市の「本願清水イトヨの里」
 

ここでは、間近でイトヨを観察することができます。

 
今回は、大野市にある「本願清水イトヨの里」をしらべてみました。
 

本願清水イトヨの里の行き方

本願清水イトヨの里の地図

<本願清水イトヨの里>

住所:福井県大野市糸魚町8−44

開館時間:9:00~17:00

入館料:大人200円・小人50円

休館日:毎週月曜日、年末年始、国民の祝日の翌日

大野ICからイトヨの里までは、約10分

無料駐車場あり
 

イトヨの里の住所を見てみると、大野市糸魚町となっています。

糸魚町はイトヨチョウと呼ぶそうですよ。

いとよちょうにいるイトヨです。

 

本願清水イトヨの里は何があるの?

水路を囲むように建物が建っています。

この建物が本願清水イトヨの里です。

本願清水イトヨの里

本願清水イトヨの里では、天然記念物のイトヨが見られます。
 

まず、イトヨとはこのような魚です。

イトヨ

小さくて、トゲがある特徴的な魚。

なんかだか愛嬌のある顔をした魚です。

 
本願清水イトヨの里は、淡水型のイトヨを学べる学習施設です。

館内には、イトヨに関する展示が数多くあります。

イトヨの展示

本願清水イトヨの里の休憩場所では、おいしい地下水が飲めます。

水飲み場

館内の入り口には、わき水が湧き出ていて、備え付けの紙コップで頂きました。

 
大野市の水はどこで飲んでも美味しいです!
 

館内を奥に行くと、外の池の水中をガラス越しにみることができます。

館内のガラス

ここでは、水中を泳ぐイトヨを見ることができます。

外の清水の上からでも、いとよの魚影を確認できますが、ここからなら、イトヨの側面の形や動きを確認できます。
 

イトヨは、産卵期は色が変わります。
(春が産卵期です。)

イトヨ

オレンジ色の婚姻色。

館内では、映像などでイトヨの生態や歴史を学べます。

魚が好きな方にもオススメの場所です。

 

イトヨがいるのは、本願清水の近くです。

本願清水
本願清水(ほんがんしょうず)と読みます。
 
本願清水は、名水百選です。
(平成の名水百選になっていますが、きっと、令和でも名水百選になるでしょう)

マイルドで美味しい水です!

本願清水の水

常に、水が湧き出ています。
 

本願清水イトヨの里の館内に入らなくても、上からイトヨを見ることができます。
 

ただ、イトヨはすばしっこくて、なかなかじっくり見れないので、本願清水イトヨの里のガラスの所から見るのがいいです。
 

また、本願清水イトヨの里では、ザリガニ釣りも行なえますが、ザリガニ釣りは館内で受付をする必要があります。

ザリガニ釣りに挑戦してみたい方は、ぜひやってみてください。
 

本願清水イトヨの里を訪れた感想

 
本願清水イトヨの里は、大野の朝市通りからは少し離れた所にあります。

宝慶寺に向かう途中に、いとよ生息地の看板を見つけて立ち寄りました。
 

大野にイトヨがいるのは知っていましたが、実際に見るのは初めてで、小さくてすばしっこい魚です。

上からカメラで収めようとしましたが、なかなか難しかったです。

気配を消して、そーっと近づいて撮影しました。

イトヨ

水面から撮ったのはこのような感じです。

上からでは見にくいので、イトヨの里の館内でガラス越しに見た方がよく見えます。

入場料は200円かかりますが、生態なども学べます。

館内には、さかなクンのサインがあり、過去にここに講演に来ていたようですよ^^

かなり余談ですが、僕はたまにさかなクンに似てるといわれます。ギョギョギョギョ〜
 

あと、ここでは大野市のマンホールカードをもらうことができます。

マンホールカード

大野市のマンホールカードのモチーフはもちろんイトヨです。
 
マンホールカードのコレクションしている方はぜひ訪れてゲットください。
 

<本願清水イトヨの里>
本願清水イトヨの里の非日常感

 
<大野の情報はこちら>

大野市にある猫島(トトロ)へ行ってみました!行き方は?何があるの?

2019.05.17

大野市の観光スポットはココだ!城下町、美味しい水、きんつば?越前おおのを満喫!

2018.04.18
 
いかがでしたか?
今回は、「本願清水イトヨの里」をしらべてみました。
もし機会がありましたら訪れてみてください。

スポンサード リンク