パリ丼って何だ!?福井のソースカツ丼とは違うの?どこで食べれる?

パリ丼

福井の名物の食べ物といえばソースかつ丼。
 
でも、それだけではなくて「パリ丼」もあるんです。

  • パリ丼って何なの?
  • どこで食べられる?
  • ソースカツ丼とは違うの?

ここでは、福井のパリ丼を調べてみました。

パリ丼

ソースカツ丼は有名ですが、それ以外に、マイナーな「パリ丼」があります。
 

「パリ丼って何だ~?」という声が聞こえてきそうですが、パリ丼は、福井のソースかつで有名なヨーロッパ軒のメニューの一つです。
 

福井で有名なかつ丼のお店のヨーロッパ軒(福井・敦賀)の代名詞は、ご飯の上にソースのトンカツを乗せたソースカツ丼。

そのソースかつ丼とは別に、「パリ丼」があります。

パリ丼

ご飯の上に、丸い形の揚げ物が載っているのがパリ丼です。

微妙に普通のソースかつ丼とは違います。

ソースかつ丼

ソースかつ丼

福井県といえば、「ソースかつ丼」が有名です。

福井でかつ丼を注文すると、ソースかつ丼が出てきます。

福井のカツ丼は、卵とじではありません。

卵とじのかつ丼が食べたい時は、「卵とじのかつ丼」と注文しなければ、ソースかつ丼が出てきます。

基本的に福井のソースカツ丼は、キャベツはのっていなくて、ご飯の上にソースを通したかつがのっています。
 
パリ丼は、ソースかつ丼に比べるとレアですが、たまーにテレビなどでも取り上げられることもあります。

パリ丼って何なの?

パリ丼にのっているのはパリカツです。

パリカツとは、「メンチカツ」のことで、ご飯の上にパリカツが乗っています。
 

パリ丼とは、ソースメンチカツ丼。
(ソースカツ丼は、トンカツです)

福井では、メンチカツのことを、ミンチカツとも言っています。

パリカツは、肉汁がたっぷりで、ソースと絡み合い、口の中いっぱいにおいしさが広がります。

パリ丼

ただし、肉汁がけっこう熱いので注意してください。

パリ丼の味は、やみつきになり、たまにすごく食べたくなります。
 

パリ丼の名前は、ヨーロッパ軒の社長がフランスに料理修業に行って、帰国後にメニューに加えたから「パリ丼」と名付けられたらしいです。

ソースかつ丼より、パリ丼の方がいいという方も意外と多いです。

パリ丼はどこで食べれるの?

ソースかつ丼とパリ丼は、福井県内のヨーロッパ軒で食べれます。
 

ヨーロッパ軒は、分店も含めると19店舗あります。

総本店は、福井市の片町通り(福井市順化1丁目7-4)にあります。
 

<価格>

  • ソースかつ丼:880円
  • パリ丼:880円

 
※価格は変更になる場合がありますので、参考程度にしてください。
 

ソースカツ丼になれたら、パリ丼を味わってみるのもいいですよ。
 

ヨーロッパ軒の場所

ヨーロッパ軒は、福井市、坂井市、鯖江市、敦賀市にあります。

営業時間はお店によって異なるので確認してください。
 

その他の福井のローカルフードはこちら

ソースかつ丼+おろしそば

福井のローカルフードは何?ソースカツ丼、サバエドッグ、おろしそば?

2018.07.06
 
いかがでしたか?
今回は、「パリ丼」をしらべしました。
機会がありましたら食べてみてください。

スポンサード リンク