東京から福井へ北陸新幹線で移動した感想!快適な車内と車窓がおすすめ。

北陸新幹線で東京から福井へ

東京から福井へ北陸新幹線を利用して移動しました。

  • 北陸新幹線で福井へ行く方法は?
  • 福井へ行くにはどれぐらいかかるの?
  • 福井までの料金はいくらかかるの?

東京から北陸新幹線を利用して福井へ行った感想を紹介します。

※北陸新幹線は2024年3月16日に敦賀まで開業予定です。開業後の情報は今後追記します。

目次

北陸新幹線で東京駅から福井駅へ行く方法

福井駅前

東京駅から福井駅へ北陸新幹線で行くには、乗り換えが必要になり、新幹線と特急を利用します。

北陸新幹線は金沢駅が終点なので、金沢でJR北陸本線へ乗り換えが必要。

JR金沢駅で乗り換えて、特急でJR福井駅へ行くのが一般的な方法です。

【乗り換え例】

  • 東京駅⇒金沢駅 (北陸新幹線)
  • 金沢駅⇒福井駅 (JR北陸本線)

北陸新幹線は、停車駅が少ない「かがやき」と「はくたか」があり、JR北陸本線は特急サンダーバード、しらさぎなどがあります。

北陸新幹線が敦賀まで開業すると、開業後は乗り換えなしで福井駅まで行くことができます。

敦賀までの開業後(2024年3月16日以降)は、北陸新幹線で福井まで乗り換えなしでいくことができ、到着時間も早くなります。

※現在は開業前のため、金沢で乗り換えて福井へ行く方法を記載しています。

かかる時間と料金

北陸新幹線 金沢行き

東京から福井へ北陸新幹線を利用していく時の時間と料金を紹介します。

ここでは、かがやきを利用した場合の時間と料金を記載していますが、他に「はくたか」があります。

※かがやきは全車指定席です。

東京から始発で福井へ行く場合の例を紹介します。

【かがやき+特急サンダーバード】

東京駅 6:16発
金沢駅 8:43着/9:02発
福井駅 9:43着

かかる時間:3時間27分
かかる料金:16,080円(運賃8,580円、6,900円指定席、600円特急自由席)

※始発は東京駅6:16発/福井駅9:43着
※最終は東京駅19:24発/福井駅23:00着

記載の時刻や料金は2024年1月時点のものです。最新の情報を確認してください。

金沢で特急に乗り換え

特急しらさぎ

2024年3月15日までは、北陸新幹線の福井までの延伸が行われていないため、金沢での乗り換えが必要です。

金沢から福井の移動は、「特急列車」と「普通列車」があります。

福井までの移動は、停車駅が少なく、到着が早い特急を利用するのがベストです。

新幹線に連絡している特急は多く、サンダーバード、しらさぎなどで福井へ向かいます。

乗り換え例:金沢駅 8:43着 金沢駅 9:02発 ⇒ 福井駅 9:43着

北陸新幹線の車両

北陸新幹線の車両は、E7系とW7系。

E7系とW7系は同じで、E7系はJR東日本、W7系はJR西日本の新幹線です。

12両編成で普通車、グリーン車、グランクラスを連結しています。

北陸新幹線の最高速度は260km/h

東海道新幹線「のぞみ」は285km/h、東北・秋田新幹線の「はやぶさ」「こまち」は最高速度は320km/h

全国新幹線鉄道整備法によって、北陸新幹線の最高速度は260km/hに決められています。

かがやき

かがやき

かがやきは、東京から金沢を約2時間30分で結びます。

運行は1日10往復で、全て指定席。

かがやきはの乗車には、指定席特急券が必要です。

かがやきの停車駅例:上野、大宮、長野、富山、金沢

東京から金沢間が最速で約2時間27分。

東京駅から金沢駅を結ぶ新幹線は「はくたか」もあり、停車駅が多いです。

はくたか

はくたか

はくたかは「かがやき」と同じE7系(W7系)の車両で見た目は同じです。

かがやきとは異なり、1〜4号車に自由席が設定されています。

また、停車駅がはくたかの方が多くなります。

はくたかの基本停車駅例
東京、上野、大宮、高崎、軽井沢、上田、長野、飯山、上越妙高、糸魚川、黒部宇奈月温泉、富山、新高岡、金沢

はくたかの停車駅は列車によって異なり、かがやきに追い抜かれるための待ち時間が長めの停車駅(長野駅)もあります。

列車によって所要時間が異なり、東京から金沢間は3時間3分〜

北陸新幹線の車内

北陸新幹線の車内

北陸新幹線の車内は、薄いブラウンの柄の壁が基調になっていて、落ち着いた感じです。

車内の座席は、2列シートと3列シート。

グリーン車、グランクラスを連結し、かがやきは全て指定席です。

コンセントあり

北陸新幹線のコンセント

北陸新幹線の座席全席にコンセントがあります。

窓際の席は足元にあり、他の席は、前の座席の下側にコンセントがあります。

通常の形状のコンセントでUSB充電はありません。

北陸新幹線は車内販売があり、乗車中に1往復しました。

車窓の風景

北陸新幹線の席

車窓風景で立山連峰を楽しみたい方はE席側がおすすめ。

北陸新幹線のE席側は立山連峰を見ることができ、金沢に向かって左側(E席側)に見えます。

立山は雲がかかっていることが多いので、すっきり見れるかどうかは運次第。

また、A席側は、糸魚川付近で日本海、富山区間で富山湾を望むことができます。

長野から富山間はトンネルが多く、車窓風景はあまり見えません。

北陸新幹線を利用した感想

北陸新幹線の車内

北陸新幹線に乗った感想では、乗り心地が良く感じました。

走行スピードは最高260km/hと抑えられていますが、車内の揺れは少なく快適です。

全席にコンセントも装備されていて、テーブルも大きめでPC作業もできる環境。

北陸新幹線のシート

シートの背もたれについている枕部分は、上下に動かして調整ができます。

東海道新幹線と比べても、ゆったりしている感じがあり、足元のスペースも広めです。
グランクラスやグリーン車はさらに快適な移動ができそう。

ちなみに、東京から金沢間をグランクラスを利用すると29,220円。

通常の料金(指定席)は14,380円なので、グランクラスの料金は約2倍です。

現在、北陸新幹線で福井まで行くには、金沢駅での乗り換えが必要ですが、北陸新幹線が福井・敦賀まで開業すると快適な移動ができそうです。

まとめ

北陸新幹線

今回、東京から福井へ北陸新幹線を利用して移動しました。

現在、北陸新幹線を利用して東京駅から福井駅へ行くには、金沢駅で乗り換えが必要です。

北陸新幹線が福井県敦賀まで延伸(2024年3月16日)すると乗り換えは不要になります。

北陸新幹線が延伸すると、東京から福井が最短2時間51分とかなり早くなります。

東京から福井へ北陸新幹線+特急を利用していく場合の時間と料金は以下のようになっています。

金沢駅で特急に乗り換えて福井へ行く場合の例。

【東京駅から福井駅】

東京駅6:16発 福井駅9:43着
所要時間:3時間32分(乗換1回)
かかる料金:16,080円〜

北陸新幹線の福井開業までは、北陸新幹線ではなく東海道新幹線(米原経由)を利用した方が早いです。

東京から福井へ東海道新幹線+特急を利用していく場合の時間と料金例。

【東海道新幹線 東京駅から福井駅】

東京駅 6:00発 福井駅9:15着
所要時間:3時間15分(乗換2回)
かかる料金:14,130円

北陸新幹線の福井・敦賀開業までは、東海道新幹線を利用した方が早く、料金も安いです。

※記載の時間や料金は、電車や出発時刻、切符の購入方法によっても変わりますので、最新の情報を確認してください。

北陸新幹線以外の方法で福井へ行きたい方はこちらの記事を参考にしてください。

東京で福井の味やお土産を楽しみたい方はこちらの記事も参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次