越前市のかこさとし(加古里子)ふるさと絵本館はどんな所なの?

かこさとし ふるさと絵本館

<福井しらべ>

かこさとし ふるさと絵本館へ行ってみた。

 
かこさとし(加古里子)さんは、越前市出身の絵本作家です。

本名・中島哲(なかじま・さとし)
福井県越前市生まれ。
59年に「だむのおじさんたち」で絵本作家デビュー。
「だるまちゃんとてんぐちゃん」はミリオンセラー

2018年5月2日 92歳で亡くなりました。

 
代表作の「だるまちゃん」シリーズや
「からすのパンやさん」はとても有名な本。

画像はだるまちゃん公園です↓

その加古里子(かこさとし)さんの記念館が、
かこさとし ふるさと絵本館「砳」です。
(場所は、福井県越前市高瀬)

かこさとし ふるさと絵本館「石石」(らく)を知っていますか?

越前市内を車で走っていると、
このような看板を発見!

「かこさとし ふるさと絵本館 砳」

いったい何なのだろう?
気になったので「ふるさと絵本館」へ行ってみた。

かこさとし ふるさと絵本館
RAKU「砳」

場所は、だるまちゃん広場の近く。

住所:越前市高瀬一丁目14番7号
<地図>

だるまちゃん広場から歩くと10分ぐらい。
このような外観で小さな遊具も外にあります。

画像の中のピンクのクルマには、
このような絵が描かれています。

建物の入口はこのような感じです。

開館時間 :午前10時から午後6時
休館日:毎週火曜日、国民の祝日の翌日、年末年始 (12月28日~1月4日)
入館料:無料

駐車場もあります。(無料)

<建物外観>
2階建てです。

<館内>

加古里子
館内は一部を除き、撮影禁止のため、館内の画像はありません。
 
2階建ての建物で、
2階にはかこさとしの原画や資料なども展示。

1階は、えほんのへや・あそびのへやがあり、
絵本や紙芝居が読めます。木のおもちゃなどもあります。
 

絵本などは約4千冊あり、
子供と絵本を読みたい方におすすめです。

外にはこのようなものもありました。

ふるさと絵本館は、
来館者17万人を越える隠れ人気スポットです。
(2013年4月開館)

かこさとしさん監修の公園
だるまちゃん広場」を訪れたついでに
ふるさと絵本館へ寄ってみるのもいいですよ。

また、
ふるさと絵本館から、だるまちゃん広場へ歩いて行くと、
ケンパロードがあります。

このような、ケンケンパができる道路です。
子どもと楽しく歩けますよ。

ケンケンパ ケンケンパ ケンケンパ ケンケンパ

この道路の場所は、
武生中央公園庭球場の前の道です。

ケンケンパを楽しみながら、
だるまちゃん広場へ行ってみてはいかがでしょうか?

越前市のだるまちゃん広場って何?公園の遊具などを紹介。

2018.04.10
 
かこさんが通った幼稚園も越前市にあります。

かこさとしさんの通った丈生幼稚園はどんな所なの?越前市の引接寺

2018.07.22
 
いかがでしたか?
今回は、「かこさとし ふるさと絵本館」を調べてみました。
子供と絵本を楽しんでみてはいかがでしょうか?

スポンサード リンク

かこさとし ふるさと絵本館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です