福井の観光名所!永平寺の行き方は?バス、電車、タクシー?

永平寺

<福井しらべ>

永平寺に行くには、どうやって行けばいいのだろう?

時間や金額はどれくらいかかるのだろうか?

大本山永平寺の行き方を解説します。

福井の観光名所 永平寺の行き方をしらべてみた。

 
福井の人気の観光地といえばどこでしょう?
 

おそらく、定番はこのような感じだと思います。

・東尋坊
・恐竜博物館
・永平寺

福井のド定番の観光地ベスト3!
 

今回は、福井の人気観光地「永平寺の行き方」をしらべてみました。
 

永平寺はどんな所?

永平寺

曹洞宗大本山 永平寺
(そうとうしゅうだいほんざん えいへいじ)
 

「永平寺」は、福井県吉田郡永平寺町にある曹洞宗の寺院。

永平寺は、福井の有名な観光名所の一つで、多くの観光客や外国人の方も訪れる名所。
 
年間50万人以上が訪れる、福井県の人気の観光地が『永平寺』です。

 
2019年7月には、禅の体験ができる親禅の宿 柏樹関(はくじゅかん)が出来ました。

柏樹関

柏樹関は、禅コンシェルジュのいるホテルです。
 

<永平寺の見どころは?>

永平寺は、山深い場所にあり、厳かな雰囲気を持ち、
大本山・永平寺では多くの修行僧が厳しい修行に励んでいます。

 
永平寺の観光の見所として外せないのが、「傘松閣(さんしょうかく)」の天井画です。

傘松閣の天井を見ると圧倒され、天井画を見るだけでも価値があります。
 

永平寺の2階にある「絵天井の大広間」

天井に230枚の花鳥彩色画が施されていて、お気に入りの画を探してみるのも楽しいです。
 

永平寺の参拝料金や参拝時間はこのようになっています。

<永平寺参拝料金>
(大人個人):500円
(小中学生):200円

<参拝時間>
5月~10月 午前4時~午後5時
11月~3月 午前5時半~午後4時半

時期により参拝時間が異なります。

見るスピードにもよりますが、1時間~ぐらいあれば十分見れます。

 
独特の雰囲気と不思議な魅力がある永平寺ですが、山深い場所にあり、アクセスはやや不便です。

こちらの記事では、永平寺へ、どのように行けばいいのかを紹介します。
 

永平寺への行き方

福井から永平寺への行き方について、

通常は福井から永平寺へ行くには以下の方法があります。

  • バスで行く。
  • 電車とバスで行く。(えちぜん鉄道+京福バス)
  • タクシで行く。
  • 自家用車で行く。

 

<バスで行く方法>

永平寺のバス停
バスの場合は、特急永平寺ライナー(京福バス)を使用します。

バス乗り場は「福井駅東口」
(駅裏の方です)

福井駅東口 → 永平寺

・福井からの特急バスは14:50が最終。
・永平寺から福井への最終は16:20
 

バスの切符売り場は、えちぜん鉄道福井駅。
福井駅東口(駅裏)のバスチケットセンターで買えます。

バスチケットセンター

以前は、自販機で買えましたが、現在は、窓口購入になります。

金額は720円です(おとな片道)
※当日限り有効

永平寺までの所要時間は約30分。
 

帰りは、永平寺から徒歩5分ほどの所にバス停があります。
(永平寺のバス停)
永平寺のバス停

永平寺発 16:20 が最終です。
(2019年のダイヤです。変更になる場合があります。)

バスは乗り遅れないように注意してくださいね。

 

<えちぜん鉄道+京福バス>
えちぜん鉄道

電車:えちぜん鉄道 福井駅 <=> えちぜん鉄道 永平寺口駅
バス:永平寺口駅 <=> 大本山永平寺

電車:約25分
バス:約15分
終点下車、徒歩5分。
※電車とバスの乗り換え待ち時間があります。
 
えちぜん鉄道 永平寺口駅

えちぜん鉄道 永平寺口駅

えちぜん鉄道+京福バス利用の場合、
料金は片道440円(電車)+410円(バス)で、合計850円となります。
 

永平寺口駅周辺のカフェ
(待ち時間のある方は、このようなカフェにいくのもいいです。)

永平寺町のカフェ トリコってどんなお店?メニューや特徴は?

2018.11.21

電車+バスは乗り換えが必要で、待ち時間もあるので、永平寺のみ訪れようと思うなら、バス(永平寺ライナー)の方が便利です。
 

<自動走行車>

永平寺では、自動走行車が永平寺口駅から門前口まで運行しています。

電車+自動走行車で永平寺に行くという方法もあります。

自動運転車

永平寺町では、自動走行実証実験が行われ、無料で自動運転車に乗ることが可能。

自動走行車は、平日の月・火・金と土日祝日に運行しています。

自動運転

平日(月・火・金)は1時間に2本程度、土日は10分ほどの間隔で運行しています。
※運行日や時間は変更になる場合があります。
 
新しい体験をしてみたい方にオススメです。

 

<タクシーで行く方法>

タクシー乗り場は、福井駅前と福井駅東口にあります。

福井駅からタクシーで永平寺まで行くと、これぐらいかかりそうです。

参考タクシー代金:4000円~5000円
 

あくまで目安の金額ですので、タクシーにより変わります。
 

<自家用車・レンタカーで行く方法>

現在、中部縦貫自動車道の永平寺大野道路が開通し,高速道路での永平寺方面へのアクセスが良くなっています。

永平寺大野道路の記事はこちら
⇒ 永平寺大野道路

車の免許があり、1日いろいろなところを移動したい場合は、レンタカーを借りるのもいいかも知れません。
(福井駅周辺にレンタカーのお店がいくつかあります。)

永平寺までは、福井北ICより車で約15分。
 

永平寺は、駐車料金がかかります。

門前町に並ぶ土産物屋の駐車場は、お土産を買うと無料になる所もありますが、カギを預けなければいけない所もあります。

門前町は、上り坂で両脇にお店が並んでいます。

門前町

町営駐車場は、少し離れていますが、400円(普通車)です。

駐車場

駐車場はいくつかありますが、だいたい400円ぐらいです。
 

2019年7月には、永平寺駐車場が新しく出来ました。

永平寺駐車場

永平寺駐車場
・1時間まで300円
・以降30分毎に100円
・24時間最大料金:500円

駐車場の金額は高くても500円以内です。

 
駐車場探しは迷いますが、参道の方へ車で入っていくと、最終的には行き止まりで進入禁止になります。

進入禁止

車の進入はで着ないため、Uターンして戻らないといけないので注意してください。

 
<その他の永平寺周辺スポット>

永平寺から福井方面に向かう途中に、胡麻豆腐の里があります。

胡麻豆腐の里

永平寺御用達
「團助ごまどうふ」のお店です。

 住所:福井県永平寺町荒谷24−7−1
 

車で行く場合、永平寺に向かう道沿いには、お蕎麦屋さんが数件あります。

お腹がすいている方は、そばを食べるのもいいかもしれません。
 

<まとめ>

 
永平寺へ行くのに一番ベストなのは、バス 永平寺ライナー(京福バス)で行く方法です。

金額と時間的にも一番オススメです。
 

車を持っている方は、車で行くのもいいです。
 

冬に永平寺に行く場合は、寒くて雪も降るので暖かい服装で行った方がいいです。

また、永平寺は、冬は雪が多いので注意が必要です。

永平寺の道

永平寺までの道路は、融雪装置がないところがあり、冬はスタッドレスタイヤは必須です。
 
車の運転は十分注意してくださいね。
 

※ページに記載の価格は、変更になる場合がありますので、参考程度にしてください。

 

年越し、初詣に関して

新年は大本山永平寺で普段は通行することができない「唐門」を開扉し、初詣が可能です。

唐門開扉  
平成30年12月31日(土)午後11時~      
平成31年1月1日 (日) 午前3時

鐘つき体験も可能ですが、混みあいますので注意してください。

正月は、福井駅から臨時の路線バスが運行していますので、京福バスなどで確認した方がいいです。

永平寺の鐘つきや唐門を通れるのはいつ?大みそかの除夜の鐘や初詣に。

2018.12.05
 
いかがでしたか?
今回は「永平寺への行き方」をしらべてみました。
機会があれば福井の観光地・「永平寺」へ行ってみてはいかがでしょうか?

スポンサード リンク

永平寺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です