地味にすごい福井県!日本一をしらべてみた。

<福井しらべ>

福井の幸福度日本一をしらべてみた。

2017年6月30日
厚生労働省が発表した2017年5月の有効求人倍率では、
福井県が東京を抜いて1位になっていた。

ど田舎のマイナーな福井県が、
東京より求人がある???

そんなはずはないだろう思ったが、
どうやら本当らしい。

福井:2・09倍

全国平均:1・49倍

福井に住んで、普通に仕事をしていると、
求人倍率などを考えることはないが、周りを見ても、
ほとんどの人が働いているので、仕事は多いと思う。

地味な県といわれる福井県だが、
実は、いろいろな日本一があったりする。

 

今回は、「福井県の日本一」をしらべてみた。

 


<共働き率>

全国平均45.4%

福井県 58.8%

共働き率は全国一位

正社員の雇用率も67.3%で全国1位

福井県は産業が豊富。
繊維・漁業・水産・農業もさかん。

三世代労働が定着。(親・子供・孫が同居)
そのため、世帯年収も高いです。

また、持ち家比率・出生率も高く、
生活に関してもいろいろな水準が高いです。

いい面は多くありますが、
この場合のデメリットといえば、、、

嫁姑問題

ここをクリアできれば、快適に暮らせるかも知れません。

 


<中学校学力テスト 日本一>

教育にも熱心な県です。
北陸地方は、全体的に上位を占めています。

学力や運動に関しても全国トップレベルです。

 

<寿命も長い>

長寿県として、
一時期はトップを争っていましたが、
最近は、少し下がってきています。

しかし、
現在も上位に位置しています。

 


<幸せ度日本一>

「幸福度ランキング2016年版」において、
前回(2014年)に続き、総合1位になりました。

総合1位 日本一

分野ごとの上位項目
・仕事分野1位
・教育分野1位
・生活分野7位

たぶん、多くの福井人は、
正直「幸福度日本一”といわれても、ピンとこない」と思います。

他にも、数多くの日本一がありますが、

へぇ〜 そうなんや〜

で終わってしまうかも知れません。

それぐらい、
身近な所に幸せがある県。

意外と福井で生活していると、
いろいろな施設・設備・環境など充実していて、
当たり前のことに気づかないかも。

でも、たまには福井の良さに目を向けてみると、
気づきもあり、面白いかも知れません。

 


<その他の日本一>
・油揚げ消費量日本一
・眼鏡、眼鏡枠の出荷額日本一
・待機児童0人
・小中学生全国体力調査日本一
・女性の労働力人口比率 などなど

 

いかがでしたか?
今回は、福井の日本一を調べてみました。

もしかしたら、
福井モデルというスタイルが多くの地域で増えるかも知れませんね。

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です