福井県池田町の部子山(へこさん)登ってみた。ポイントや注意点は?

<福井しらべ>

部子山ってどうやって登るのか?しらべてみました

 
「部子山という山を知っていますか?」
 

部子山は、
福井県今立郡池田町と大野市の境界にある
標高1,464 mの山。

泰澄が開山したという伝承があります。
 

標高が1500m近くあり、福井県では高めの山ですが、
とても魅力の高い山です。
 

部子山の最大の魅力は、
徒歩10分で山頂に行けて、景色も楽しめること
 
現在は、道路は整備され、
ある程度は、クルマで登ることができます(部子山道路)

そのため、車である程度登れてしまい、
徒歩数十分で山頂にたどり着くことが出来てしまいます。
 

部子山山頂までの道のり

部子山道路は、池田町の水海地区の集落を越えてから
左方面に曲がります。

少しわかりにくいですが、
このような分岐点があります。

まっすぐ行くと、
能楽の里の旧道を通ることになるので、ここを曲がります。
(左折します。)
 

<部子山道路案内板>

クルマである程度登れますが、
落石や道の悪い所もあるので注意してください。

このような看板もあります。
慎重に運転して下さい。

部子山道路は、このような道です。

上の方の道が悪くなっているので、
特に注意が必要です。

道幅は狭いので、
対向車には十分注意してください。

(時々、クルマやバイクが通ります)

また、段差などもありますので、
いいクルマや車高が低い車で行くのは避けた方が良いです。

車で行ける最終地点がこちら。
P0
左が神社で右が山頂への登山道です。

こちらの駐車場から、
山頂までは約10分です。
(ペースによります)

このような稜線を歩くのは気持ちいいです。

今回、時間を計ってみたら、
山頂まで6分28秒でした。
(早歩きで登りました)
 
詳しくはこちらの動画で
(前半は木漏れ日で見にくい映像です。すみません)

 

<山頂>

祠と三角点があります。

山頂は、これくらいの広場です。
(そんなに大きなスペースではありません)

記念碑があります。
皇太子降誕、皇大神勧請、記念碑
(裏面にも字が書かれているが、風化も進み読めない)

どうやら昭和10年頃に建てられたよう。
(皇太子が登った山という記念碑ではありません)

 
頂上からは360度景色が見渡せます。
大野市内や白山も見えます。
 

駐車場から反対側に向かうと神社がありますが、
小屋が崩壊していました。

詳しくはこちらの動画で↓

神社は駐車場の所にあり、
動画の場所にはありませんでした。
 

部子山のまとめ

 
<部子山の注意点>

・部子山道路 P0 までの運転は十分注意してください。
・部子山道路は長いです。30分以上かかります。
・車は下回りを擦る可能性もあります。
・対向車、落石などがあり、スピードは出さないください。
・道幅は狭いです。すれ違いに注意が必要です。
・帰りはブレーキを多用しすぎで、ベーパーロック・フェード現象に注意してください。

べーパーロック現象は、坂道や高速走行時に、強いブレーキや長い時間でのブレーキ操作を頻繁に続けることで、
・ブレーキの効きが悪くなる、または効かなくなる現象のこと

・天候の変化、風にも注意してください。
・標高は1400mなので、気温は低めです。
・携帯は場所によりつながるところもありますが、電波は弱いです。
・クマ、動物にも注意してください。
 

標高1400mを超える山に、
徒歩10分ぐらいで登山できます。

1000歩も歩かなくて頂上に行けます。

 
部子山は、
登山初心者やファミリーにもオススメの山です。
車で行けば、ハイキング感覚で登れます!

 
山頂部の西には「能楽の里牧場」があります。
能楽の里牧場は別記事にて)

 
いかがでしたか?
今回は、「部子山の登り方」を調べてみました。
天気がいいと、いい景色が見渡せますよ。

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です