亭の水はどこにあるの?福井の霊水と薬師神社の行き方。

亭の水

「亭の水を知っていますか?」

亭の水は、福井市の山の中にある水場です。

歴史のある「亭の水」を調べてみました。

亭の水

亭の水

亭の水(ちんのみず)は、福井市にある水場です。

福井市高尾町の山の中に入った所にあります。

眼病にいいと言われてきた水で、昔は、この水を使って薬を配合したそうです。

水は岩肌から流れ出ています。

亭の水

亭の水は、町内の飲用水としても使用されているようです。

近くには、漏斗もあり、水場は管理されています。

亭の水を汲む

水量はけっこうあり、ペットボトルに水を汲みました。

冷たい水で、クセはないです。

生水が不安な方は、コーヒーを入れたり、料理に使用するといいです。

亭の水の行き方

亭の水の行き方

亭の水の場所は、大野と福井を結ぶ、国道158号線から山側へ入っていきます。

住宅街を越えて山の方へ向かいます。

亭の水の道

急な坂を登っていくと、亭の水の案内板があります。

案内板には、熊に注意してくださいと書かれています。

福井市高尾町付近では、過去に熊の目撃情報もあるので注意してください。
亭の水の案内板

ここから300mほど、山道を登っていくと亭の水があります。

未舗装の林道で道幅は狭めで、車のすれ違いできないため注意してください。

林道

林道を進むと右手に亭の水と薬師神社の案内板が出てきます。

さらに進むと、薬師神社があります。

薬師神社

薬師神社

亭の水から100mほど進むと薬師神社があります。

神社の創立は神亀元年(724)と言われています。

朝倉孝景が薬師堂を建立し、谷野一柏が医業に励んでいたと伝えられています。

薬師神社

谷野一柏は、明に渡って医学、易学を学び、この地で薬などを作っていたようです。

薬師神社の右側には社があり、谷野一柏が祀られています。

横の道路は、ここで行き止まりになります。

薬師神社の駐車場

薬師神社の横には広場があり、ここでUターンして戻ることができます。

亭の水の感想

亭の水

亭の水へ行くには、山道を進んでいく必要があります。

林道に入る案内板からは距離があるので、少し不安になるかもしれませんが300mほど進めば、水場の横に着きます。

林道は、車1台分の道幅なので、十分注意してください。

亭の水の先には、薬師神社があり、ひっそりした雰囲気でした。

朝倉氏の歴史を感じれる隠れスポットです。

亭の水は、眼病、胃腸病を中心に、薬の配剤として用いられた霊水です。

もし機会がありましたら、訪れてみてください。

亭の水のアクセス

亭の水
住所 福井県福井市高尾町18−19

 

福井の美味しい水の記事はこちら

福井のおいしい水

【福井のおいしい水6選】人気&オススメの水場のまとめ

2020.03.29

福井市の岡の泉はこちら

岡の泉

朝倉氏ゆかりの名水『岡の泉』福井市の美味しい水

2020.07.22

今回は、福井市の「亭の水」へ行ってみました。
美味しい水を探している方は、行ってみるといいかもしれません。

スポンサード リンク