紫ゆかりの館の見どころの一つ「紫式部の間」大河ドラマで注目度アップ!

紫ゆかりの館

金色の紫式部の銅像がある紫式部公園。

その紫式部公園の近くに「紫ゆかりの館」がオープンしました。

  • 紫ゆかりの館は何があるの?
  • 一番の見どころはどこ?
  • 感想はどうだった?

今回は、越前市のにある「紫ゆかりの館」を調べてみました。

目次

紫ゆかりの館

紫ゆかりの館

紫式部は、平安時代に越前市(旧:武生)で過ごしました。

越前市には、紫式部公園という観光名所と市民の憩いの場があります。

紫式部公園の近くに、「紫ゆかりの館」が誕生しました。

紫ゆかりの館

紫ゆかりの館は2021年4月にオープンしました。

紫ゆかりの館は無料で、自由に見学可能。

紫ゆかりの館の展示や国府資料館では、紫式部と国府にまつわることを知ることができます。

2024年の大河ドラマ「光る君へ」は、紫式部の人生を描くので、注目を浴びています。

紫ゆかりの館には何があるの?

紫ゆかりの館

紫ゆかりの館では、館内には紫式部にまつわる様々な展示があります。

【館内展示の例】

  • 紫式部の和紙人形
  • 下向行列の和紙人形
  • 壁面・床面スクリーン

 
館内では、和紙を使用した展示物があり、紫式部や下向行列は和紙人形でを再現しています。

下向行列

壁面・床面スクリーンは、映像で紫式部の物語を見られます。

また、しるべの間では観光案内や物販が行われており、購入も可能です。

紫ゆかりの館には、飲食コーナーはありません。

入口の横には小さな庭があり、春になるとしだれ桜を楽しめます。

一番の見所の紫式部の間

紫式部の間

館内に入ってすぐの場所には「紫式部の間」があります。

紫式部は、和紙で作られ、十二単を着ています。

簾越しがなんとも神秘的です。

紫式部の間

紫式部の間は、撮影可能マークがついていました。

この場所では撮影も可能で、紫式部の足跡を感じることができます。

姫君タイプ診断

姫君タイプ診断

紫ゆかりの館では、姫君タイプ診断ができます。

タッチパネルで、質問に答えていくと姫君のタイプ診断されます。

姫君タイプ診断は100円です。

姫君短冊に診断結果がついていました。

姫君短冊

いくつかのタイプがあり、答えによって変わります。

どのタイプになるか、試してみてください。

物販コーナーあり

物販コーナー

館内には、物販コーナーがあり、越前市の名産品などが置かれています。

しるべの間と呼ばれ、観光案内・物販が行われています。

伝統的工芸品の展示もあります。

紫式部をモチーフにしたお土産物もあり、紫式部のパッケージのコーヒーを購入しました。

紫ゆかりの館の感想

新しくオープンした紫ゆかり館

武生(越前市)は、紫式部ゆかりの地です。

たった一度だけ京の地を離れて暮らしたのが武生。

武生は、国府が会った場所と言われています。

金色の紫式部像

越前市の式部公園隣に新しくオープンした紫ゆかり館。

紫ゆかりの館で一番インパクトがあるのが「紫式部 和紙人形」です。

リアルな感じがあり、メインの見所になっています。
 
紫ゆかりの館の入口の庭には、枝垂れ桜も植えられているので、春の時期にもいいかもしれません。

紫ゆかりの館の庭

機会がありましたら、立ち寄ってみてください。

紫ゆかりの館のアクセス

紫ゆかりの館
住所福井県越前市東千福町21−12
開館時間9:00-17:00
休館日月曜日

紫ゆかりの館は、駐車場があります。
 
隣には紫式部公園があります。

越前市の観光に関する記事はこちら

今回は、越前市の「紫ゆかりの館」へ行ってみました。

興味がある方は、越前市に来た時に立ち寄るのもいいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次