【鯖江の鯉のぼり】中野町のきらめきロード中河「桜の見頃はいつ?」

鯖江の鯉のぼり

メガネが有名な鯖江の中野町にある「鯉のぼり」を知っていますか?

鯖江インターの東の方の堤防では、大量の鯉のぼりを見ることができます。

中野地区にある「鯖江の鯉のぼり」です。

ここでは、鯖江市の鯉のぼりが並ぶ堤防「きらめきロード中河」を調べてみました。

きらめきロード中河

きらめきロード中河

鯖江市中野町の浅水川の堤防沿いには、春になるとたくさんの鯉のぼりが出現します。

場所は、きらめきロード中河と呼ばれる堤防沿いの桜並木道。

きらめきロード中河では、川の上を泳ぐ鯉のぼりを見ることができます。

鯉のぼりは、桜の人気スポットになっている鯖江市中野町の浅水川にあります。

浅水川の桜

浅水川堤防には桜がたくさんあります。

その堤防の400メートルほどの区間に、たくさんの鯉のぼりがかかっています。
 
川にかかっているこいのぼりは、県内外から寄せられたもの。

年々、鯉のぼりの数が増えています。

川の鯉のぼり

数え切れないぐらいの鯉のぼりがあり、川の中にも鯉のぼりがいました。
 

2021年は、川の上だけでなく堤防にも手作りの鯉のぼりがありました。

浅水川の堤防
鯉のぼりは、期間限定なので注意してください。

こいのぼりは例年、ゴールデンウィーク明け頃まではあります。
 

桜の花と鯉のぼりが同時に見れるのは4月上旬の桜の開花時期です。

2021年は桜の開花が早く、3月25日-4月5日頃までが見頃でした。

夜には、ちょうちんがともされます。

鯖江(中野町)の鯉のぼりは、鯖江百景のひとつです。

いろいろな鯉のぼりがあるので、堤防を散歩をしながら楽しむといいかもしれません。

鯉のぼりは、ゴールデンウィーク頃まであります。

鯖江(中野町)の鯉のぼりの感想

鯖江(中野町)の鯉のぼり

福井県の鯉のぼりは、勝山市の九頭竜川弁天河原が有名です。

しかし、2021年は九頭竜川弁天河原のこいのぼり休止。

設備の老朽化が原因です。
 

嶺北エリアでは、「鯖江の鯉のぼり」は規模が大きく、訪れる方も多いです。

特に、桜の時期は、多くの人が訪れる人気スポット。

桜と鯉のぼりの写真を撮っている方も多いです。

鯉のぼりを写真で撮るのは難しいです。

風がないと靡かないし、風が吹いてもなかなか横向いてくれません。

鯉のぼりの撮影は難易度が高めです。

 
桜と鯉のぼりはキレイですが、桜が散っても川の上を泳ぐ鯉のぼりを楽しむことができます。

機会がありましたら、堤防沿いを散歩してみてください。

きらめきロード中河のアクセス

竹きらめきロード中河
住所 福井県鯖江市中野町56−41

鯖江市つつじバス「樋口」下車徒歩約3分

堤防のため専用の駐車場はありません。中河公民館にとめることは可能です。
 

鯖江市の記事はこちら

鯖江しらべ

鯖江市の観光地&お出かけスポット7選【鯖江しらべ】

2020.03.28
めがねミュージアム

鯖江のめがねミュージアムはどんな場所?駐車場やカフェはあるの?

2018.11.04

今回は、鯖江市の「きらめきロード中河」へ行ってみました。
鯖江に来た時や堤防の散歩時に立ち寄るのもいいと思います。

スポンサード リンク