ハスとスイレンの違いは?レンコンはどっちなの?

<福井しらべ>

ハスとスイレンの違いをしらべてみた。

ハス(蓮)とスイレン(睡蓮)の違いが分かりますか?
 
意外とごっちゃになって勘違いしやすいのが、「ハス」「スイレン」です。

花が好きな方やよく見る方ならすぐにわかりますが、同じ植物だと思っている方も多いかも。

両方とも水辺に咲く美しい花で、咲く時期も近いのであまり花を見ない方は、間違えやすいかも知れません。
 

まず、
「ハス」と「スイレン」は全くの別の植物です。
 

「睡蓮 スイレン」=スイレン目スイレン科
「蓮 ハス」=ヤマモガシ目ハス科

科が異なり、2つは全く違う種類なのです。
 
今回は、「ハス」と「スイレン」の2つの違いを簡単にまとめてみました。

 

<ハス>

はすの花を花はすといいます。

花はすはこのような花です。

はすの花が咲くのは7月から8月上旬です。
(その年の気温によって変わります。)
 
花はだいたい3,4日間ほどで散ってしまいます。
花のふっくらした状態を楽しむなら、午前中の早い時間の咲き始めがいいです。

 
花はすの動画はこちら


 

<スイレン>

スイレンはこのような花です。

ピンクの睡蓮

睡蓮には「耐寒性」と「熱帯性」の2種類があり、色々な花の色があります。

睡蓮の寿命は長めです。
 

スイレンの動画はこちら


 

<花はすとスイレンの違い(見分け方)>

花はす

水面から高い位置で咲くのが「ハス」

「スイレン」は水面もしくは水面近くで花が咲く
「ハス」は丈夫な茎で水面よりかなり上で花をつける。

 

葉っぱに切れ目がなく丸いのが「ハス」

「スイレン」は葉っぱに切れ目があります。
「ハス」は切れ目はありません。
(共に円形の葉っぱです)

 

光沢がなく水をはじくのが「ハス」

「スイレン」の葉は光沢があります。
「ハス」の葉は光沢がなく、水をはじきます。
 

ちなみにレンコンは「蓮」の根っこです。スイレンは小さな根っこでレンコンではありません。

違いを大きくわけるとこのような部分が違います。
 

スイレン・ハスにはいろいろな種類がありますが、早朝に花を開き、夕方までには花を閉じるものが多いです。

※観賞は朝が良いです。

 

花はすとスイレンの比較動画はこちら

福井県の南条にある花はす公園では、6月29日(土)~8月12日(月)の間、「はすまつり」が開催されます。

たくさんのハスがあり規模も大きいので、足を運んでみるのもいいかも知れません。

南越前町の花はす公園の2019年ハスまつり。見頃はいつ?

2018.06.30
 

いかがでしたか?
今回は、「ハスとスイレンの違い」を紹介しました。

今回の動画の「越前の里味真野苑」では、ハスとスイレンが両方見ることができます。

ただし、見れるシーズンは限られており、両方見れるのは、7月上旬~中旬ごろです。

福井県でスイレンがみれる越前 万葉の里味真野苑へ行ってみた。

2017.07.05

もし機会がありましたら訪れてみてはいかがでしょうか?

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です