福井のレアな食べ物【うそば】お土産にもオススメの「水月湖年縞うそば」

水月湖年縞うそば

福井のレアな食べ物をみいーつけた!

三方五湖へ行った際に、うそばを発見しました。

若狭で生まれた「うそば」は一体何なのか?
 
今回は、「うそば」を調べてきました。

うそば

うそば

「うそばを知っていますか?」

「うそば」という言葉はあまり馴染みがなく、初めて聞いた方が多いのではないでしょうか。

あまり聞きなれない言葉ですが、勘のいい方はピンと来るかもしれません。
 
うそばは、名前のように、「うどん」と「そば」が合体してできた食べ物です。

表がうどんで、裏がそば。

うそばの表面

見た目は、そばに近いですが、色は白色。(ピンク色をしているのは梅のうそばです。)

うそばは、福井県の若狭で昭和50年ごろに生まれたそうです。

うどんとそばが結婚して「うそば」が誕生し、今も販売されています。

 
うそばには、色々な種類があります。

  • 元祖
  • お茶

 
梅は、若狭梅を練り込み、お茶は抹茶が練りこまれています。

梅のうそば

梅はきれいなピンク色をしていて、見た目も楽しめます。

このような、そばのようなうどんのような食材が「うそば」です。

水月湖年縞うそば

今回は、道の駅三方五湖で販売している限定商品の「水月湖年縞うそば」を購入。

水月湖年縞うそばは、元祖と梅のうそばがセットになっていました。

水月湖年縞うそばは、元祖うそばが2つに、梅うそばが1つのセットです。

パッケージには、「福井産のそば粉100%で作られています」と書かれていました。

水月湖年縞うそばの中身は、このようになっています。

うそばのセット

麺とつゆがセットになっていて、3食分です。

通常のそばやうどんのように、茹でるだけで食べれるようになっています。

うそばは、温かいまま食べても冷やしてもOK。

水月湖年縞うそばの作り方

うそばの作り方は、普通です。

茹でる

たっぷりお湯を沸かして、好みの硬さに茹でます。(8-10分)

1人前でも1.5L以上の水でゆがくのがいいようです。

麺が自然とほぐれるまで触らない。

ざるの場合は、茹でた麺を冷やします。

麺を冷やす

今回は、ざるうそばにしました。

付属のつゆをカップに入れて、つけて食べます。

冷やしうそば

ざるにする場合は、つゆは薄めた方がいいかもしれません。

うまく好みの味に調整してください。

うそばの感想

作ったうそば

今まで、うそばの存在すら知りませんでした。

お土産コーナーで見つけて、気になったので購入。

初めてうそばを食べましたが、想像以上に美味しかったです。

うどんほど太さはありませんが、コシがあり、食べ応えがあります。

うそば

そばのようにスルスル食べれて、絶妙な感じでした。
 
食べた感じは、どっちかというと、そば寄りでした。

うそばは、とても美味しかったので、また食べてみたいと思います。

梅うそばのピンクはきれいなので、料理のアクセントにもいいかもしれません。

水月湖年縞うそばは、道の駅 三方五湖での限定している商品です。
 (水月湖年縞シリーズのお土産の一つ)

水月湖年縞うそば以外に、通常のうそばもありますので、気になる方はぜひ味わってみてください。
 

うそばの料理動画はこちら

道の駅 三方五湖のアクセス

道の駅 三方五湖
住所 福井県三方上中郡若狭町鳥浜122−31−1

 
道の駅 三方五湖の記事はこちら

道の駅 三方五湖

ドライブの立ち寄りスポット『道の駅 三方五湖』特徴や注意点は?

2020.07.18

年縞博物館の記事はこちら

福井県年縞博物館

福井県年縞博物館がオススメな理由はコレ!三方・若狭の観光スポット

2018.10.23

今回は、「うそば」を作って食べてみました。
水月湖年縞うそばは、お土産としても喜ばれるかもしれません。

スポンサード リンク