九頭竜川資料館はどんな場所?魚道観察室やダムカードがオススメ。

九頭竜川資料館

「九頭竜川資料館を知っていますか?」
 
福井県内を流れる九頭竜川には堰(せき)があり、資料館が併設されています。

今回は、「九頭竜川資料館がどんな所なのか」を調べてきました。

九頭竜川資料館

九頭竜川資料館わくわくRiverCAN

わくわくRiverCANと書かれた、シルバーの変わった形の建物が九頭竜川資料館。

九頭竜川資料館わくわくRiverCANでは、九頭竜川と鳴鹿大堰の仕組み、役割に関する展示や水槽の魚を見ることができます。

九頭竜川資料館わくわくRiverCANの入館は無料です。
九頭竜川資料館わくわくRiverCAN

鳴鹿大堰の模型があり、仕組みを学ぶことができます。

九頭竜川資料館は、九頭竜川や鳴鹿大堰について学べる施設です。

施設の床は、福井県の地図があり、九頭竜川の流れを床で確認することができます。

館内では、水槽にいるアラレガコを見ることができます。

アラレガコ
九頭竜川に生息するアラレガコがいます。(天然記念物)

水槽の展示があり、九頭竜川にいる魚の展示がされていました。

九頭竜川資料館わくわくRiverCANは、魚もいて子供も楽しみながら学べる施設です。

九頭竜川鳴鹿大堰

九頭竜川鳴鹿大堰

鳴鹿大堰は、九頭竜川を堰き止めています。

鳴鹿大堰(なるかおおぜき)と読みます。

堰の上を歩いて通ることができます。

九頭竜川鳴鹿大堰
堰の上は、車で通ることはできません。

鳴鹿大堰は、川全体をせき止めていて、迫力があり、眺めもいいです。

上から見ると端の方には魚道があるのがわかります。

鳴鹿大堰の魚道

右端が魚道で、魚道監察室では、魚道を横から見ることができます。

興味がある方は、魚道観察室もチェックしてみてください。

鳴鹿大堰では、ダムカードを配布していて、鳴鹿大堰のダムカードは、九頭竜川資料館わくわくRiverCANでもらえます。

魚道観察

魚道観察室

奥の橋を進んでいくと「魚道観察室」があります。

魚道観察室では、魚道を観察することが可能です。

水路の脇を通っていくので、小さい子供は注意してください。(柵はあります。)

魚道観察室は、階段を降りたところにあり、地下へ降ります。

魚道観察室入り口

魚道観察室では、地下の部屋からガラス越しに魚道を観察できます。

タイミングがいいと魚道を通る魚が見れます。

魚道観察室

魚道の横がガラスになっていて、魚道を横から見ることができます。

ガラスは3面あり、魚道を通る、鮎や小さい魚を見ることができました。

ガラスに張り付く魚

アラレガコっぽい魚もいました。

魚道観察室は、魚が好きな子供にオススメです。

たまたまですが、ガラス面に張り付いている魚を見ることができました。
注意点として、悪天候、増水時は魚道観察室にいくことができない場合があります。

九頭竜川資料館の感想

今回たまたま訪れて、九頭竜川資料館わくわくRiverCANのことを知りました。

九頭竜川といえば、九頭竜ダムが有名で、途中に九頭竜川をせき止める鳴鹿大堰があることすら知りませんでした。

鳴鹿大堰は、幅のある九頭竜川をせき止め、遠くから見ても迫力満点です。
 
九頭竜川資料館は、鳴鹿大堰の展示や魚道観察室があり、子供も大人も楽しめる展示でした。

橋も渡ることができ、川には鳥もたくさんいました。

鳴鹿大堰の鳥

色々な種類の鳥がひなたぼっこをしている光景をみれました。
 
天気がいい日は、鳴鹿大堰を散歩するのも気持ちがいいかもしれません。
 
堰は、ダムのひとつで、ダムカードを配布しています。

ダムカードを集めている方は立ち寄ってみてください。

九頭竜川資料館のアクセス

九頭竜川資料館
住所 福井県吉田郡永平寺町法寺岡5−24
開館時間 9:00-16:30
休館日 月曜日

 
九頭竜ダムはこちら

九頭竜ダム

九頭竜ダムには何があるの?3つの見どころポイントはここだ!

2019.10.30
 
永平寺町の観光名所はこちら
永平寺

福井の観光名所!永平寺の行き方は?バス、電車、タクシー?

2017.07.14

今回は、「九頭竜川資料館」へ行ってみました。
興味がある方は、立ち寄って見てください。

スポンサード リンク