【小浜の伝説の地】八百比丘尼入定の洞穴へ行ってみた。

八百比丘尼入定の洞穴

「小浜市の八百比丘尼を知っていますか?」

小浜の伝説として有名な「八百比丘尼」
 
今回は、小浜市の八百比丘尼 (やおびくに)はどんな所なのかを調べてきました。

八百比丘尼

八百比丘尼の洞

小浜には、八百比丘尼伝説が残っています。

人魚の肉を食べて八百歳まで生きたという伝説の女僧「八百比丘尼」

不老不死になった八百比丘尼の伝承地として知られるのが小浜です。

小浜には、八百比丘尼が亡くなった場所と言われる「八百比丘尼入定の洞穴」があります。

八百比丘尼入定の洞穴

八百比丘尼の伝説はいろいろありますが、小浜で八百比丘尼が亡くなった場所として伝えられています。

八百比丘尼入定の洞穴は、八百比丘尼が全国を貧しい人を助けながら行脚し、若狭に戻り亡くなったという洞穴。

空印寺

八百比丘尼入定の洞穴は、「空印寺」にあります。

空印寺は、小浜市小浜男山にある曹洞宗の寺院。

山号は建康山。本尊は馬頭観音。

八百比丘尼入定の洞穴の入り口は、お寺の横にあります。

八百比丘尼入定の洞穴の入り口

入定の洞入口の横には、八百比丘尼の不老長寿伝説について書かれた案内板があります。

案内板

父がもらった竜宮でのお土産の人魚の肉を食べたら、何歳になっても年老いることなく16歳の頃の若々しさ美貌気品が漂っていたそう。

120歳で比丘尼姿になって全国を行脚し、人々の力になっていました。

その後、若狭に戻り、自らこの洞穴に入り亡くなったといわれています。

“たのみなば いのちのほどや ながからん
いわまのしずく つきぬかぎりに”

入定する時、この歌を詠んだそうです。

八百比丘尼、八百姫、長寿の姫と呼ばれています。

八百比丘尼は、ツバキの花を愛し、洞穴の入り口に植えていたようです。

訪れた時も椿の木があり、白い花が咲いていました。

八百比丘尼は洞窟の入り口に白椿を植えたと伝えられています。

洞穴の入り口には、椿の木があり、今もシーズンになると花を咲かせています。

椿は、12月~4月の冬から春にかけて開花します。

八百比丘尼の物語を知ってから、椿を見ると特別に感じます。

洞窟の入口

訪れた時は、洞窟の入り口は門が閉じていました。

天気が悪い日で、時間が遅めだったので閉まっていたのかもしれません。

洞窟の周辺は、滑りやすいようです。

洞窟内は立ち入り禁止の黄色いプレートがありました。

天気のいい日は入れるのかもしれません。

遠くからみた感じでは、洞窟それほど深くないです。

椿の花が今も咲き誇り、健康長寿を願う方がお参りをしています。

八百比丘尼入定の洞穴の入り口

また、八百比丘尼入定の洞穴から海沿いを歩いたところに、マーメイドテラスと呼ばれる人魚の像があります

マーメイドテラス

八百姫伝説にちなみ人魚の像があります。

人魚の像が2体あるマーメイドテラスは、夕日のスポット。

海に沈む夕日はキレイなので、夕方がおすすめです。

周辺は、夏は海水浴場になります。釣りをしている方も多いです。

小浜は、NHKの朝ドラ(NHK連続テレビ小説)の「ちりとてちん」の舞台になっていました。

(ちりとてちんは、落語と塗箸の話です)

マーメイドテラスで写真を撮るものいいです。

特に、天気のいい日は青い海がキレイです。

八百比丘尼入定の洞穴のアクセス

八百比丘尼入定の洞穴
住所 福井県小浜市小浜男山6
営業時間 9時00分~17時00分

車の場合は、小浜ICから車で15分。

小浜公園の横に無料観光駐車場があり、駐車場から徒歩で5-10分ほど。

街並みをみながら散策できます。

 
小浜の観光スポットはこちら

小浜市の観光地

小浜の観光スポット6選!ぜひチェックしておきたい場所。

2020.04.14

福井のパワースポットはこちら

パワースポット巡り

福井県のパワースポット巡り【おすすめ10選】入門編

2020.02.21
今回は、「八百比丘尼入定の洞穴」へ行ってみました。
福井県の観光時の参考になればと思います。

スポンサード リンク