福井の賀茂神社はどんな神社なの?行き方は?

福井の「賀茂神社」を知っていますか?
 
初詣には、多くの方が参拝する賀茂神社。その賀茂神社にはいくつかの特徴があります。

今回は、「賀茂神社はどんな神社なのか?」しらべてみました。

賀茂神社

賀茂神社

賀茂神社(賀茂上下大明神)
京都にある上賀茂・下鴨の両神社の分社です。

賀茂神社は陰陽道で選ばれた地で、森羅万象の気の集まるパワースポットの地とされています。
 
神社の入口には朱塗りの大鳥居があります。
1本の杉の木により造られ、高さ9m・幅10.5m、柱の周囲2.3mもの大きさで、江戸時代に作られたそう。鳥居には「賀茂下上大明神」と書かれた大きな扁額がかかっています。

鳥居は福井県指定文化財。

賀茂神社は、安倍晴明の師匠より伝えられた陰陽道の神社。

約300種あるお守りが有名で、お守りを求めて来られる方も多いです。
 
賀茂神社は、テレビ撮影などで芸能人も訪れています。
普段も参拝する人も多めで、特に初詣は多くの人が訪れる神社です。

賀茂神社はどんな所?

賀茂神社の入口

賀茂神社は福井市の西の方にあり、のどかな所です。

福井駅から離れているため、車で行かないと厳しいかもしれません。
(車で30分ほど)

神社の近くに小学校があり、賀茂神社は坂道を登った所にあります。

駐車場は100台ほど止めれる大きなスペースがあります。

駐車場

駐車場はバスも止めることができます。
広い駐車場のすぐ横が境内になっています。
 

拝殿の前には、「干支守護社」があります。

干支守護社

参道の両側にあり、それぞれの干支が書かれています。
 
ここでは、自分の生まれた干支の神様にお祈りしました。
 

諸願成就石輪

諸願成就石輪

拝殿の入口両脇には、諸願成就石輪があります。
 
このような石輪は初めて見ました。

諸願成就石輪を回す

お願い事をしながら1回転させます。
その後、神殿中央でお拝りします。
 

そして次に、陰陽串授与所にて「陰陽串」を購入し、拝殿の前で自己祓を行います。

この「陰陽串」は、1本200円で購入できます。

お祓い方法は、案内板に書かれています。

お祓い方法

<陰陽串祓い>
・陰陽串を取って左、右、左と祓う
・心臓をなでて、体の痛いところがあれば撫でる
・串に息を3回吹きかける
・串の下から10センチぐらいを折って収納箱にいれます。
 
拝殿は、ご自由にお入りくださいと書かれていますので、靴を脱いで入ります。

社殿の中

万能な神様で、縁結び、子宝、安産、夫婦円満、子供の育成をはじめいろなご利益があるそうです。中央には男性のシンボルが祀られています。

賀茂神社は、御朱印もあります。

御朱印は300円。賀茂神社の朱印以外に、干支ごとの御朱印もあります。

 
神社の近くには、「賀茂神社窯跡」がありました。

賀茂神社窯跡

道路沿いに看板があり、古墳時代終末期の須恵器窯跡です。
内部は土砂で埋まっています。

賀茂神社へ行った感想

境内

今回、初めて賀茂神社へ行きました。

神社へは細めの道を入っていくため、場所が分かりにくいかもしれません。賀茂神社と書かれた案内板を目印にしてください。
 
訪れたのは平日の午前中ということもあり、参拝者は数名のみでひっそりとしていていました。

坂道を登った上にある駐車場は大きく、境内も広めの神社です。
 

賀茂神社はお守りの種類が多いことで有名。
お守りは300種以上あり、お守りの数の多さは全国的に見ても珍しいようです。

お守りは、細かく分かれていて1つ1500円。社務所の上部に番号が描いてあるので、自分に必要なお守りの番号を伝えて購入します。

お守り番号

複数のお守りを一つに入れることも可能ですが、金額はその分かかります。

 
様々なお守りがあるので、ご利益をいただきたい方におすすめです。
 
賀茂神社では、石輪を回して、お拝りするという貴重な体験ができました。また訪れたい神社です。

賀茂神社のアクセス

賀茂神社
住所 福井県福井市加茂町7−1
授与所 9時00分~16時30分

賀茂神社の場所は、少し分かりにくいです。
行く時は、清水西小学校体育館を目印にするといいです。

賀茂神社の案内板

道路には案内板がありますので、看板を見つけて進んでください、

福井駅から車で約30分

バスは京福バスの大森バス停が最寄りです。
乗車時間は30分。金額は420円。バスの本数は少ないです。
 ※記載金額、時間は変動することがあります。
 

福井県の初詣で人気の神社やお寺はどこ?

2018.12.02

福井県のパワースポット巡り【おすすめ10選】入門編

2020.02.21
 
いかがでしたか?
今回は、「賀茂神社」をしらべてみました。
もし、機会がありましたら訪れてみてください。

スポンサード リンク