【三国町のカフェ】Micnic(ミックニック)の3つの特徴。

Micnic

福井の有名な観光地の東尋坊

東尋坊がある三国町にあるカフェ「Micnic」
 
今回は、「Micnicはどんなお店なのか?」しらべてきました。

Micnicはどんなお店なの?

ミックニックの看板

Micnicは、三国町にある隠れ家的なカフェです。

海に面した通りから中に入ったところにお店があります。入口に「Micnic」と書かれた看板があります。

Micnic:ミックニック

Micnicは、福井県内の人でも知らない人が多いかもしれません。

Micnicの建物

道路を走っていると、このような白い壁の建物があります。パッと見は、個人の家にも見えますが、看板があるのでお店だと分かります。

お店の入口

入口

駐車場から木の階段を下りて、店内に入ると、入口奥にカウンター席が4席ほどありました。

あとは、テーブル席です。

店内の雰囲気

店内には、10個ほどテーブルがあります。席数は30席ほど。

奥側のエリアはホワイトの壁で、ゆったりした席が多くなっています。

奥の席

店内は白い壁と茶色のテーブルの組み合わせで、モダンな感じの店内。

お店の後ろ側は森になっていて、大きなガラスから緑の木々が見えます。

Micnicのメニューは?

 
Micnicはランチタイムがあり、ランチメニューがあります。

ランチタイムは14:30まで

一皿プレートなどのランチメニューがあり、昼食を楽しめます。(1200円)

ランチメニューは定期的に変わります。
 

今回、訪れたのはカフェタイムでしたので、コーヒーとケーキを注文

コーヒーとケーキ

コーヒーとケーキのセットで850円

ドリンクはコーヒー以外にも種類があります。
 
ケーキー以外に、ワッフルなどもあります。
 (ワッフル:700円)

セットの方がお得です。

Micnicの特徴は?

Micnicへ訪れて感じた、Micnicの特徴を3つにまとめました。

  • 景色を楽しめる
  • 自家製スイーツが食べれる
  • 落ち着いた店内

 
景色を楽しめる
 

外の景色

裏が森になっていて、ガラス越しに木々を眺めることができます。

窓側はガラスなので解放感のある店内。

夏には、ホタルも見れるそうです。
 

天気のいい日には外に出るのもいいかもしれません。海は見えませんが、グリーンに癒されます。

 
自家製スイーツが食べれる

自家製スイーツ

ランチメニューのワンプレートは1200円と安めの設定です。
 
ランチメニュー以外にも、いろいろメニューがあり、カフェタイムならケーキやドリンクがいいです。

自家製のスイーツメニューがオススメ。

ドリンクは、「三国ラテ」を注文するお客さんが多かったです。

 
落ち着いた店内

店内

Micnicは、おしゃれなカフェです。

窓からは森が見えて、落ち着いた感じのお店。
 
自然の中にあるカフェなので、一人で行くのもいいです。訪れた時は、店内のお客さんが少なくてくつろげました。穴場カフェです。
 
雑誌なども置いてあり、店内はWi-Fiもあります。

Micnicへ訪れた感想

Micnic

Micnicは、三国の海沿いではなく、少し入った所にあります。そのため、ひっそりしていて隠れ家的なカフェです。

訪れた時は、2~3人のお客さんがいたぐらいです。観光シーズンの土日は混むかもしれませんが、空いていればゆっくりできます。

Micnicは、東尋坊の観光の際にも立ち寄れる三国町のおしゃれカフェでした。

Micnicのアクセス

Micnic
住所 福井県坂井市三国町安島13−62−7
営業時間 10時00分~18時00分
定休日 木曜日、第2・第4金曜日

東尋坊から徒歩15分ほど
(駐車場あり)
 
三国町の観光スポットはこちら

夕日

福井県の三国町ってどんな場所?観光名所は?アイス、三国バーガー?

2018.05.22
 
福井県のカフェはこちら
福井カフェしらべ

福井県の個性的で特徴のあるおしゃれカフェをまとめました!

2018.11.13
 

いかがでしたか?
今回は、三国町のカフェ「Micnic」をしらべてみました。
もし、機会がありましたら訪れてみてください。

スポンサード リンク