みくに龍翔館はどんな所なの?三国町の観光スポットを紹介。

みくに龍翔館

「みくに龍翔館」を知っていますか?
 
三国町の高台の方にある特徴的な建物の「みくに龍翔館」
 
「みくに龍翔館には、何があるのか?」
 
今回は、みくに龍翔館を調べましたので、お出かけの参考にしてください。

みくに龍翔館はどんな所なの?

みくに龍翔館の外観

みくに龍翔館は、ちょっと変わったデザインをしています。山の上にあり目を引く建物。
 
インパクトのあるデザインを持つ「みくに龍翔館」は、三国町にある坂井市立の総合博物館。
 
洋風建物で、薄い緑色と丸みを帯びた屋根が特徴的です。

丸みを帯びた屋根

このような変わったデザインをしている理由は、五層八角を持った龍翔小学校を再現して作られているからです。
 
オランダ人のG.A.エッセルが1879年に設計した龍翔小学校を再現しています。
 
G.A.エッセルは、三国港突堤 通称「エッセル堤」の工事に着手したことで有名。
 
みくに龍翔館の館内では、G.A.エッセルについても詳しく取り上げ、説明しています。
 
他にも、みくに龍翔館には、三国の歴史についての展示がされ、北前船や三国祭りの山車などの展示もあり、三国のことが知れる博物館です。

みくに龍翔館の魅力は何?

 
みくに龍翔館の魅力

  • 建物のデザイン
  • 眺めを楽しめる
  • 館内の展示物

 
みくに龍翔館へ訪れて感じた「みくに龍翔館」の3つの魅力を紹介します。
 

【建物のデザイン】

まず、目に飛び込んでくる個性的な外観・建物は魅力の一つです。

ユニークな八角形のデザイン。

このような変わったデザインの建物が、小学校だったというのは驚きです。
 

【眺めを楽しめる】

最上階からは、三国町の街並が一望できます。

三国町の眺め

最上階の外に出ることができるため、海や坂井平野を見ることが出来ます。

天気がいい日は、白山も見ることができ、景色がいいのは、みくに龍翔館の特徴の一つ。眺めを楽しめます。
 

【館内の展示物】

館内の豊富な展示物も特徴です。
 
館内には、北前船や大きな山車があります。

北前船

ベザイ船模型(三国丸)もあります。

大型の木造帆船で商品を売り買いしながら往来していた北前船。

重要な役割を果たした北前船は、港町の三国には欠かせない存在です。
 

山車

山車

吹き抜けの天井が高い部屋には、大きな山車が展示されています。

かなりの高さがあり、見上げないといけないですし、カメラに収まらないぐらい大きい山車(高さ11m)です。
 
三国祭りの歴史も書かれており、映像などで見ることもできます。
 

館内の撮影は、基本的に禁止ですが、北前船、山車などは撮影が可能です。

撮影可能

みくに龍翔館は、歴史や自然など三国のことを知れて、景色も楽しめる場所です。文学の展示もあり、非常に幅が広く、展示物は充実しています。
 
みくに龍翔館は、入館料が必要ですが、これだけの展示物なら安めだと思います。

みくに龍翔館は、入館料300円が必要です。
JAFの会員割引がありますので、会員の方は、会員証などをお忘れなくお持ちください。

みくに龍翔館を訪れた感想

三国のシンボル的な存在のみくに龍翔館。
 
三国周辺を走行していると山の方に建物が見えます。いつも気になっていたので、今回、初めて「みくに龍翔館」へ行ってみました。
 

みくに龍翔館へ訪れて一番良かったことは、最上階から外に出れて、海や三国町が眺めが見れたことです。

外に出て、景色を眺めれるとは思ってなかったので驚きました。
 
高台にあるので見晴らしがよく、最上階を1周することができて、建物の個性的な作りを改めて確認することが出来ました。

最上階からの眺め

三国サンセットビーチ方面の海も眺めることが出来て、リフレッシュできる場所です。
 
また、上部にはステンドグラスも取り入れられ、光を楽しむことが出来ます。

みくに龍翔館は、人は少なめで、落ち着いてゆっくり見学できるローカル博物館。

ゆっくり展示物を見たい方にオススメです。

 
みくに龍翔館の非日常度  

みくに龍翔館のアクセス

みくに龍翔館の地図

みくに龍翔館
住所 福井県坂井市三国町緑ケ丘4丁目2-1
入館料 300円
営業時間 9時00分~17時00分
休館日 火曜日

駐車場があります。

徒歩で行く場合は、坂道(龍翔坂)を登る必要があります。
えちぜん鉄道 三国駅から徒歩約10分ほど

 
三国の観光スポットなどはこちら

夕日

福井県の三国町ってどんな場所?観光名所は?アイス、三国バーガー?

2018.05.22
長の文字

三国名物の酒まんじゅう!どこでお店で購入できるの?

2019.05.05

いかがでしたか?
今回は、「みくに龍翔館」をしらべしました。
機会がありましましたら訪れてみてください。

スポンサード リンク