福井県の今庄にあった大桐駅跡!廃線めぐりに

大桐駅

【福井しらべ】

なんか最近、廃線めぐりが流行っているらしい。

そういえば、福井県の今庄にも廃線らしきものがあったな~。
 

大桐駅(おおぎりえき)

「大桐駅」を知っていますか?
 

もしかしたら、
「福井県に大桐駅なんてあったっけ~?」
って思う方が多いかもしれませんね。

逆に、
あぁ、大桐駅か~って思った方は、鉄道マニアかもしれません。

大桐駅は、福井県今庄町にある駅です。

正しくは、ありましたと言うべきなのかな。

 
今回は、今庄町の大桐駅をしらべてみました。

さて、どのような所なのでしょう?
 

大桐駅はどんな所?

大桐駅(おおぎりえき)は、福井県南条郡今庄町(現南越前町)新道に存在した国鉄時代の北陸本線旧線の駅。

現在は、看板に書かれているように「大桐駅跡」となっています。

大桐駅

大桐駅は、今庄から南今庄方面に向かい、大桐の集落を過ぎると、突如、道路脇に出現します。

裏は山で、手前が道路に面しています。

道路を走っていると、
一瞬、何だこれは?と思いますが、
「大桐駅跡」と書かれているので、駅だったと理解出来ます。

形も、プラットホームがあるので駅っぽい感じがします。

そして、極めつけは、ホームの上にある蒸気機関車の車輪。

車輪があるのは蒸気機関車の走っていた証。

蒸気機関車の車輪

駅のホームの上には、デカイ車輪が立てかけられています。

車輪の横には、機関車の線路を切り替える装置もあります。

大桐駅周辺には、昔、スイッチバックの信号があったそうです。

スイッチバックは、急な坂を登る際に、進行方向を転換してジグザグ上りをすることをいいます。

今庄から、敦賀につながる山を越えるために、ここでスイッチバックが行われていました。

大桐駅は、元々が蒸気機関車の通行区間でした。

大桐駅の看板

大桐駅をD51蒸気機関車が走っていたなんて、ロマンがありますね~。

杉津 – 今庄間の勾配区間にさしかかるこの地点に、スイッチバック式の大桐信号場があったそうです。

そして、大桐駅もこの場所にありました。

大桐駅の経歴

蒸気機関車が走っていた大桐駅は、昭和37年6月に新線が誕生して廃止。

大桐駅近くに信号ができたのは、明治41年の3月なので、大桐駅は50年以上使用されていました。

今庄にある大桐駅は、明治時代からある、めちゃくちゃ歴史のある場所でした。
 

現在も駅の一部が、昔のまま残っていて、当時のルートをたどる周遊ルートになっています。

大桐駅は、当時の面影があり、廃路になったあとは、一部が道路になっています。

大桐駅の横の道路を先へと進んでいくと、
お化けトンネルと言われるトンネル区間につながっていきます。

時間がある方は、お化けトンネルへ訪れてみるのもいですが、道が狭いので十分注意してください。

福井県のお化けトンネル(旧北陸線トンネル群)を通ってみた。

2019.06.04
 

大桐駅を訪れた感想

今庄から、JR南今庄駅を越えて大きめの道を山の方に進んでいくと、大桐駅があります。

その道は、山中トンネルの方へとつながり、敦賀の杉津の方へ抜けます。
 

大桐駅の周りには何もなく、田んぼがあるぐらいで、のどかな場所です。

車の通りもほとんどなく、ひっそりと残っている駅跡。
 

明治から昭和前半は、ここを蒸気機関車が走って、大阪や東京に向かっていた。

多分、東京まで2日ぐらいかかった時代なんだろう。
 

もしかしたら、じいちゃん、ばあちゃんも大桐駅を蒸気機関車で通っていたかもしれないな~

タイムスリップして、昔のことを回想にひたれる場所でした。
 

大桐駅の場所は、今庄町の山の方なのでアクセスはいいとは言えません。

車が行くのいいですが、JRの南今庄駅にも近いため、南今庄駅からの徒歩で行くのも可能です。

南今庄

廃線めぐりや鉄道が好きな方にオススメの場所です。

<大桐駅>
非日常度  

大桐駅へのアクセス

 

大桐駅

住所: 福井県南条郡今庄町新道

<交通アクセス>

車の場合:北陸自動車道の今庄ICから約15分 
電車の場合:JR南今庄駅から徒歩1.5キロほど

 

 
大桐駅のマップ

<まとめ>

今回は、
今庄町にある「大桐駅」へ行ってみました。

今庄の山のほうにある廃駅、

大桐駅趾へ訪れるまで、この駅の存在を知りませんでした。

「福井県にそんな駅あったっけ~?」って思わず呟いてしまいました。

福井にこんな駅が存在していたのですね。

今もこのようなキレイな状態で、管理されている貴重な駅跡。

機会がありましたら大桐駅を見てみてくださいね^^
 

鉄道が好きな方は、より楽しめると思います。
 
今庄町の観光名所はこちら

南越前町の今庄宿には何がある?観光のポイント建物はここ!

2018.07.04
 
いかがでしたか?
今回は、「大桐駅」をしらべしました。
機会がありましましたら、足を運んでみてください。

スポンサード リンク