福井県越前市の「いわさきちひろの生まれた家」どこにあるの?

いわさきちひろの生まれた家

「いわさきちひろの生まれた家を知っていますか?」

いわさきちひろさんは、長野県のイメージがありますが、生まれは福井県武生市(越前市)です。

今回は、越前市の「いわさきちひろの生まれた家」へ行ってみました。

「ちひろの生まれた家」記念館はどんなところ?

「ちひろの生まれた家」記念館は、いわさきちひろさんの生家です。
 
日本を代表する絵本作家のいわさきちひろさん。

タッチがやわらかくて、独特の雰囲気を感じれる作品で、印象に残る作品が多く、ファンも多いです。

そのいわさきちひろさんの生家は福井県にあります。

ちひろの生まれた家

「ちひろの生まれた家」記念館の場所は、福井県越前市。

越前市は旧武生市(たけふ)です。

越前市(旧武生)は歴史の古い町で、奈良時代には越前国の国府があり、戦国時代には前田利家が居城を築いています。
 
「ちひろの生まれた家」は、JR武生駅から徒歩10分程の街中の細い路地にあります。

周辺には、昔ながらの建物も多いので、散策してみるのもいいかもしれません。

「ちひろの生まれた家」記念館

ちひろが生まれたのは、現在の越前市のJR武生駅の近く。

武生の中心地の近くにあるのが、「ちひろの生まれた家」記念館

ちひろ記念館

ちひろの生まれた家は、大正時代の町家を改修(2階建ての建物です)

「ちひろの生まれた家」記念館には、ちひろの絵や生まれた家を再現した展示があります。

※館内撮影禁止です。

記念館の入館料は200円

ちひろの母は長野県出身。

母は、教師として武生の高等女学校に赴任していました。

その後、お産のために、この家の離れを借りることになったのが、現在の記念館の場所。
 
ちひろは、1918年12月15日にこの地で産声を上げました。

 
今も当時の暮らしの面影を残した場所で、ちひろの生まれた家(記念館)として公開しています。

パンフレット

記念館には、当時の家屋の見取図や当時の板壁が残っています。

ちひろの東京の自宅アトリエも再現。

また、再現された居間や古井戸などもあり、企画展示室にはちひろ美術館と連携した企画展が開催されることもあります。
 
いわさきちひろが好きな方や越前市観光の際に立ち寄ってみるといいです。

この地域は、地震の影響などもあまりうけていないので、歴史を感じれる街並みが残っていますので、散策してみるのも楽しいかもしれません。
越前市三大グルメ

【越前市の歩き方】武生の観光名所7選+グルメ2選

2018.06.14

「ちひろの生まれた家」記念館のアクセス

ちひろの生まれた家
住所 越前市天王町4−14
開館時間 10時00分~16時00分
休館日 火曜日
入館料 200円(中学生以下は無料)

道路に案内看板も出ていますので、看板を目印にすると良いです。
 
館内は2階建てで、当時の再現コーナーなどがあります。

駐車場

駐車場は普通車3台。

空いていない場合は、駅周辺の駐車場を利用するのがいいです。

武生駅東駐車場

JR武生駅周辺の駐車場しらべ!お得で安いのはどこ?

2018.07.30

いかがでしたか?
今回は、「いわさきちひろの生まれた家」をしらべてみました。
もし、機会があったら訪れてみてください。

スポンサード リンク