越前市の花屋さん「レンテン」隈研吾デザインの変わった建物のお店!

レンテン

<福井しらべ>

越前市の花屋さん レンテン

 
花屋さん レンテンを知ってますか?
 

天気のいい日の昼下がり、
越前市内の街中をクルマを走らせていました。

普段は、あまり通らない細い道を走っていると、
道路脇に、変わった建物を発見!!

越前市の変わった建物
 
な、なんだ、アレは!?
 

気になったので、
Uターンして戻って立ち寄ってみました。
 

す、すみませ~ん。
ここは何のお店ですか?

 
一瞬、カフェかと思ったのですが、
ここは「花屋さん」でした。
 

LANTEN (レンテン)というお花屋さんです。

レンテン

住宅地の中に、
このような木の箱のようなお店が出現!

(2018年9月にオープンしています。)
 

すごく気になったので、
中にお邪魔してみました。
 

店員さんに話を聞いてみましたが、
実は、花屋レンテンってスゴイお店なんです。
 
今回は、
「お花屋さん レンテン」をしらべてみましたので、
何かの参考になればと思います。
 

<レンテンのアクセス>

まずは、
レンテンの地図から

LANTEN (レンテン)

住所:福井県越前市小松2-3-3
  
開館時間
9:30~18:30

定休日:木曜日
 
営業時間の変更、
臨時休業がある場合があるので注意してください。
 

武生駅から徒歩約20分

駐車場あり

 

レンテンの外観

まず、
特徴的な外観が目立つ建物です。

レンテンの外観

木の箱のようなお店です。
 

ちなみに隈研吾デザインです。

隈研吾は、建築業界では超有名。
2020年の東京オリンピックの新国立競技場の設計も行っています。

隈研吾氏とスノーピークのコラボレーション
 
こちらの建物は、タイヤがついていて、
トレーラーハウスなので、移動ができるんです!

下をみたら、
ちゃんとタイヤがついていました。
 

お店の形態で使うのは、レンテンが北陸初。
花屋さんは全国初のようですよ。
 

レンテンの店内

入口のおしゃれな看板

後方の階段から、
中に入ってみました。

販売スペースは、
約5メートルほどですが、
たくさんの花が並んでいます。

店内の花

きれいなバラもありました。

バラの花

観葉植物もあります。

観葉植物

見ていると欲しくなっちゃいます。

店内の観賞植物

緑の植物を部屋に置いたら、
リラックスできそうな感じです。

このようなドライフラワーもありました。

ドライフラワー

ドライフラワーは人気が高いようです。

壁にかかっていると、
おしゃれな感じになり、お手入れも楽ちん。
 

というわけで、
ドライフラワーを購入してみました。
 
組み合わせも提案してもらえますし、
自分の好きな組み合わせもアリです。

購入したのはこちらです。

購入したドライフラワー

写真では分かりにくいですが、
微妙な色の変化を楽しめるドライフラワーです。
 

お花や観葉植物に関しても、
いろいろなアドバイスをもらえます。

元気のなくなった観葉植物なども、
見てもらえるようです。

お花のお医者さんのような存在です。

 
お店での支払は、現金以外に、
クレジットカードや電子マネーにも対応してます。

レジの支払い

花以外にも、
小さな花瓶や雑貨などもありましたよ。

 

<まとめ>

今回は越前市にある、
「越前市の花屋さん LANTEN」へ行ってみました。

 
道沿いにあり、
存在感のある建物のお花屋さん。

大通りでなく、
街中の狭い通りにありますが、
前を通ると、建物で気づくと思います。
 

現在は、動かす予定はないようですが、
その気になれば移動販売ができてしまうユニークなお店です。
 

お店の中は、
コンパクトで、サイズは小さめですが、
こだわりの花が所狭しと並べられています。

店内の花

少し変わった建物で、入りにくいと思うかもしれませんが、
とても親切に対応してもらえますので、機会がありましたら、
中をのぞいてみてはいかがでしょうか?
 

越前市の観光はこちら

越前市の歩き方!福井県武生の観光名所・食べ物を調べてみた。

2018.06.14

越前市のだるまちゃん広場って何?公園の遊具などを紹介。

2018.04.10

 
いかがでしたか?
今回は「越前市の花屋さん レンテン LANTEN 」をしらべてみました。
お出かけの参考になればと思います。

スポンサード リンク

レンテン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です