鯖江市のまなべの館はどんな場所?ハートの木のデザインは誰?

まなべの館

<福井しらべ>

鯖江市のまなべの館

 
まなべの館を知っていますか?
 

まなべの館は、
鯖江の西山公園の近くにあるミュージアム。

 
郷土の歴史や芸術文化を学べる
博物館です。
 

鯖江藩主の間部(まなべ)と、
学び(学べ)という意味で「まなべの館」になっています。
 

鯖江の歴史、芸術文化について
学ぶことができる場所です。

まなべの館は、鯖江のことを、
もっと知りたい方にオススメの場所です。
 
まなべの館

まなべの館

まなべの館のアクセス

鯖江市まなべの館

住所:鯖江市長泉寺町1丁目9番20号
開館時間:9時00分から17時00分(入館は16時30分まで)
休館日:月曜・祝日・年末年始 
 ※催事の内容等により変更がある場合があります 。

駐車場あり(無料)

観覧料
個人:大人100円 
小人(小・中学生)50円

 
まなべの館の地図

西山公園の近くです。
徒歩5分ほどです。

 
1階には展示ホール、
2階には『まなべの部屋』、『近松の部屋』、『考古学の部屋』、
3階には『久里洋二の部屋』、『西山真一の部屋』
 

鯖江藩主間部(まなべ)公や
江戸時代の武士の暮らしなどを紹介していて、
鯖江の昔の出来事を学習できます。
 

鯖江で生まれた、
近松門左衛門の生い立ちから業績を、
展示物や映像で学ぶことが出来ます。
 

考古学の部屋では、
市内遺跡からの出土品や貴重な考古資料を展示しています。
 

西山真一さんは、洋画家、日本芸術院会員。

 

<久里洋二>

久里洋二さんは、
鯖江市出身のアニメーション作家

90歳の現役ア-ティストです。
 (2018年7月現在)

過去に、このような絵本も書いています。


まなべの館のハートの木をデザインしています。

まなべの館のハートの木

道路沿いのまなべの館の看板の所にある、
特徴のあるモニュメントです。

このような案内板が設置されています。

ハートの木 久里洋二

案内板には、2014.9.27
日付の記載もありました。

久里洋二さん最近の作品では、
デザインのフレ-ム切手が発売されています。

 

<そのほかの施設・展示など>

 
まなべの館の入り口には、
銅像がありました。

矢代操

矢代操(やしろみさお)
江戸時代〜明治時代

明治法律学校の設立者です。

 

まなべの館の隣にあるのは、
鯖江市民活動交流センター(さばえNPOセンター)です。

鯖江市民活動交流センター(さばえNPOセンター)

さばえNPOセンターは、
NPO・ボランティア等の市民活動を推進するための施設です。
 

<まとめ>

今回は、
鯖江市まなべの館を調べてみました。
 

ここでは、鯖江の過去や、
歴史の授業でも出てくる「近松門左衛門」を
学ぶことができます。

まなべの館では、
2018年8月5日から9月9日には、
【企画展】コシノヒロコ展 COLORS-アートとファッションの世界-が行われます。

機会があれば訪れてみてください。

 

近くの観光スポット
西山公園、道の駅があります。

西山公園の道の駅がオープン!エレベーターから公園にアクセス可能。

2014.04.05

その他の鯖江の記事はこちら

鯖江市神明駅近くの旧瓜生家住宅って何?かやぶき屋根の家を発見!

2018.06.22

JR鯖江駅からサンドーム福井ヘの行き方や注意点!コンサート時の周辺情報。

2018.07.12

いかがでしたか?
今回は、「鯖江市のまなべの館」をしらべしました。
鯖江の歴史を学んでみてはいかがでしょうか?

スポンサード リンク

まなべの館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です