越前市の山!鬼ヶ嶽(鬼ヶ岳)の登り方や時間は?

<福井しらべ>

越前市の大虫方面にある鬼ヶ岳。

鬼のような山に、カメラ片手に登ってみた。

鬼ヶ嶽(鬼ヶ岳)ってどんな山なの?

鬼ヶ嶽は、
福井県越前市の標高533メートルの山。

<鬼ヶ嶽の名前の由来>

<鬼ヶ嶽>
昔、山腹に白い鬼女が住みついて、
村人を襲っていたのを村の若者たちが退治し、
鬼ヶ嶽と呼ばれるようになったといわれています。

鬼ヶ嶽は、鬼のような登りが続くから、その名前がついたわけではありません・・・

でも、急な登りが続きます。

(その急な登りは鬼です)

 

<鬼ヶ嶽(鬼ヶ岳)の登り方>

登山口は、村田製作所の横を通る190号線を
安養寺の方へ向かいます。

190号線の道路沿いには、
このような登山口と書かれた看板があります。

<鬼ヶ嶽登山口>

目印は、画像の後方にあるカントリーエレベーターの建物です。
 

<駐車場>
駐車場は、カントリーエレベーター裏にあります。
平日ですが、車は8台ほどありました。

鬼ヶ嶽の登山道入り口

<正面登山口>

しっかりした扉がついています。

正面入り口の看板には、
・頂上まで1時間15分
・頂上へ1500m と書かれています。

登山口は正面登山口以外に、
駐車場の脇からの登り口もあります。

<駐車場の登山口>

駐車場からはこちらが近いです。

進んでいくとこのような看板があります。

<鬼ヶ嶽登山口>

ここで、「正面登山口コース」、「駐車場の登山口コース」が合流します。

<クマ出没注意>
大虫地区はクマの目撃も多いので注意してください。

ブナや杉の木の中を登って行きます。

ところどころ、木の根っこが出ている所もありますが、
登山道は、整備されています。

展望台へ行くには、
小鬼展望台 ⇒ 第2ベンチ ⇒ 大鬼展望台 ⇒ 白鬼展望台 ⇒ 山頂 という流れです。
 

<登山動画はこちら>
登山道入り口 ⇒ 小鬼展望台


※登山者とすれ違った部分のみカットしました。
 

<小鬼展望台>

ベンチがあり休憩できます。(ベンチ 3つ)

ここから越前市が見えます。
越前市の眺めを楽しんでください。

次の第二ベンチまでは、約200m
約6分です。
 

<登山動画はこちら>
小鬼展望台 ⇒ 第二ベンチ


 

<第二ベンチ>

第二ベンチは屋根があります。

日野山も見えて、眺めもよいです。

第二ベンチから次の大鬼展望台までは、
約200m 8分となっています。
 

<登山動画はこちら>
第二ベンチ ⇒ 大鬼展望台

<大鬼展望台>

大鬼展望台の由来

大鬼展望台から次の白鬼展望台までは、
約200m 10分となっています。
 

<登山動画はこちら>
大鬼展望台 ⇒ 白鬼展望台

<白鬼展望台>

白鬼展望台の由来

白鬼展望台からの眺め

白鬼から頂上までは、
約350m 15分となっています。

ここからの登りが最後の踏ん張りどころです。


 

<登山動画はこちら>
白鬼展望台 ⇒ 山頂


 

<鬼ヶ岳の頂上>

標高:533m

大虫神宮 社跡

展望台

展望台から眺め

山頂の小屋

頂上からは、
奥鬼ルートを通って駐車場に戻るルートもあります。
 

<かかった時間など>
駐車場に戻ってくるまで。
時刻 9:00~10:20

時間:1時間20分
(今回、山頂まで40分でした。ペースは動画で確認してください)

歩いた距離:約5km

歩数:約7000歩

すれ違った人:15人
 

<注意点>

・急な登りが続くので十分注意してください。
・雨の日のあとは滑りやすいです。
・時間帯にもよりますが、斜面は直射日光が当たり暑いです。
・落石に注意してください。斜面が急なので石が転がりやすいです。
・クマはいますので、注意してください。クマの話はこちら⇒クマと遭遇
・水、行動食などはあったほうがいいです。
・携帯はつながります。
・意外と登山者は多いので、必要に応じて道を譲ったり、斜面でのすれ違いは気をつけてください。
・トイレはありません。(大虫の滝にありますが車で2分ほどかかります)
・遅い時間に山に入るのは避けた方が良いです。

P.S
鬼にさらわれないように注意してください 笑
 

急な登りが続きますが、
ボチボチ休みながら登山を楽しんでください。
 

「鬼ヶ嶽火祭り」
毎年8月15日夕方に松明をかかげた行列が
大虫神社を出発し鬼ヶ嶽を登る神事があります。
 

<鬼ヶ嶽を登った感想>

今回、鬼ヶ嶽へは一人で、
カメラ片手に登りました。
 

結構、急な登りで所々、
大きな岩もありました。

直線的に登るので、
距離は短めですが、急な登りが多いです。

 
平日でしたが、
登っている人は多かったです。

 
今回、驚きだったのは、
小学校の時の先生に偶然会ったことです。

 
登っている途中で、何となく見たことがある方で、
声をかけたら、小学校の時に習った先生でした。
 

山を登っていると、
時々、驚くような出会いもありますね。

これも山登りの魅力の一つかも知れません。

ただ、熊とは出来れば出会いたくないです。

 
<鬼ヶ嶽>
非日常度

 

いかがでしたか?
今回は「鬼ヶ嶽 鬼ヶ嶽登山」をしてみました。
たまには山登りをするのも楽しいと思いますよ。

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です