【こしょうずの湧水と滝】国道476号線の山奥にある福井の美味しい水

こしょうずの水

「こしょうずの湧水を知っていますか?」

こしょうずの湧水は、福井のおいしい水に選ばれている名水です。
 
今回は、「こしょうずの湧水がどんな所なのか?」調べてきました。

こしょうずの湧水

こしょうずの水の全体

まず、こしょうずの湧水があるのは福井市。

福井市はとても大きく、こしょうずの湧水は、市内からかなり離れたところにあります。

こしょうずの湧水は、福井市南野津又町にあり、福井駅から車で1時間ほどかかる場所。

こしょうずの湧水へ行くには、池田と福井を結ぶ県道2号線から国道476号線へと進みます。

(国道476号線は、大野市から敦賀市を結ぶ道路です)

曲がるところの看板

国道476号線は、大型車通行不能と書かれています。

後半は非常に道が狭くなるので、大型車は通行できません。

この分岐からこしょうずの湧水までは、15分ほどかかります。

伊自良温泉の分岐を直進し、最後の町内を抜けると、山道へと入っていきます。

路面は舗装されていますが、道は狭いので運転は十分注意してください。
こしょうずの湧水への道

山道を進むと、道路脇に水場があります。

手前に小さめの広場があるので、車を止めることができます。

車を止めれる場所

広場の脇には、こしょうずの滝と書かれた案内板が立っています。

歩いてすぐのところに「こしょうずの湧水」があります。

こしょうずの水の味

こしょうずの水は、ふくいのおいしい水に選ばれています。

ふくいおいしい水の看板

ふくいおいしい水の認定看板があります。

ふくいおいしい水は、一定の水質基準を満たした水です。

湧水から引かれた竹筒を水が音を立てて流れています。

柄杓もあるので水を汲むことができます。

こしょうずの水を飲む

水量があり、そのままペットボトルに水を汲むことも可能。

こしょうずの湧水は、きれいな水が流れ続けています。

山の中で緑がたくさんの環境で、ミネラルがたっぷりの印象。冷たくてくせのないおいしい水です。

こしょうずの滝

こしょうずの滝

こしょうずの湧水の少し下には「こしょうずの滝」があります。

下に降りる道があるので、その道を下っていくと滝に行けます。

下りの山道

50mほど道を下ると、目の前に滝が見えてきます。

この滝がこしょうずの滝です。

こしょうずの滝

大きい方の落差は3mほどで、いくつかの段になっています。

マイナスイオンたっぷりで涼しく、とてもきれいな水が流れていますので、夏場がオススメです!

こしょうずの湧水の感想

こしょうずの湧水

こしょうずの湧水は山の中にあります。

本当にこの先に水場があるのかと不安になるかもしれません。

こしょうずの湧水へ行くまでの道路には、看板などがないため、初めて行く方は「この道は大丈夫か?」と思うかも。

この道をさらに進むと大野の上丁へ抜けますが、道が非常に細くてすれ違えない所も多いので注意が必要です。

この道は冬季間は通行止めなります。

また、2020年7月1日から9月30日までは工事のため、大野へは抜けることができません。

工事のため通行止め

工事中期間でしたが、こじょうずの水までは行けました。
 
こしょうずの湧水があるのは、福井市ですが市街地からはかなり離れています。

こしょうずの水へ来たら、「ここも福井市なんだ!」と驚くかもしれません。

自然が豊かな所なので、機会がありましたら、訪れてみてください。

 
こしょうずの湧水の動画はこちら

こしょうずの湧水のアクセス

こしょうずの湧水
住所 福井県福井市南野津又町

 
福井のおいしい水の記事はこちら

福井のおいしい水

【福井のおいしい水6選】人気&オススメの水場のまとめ

2020.03.29

今回は、「こしょうずの水」へ行ってみました。
おいしい水を探している方は、訪れてみるといいかもしれません。

スポンサード リンク